Heart Earth

 保存,転載ご自由に♪掲示板に当ブログURLは貼らないで


K9 千駄ヶ谷 きょう子トーク 2012年8月22日

千駄ヶ谷きょう子トーク
*480×308


■千駄ヶ谷トークライブ 要旨
東京都渋谷区千駄ヶ谷 サンクチュアリ出版1Fイベントホール
2012.08.22

・成功を目指す皆さんがお集まり頂いて、幸福の科学もそういう成功や富を掲げていましたが、私は(きょう子)あまり良い宗教だとは思っていません。

・私はキリスト教を学びながら富というものを研究し、考えている途中です。

・富はこの世においてパワーそのもの、権力そのものだなと思います。

・良いひとが富を持てば良いが、そうじゃないひとが富を持つと大変なことに

・急激にできた富はどこかに収奪の要素が入り、収奪によらずしては急激な発展は不可能だなと思いました。

・来世のことを考えると、やっぱり富は還元していかなければ大きなカルマになります。

・私は「みちのく衛生会」を私の資産で運営し、富を還元しています。

・もちろん元は幸福の科学の信者さんから頂いたものですが、信者さんも東日本大震災のために何かしたいと思ってると思いますので、皆さまの願いどうりに使わないといけないかなと

・私の個人の資産だけでは足りないので 皆さま「みちのく衛生会」への寄付をお願いします


*情報元
・臼井正己公式ホームページ「Masami Web」
 第一回 臼井正己トークライブ(当該記事は削除)
http://usuimasami.jimdo.com/

映画【動画】千駄ヶ谷きょう子トーク
http://www.youtube.com/watch?v=YzgW9-1lUBc
(リンクアウト)


◆完全版
臼井さんは人生を狂わされたきっかけが幸福の科学だったらしいということで私もだいぶ責任を感じておりまして、今日はちょっと、あの今度、彼は今どんなこと考えているのかなということを知りたくて来たんですけれども、私自身はいろいろ考えていることがあるんですよ。

特に幸福の科学っていうのは宗教の中でも富というものを肯定しているんですよね。肯定的なの、普通の宗教っていうのは富を否定するんですよね。富というのは悪いものだと言うんですけども、大川隆法はやっぱり富というのは価値中立だと、良い物に使えばそれでよいという価値中立、富とかお金というのは価値中立で良く使えばいいもので、悪く使えば悪くなるけども、富自体が悪という考え方は間違っているということをハッキリ言ったんですね。

ですから富を求めて成功したいという方々が集まってきて、おそらくキリスト教に入るような信者の方々も集まって来たんだろうと思うんですね。

そういう意味で新しい宗教だった、だけども今はそんなに私は良い宗教であるとは思ってません。ただ臼井さんの本を読んで私思ったんですけども、あなたもやっぱり非常に成功とか富とかいうものを非常に求めているわけですよね。

ですから、えーとまあそれについて私が考えているのは、あの、非常に彼の打ち出した富という概念について、自分は今キリスト教を学びながら、非常に、本当にどうなのかなと考え直しているわけです。

一つはやっぱり、自分として考えなきゃいけないところは、現代において富というのは大きな影響力を持っているし、富はやっぱりパワーそのものなんですよ。

権力そのものであるので、良い人が権力をもてば良い事ができる、でも悪い人が権力を持っちゃったら凄く不幸な世界ができる。

富というのは非常に価値はあるけれども、やっぱり難しいものだと思っているし、一番の問題は急激に出来た富というのは、必ず収奪が入っているんですよね。

あの、過去そうなんですけども、戦争して他所の国をとって、そこからガバっと持ってくればいっきに富というのはガバっと出来るんですよ。

急激な富の蓄積があった場合に、そこに収奪がないということはやっぱり現代の中でも不可能なんだなと今 感じているんですね。どういう風な集め方をしても収奪というのは入る、その収奪した部分について何らかの還元がないと、やっぱり人間の来世というものを考えた時に大きなカルマにできるんだなぁと今は考えています。

今は私の富の考えを話させていただいて、あの、まだちょっと研究、考えの途中なのでその通過過程ということで話させていただきました。

今は私は陸前高田でみちのく衛生の会というものをやってます。私の資産でそれを還元する形でやっているわけですけども、やはり私はあの、今、資産として個人的な資産としていただいているものはあるんですけれども、やはり元は幸福の科学の信者の皆さんからいただいたものなので、やはり託された善意は願いの通り使わなければいけないという、そういう考えは持っています。

もし幸福の科学の信者の方がいたなら、やはり東日本大震災の支援のためになんかしたいと思ってると思うんですね。その気持ちを代表して私は自分で行きましたし、捧げているお金は教団から見たらほんの一部、わずかな一部のお金ですけれども、私に出来るかぎりやらさせていただいております。

これから長く続けるにあたっては、私の個人資産だけではちょっと大変なところもあるので、これから寄付集め等やっていきたいと思いますので皆さんご協力よろしくおねがいいたします。

*資料元 テキスト化 Thanks
・笑顔が一番さんブログ
https://ameblo.jp/egao-ga-1ban-smile/entry-11335580204.html

  
関連記事
スポンサーサイト

<< 日本書紀 八紘一宇  TopPage  仏陀再誕も方便だった >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://sakurakaory.blog.fc2.com/tb.php/165-bc227b93




Copyright ©Heart Earth. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad