Heart Earth

 転載フリー♪リンクフリー♪


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 日本書紀 八紘一宇  TopPage  【文春記事は事実】きょう子氏も愛人証言 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://sakurakaory.blog.fc2.com/tb.php/162-5ac5202b


仏陀再誕も方便だった

*幸福信者さんへの手紙*-ファイル0033.jpg
 幸福の科学では『黄金の法』はエルカンターレの法であるとされてきましたが「高橋信次が入って言った」ということは法シリーズそのものの権威が極めてあやしいものであることを、大川・舎利弗に証言させてしまったのです。
 弟子の信用性を崩したら、自分の信用性まで崩してしまったわけです。「大川隆法は過去二十年間、会員を騙し続けてきました。法シリーズの中でも誤りを教え続けてきました」と告白しているわけです。

 釈迦の本体意識の生まれ変わりで、釈尊を超える力をもつはずの大川隆法氏が、高橋信次という6次元の悟りを得た仙人と比較して、自信がない程度の霊能力しかなく、霊的判断を高橋信次に依存していたとしたら、これは本当に釈迦の生まれ変わりといえるのか、仏陀の悟りを開いたといえるのか

 お釈迦様にとっては、ご自身の悟りと法と人格的な感化力だけで十分だったのです。ところが釈迦の本体意識を名乗る大川隆法氏はそれだけでは不十分で「方便として」偽の過去世を認定しまくりました。これは大川隆法氏は釈尊の生まれ変わりだという過去世認定自体が、教団運営上の方便であることを、うっかり漏らしてしまったと言っていいでしょう。

 大川隆法氏は過去世認定の使い方において、一貫されています。それが真実であるかどうかは問題ではなく、教団運営上において都合がいいかどうかで決まっていくわけです。
 過去世を利用して、性的に誘惑するのも大川隆法氏の手法なのです。これはもはや犯罪であると考えます。
 大川隆法氏の過去世認定は、教団運営や自己の欲望の達成のための手段です。こういう手法は、通常は詐欺と呼ぶのではないでしょうか。真の仏陀が、そんなことをされるでしょうか。

◇情報元
*種村ブログ 真実を語る
http://tanemura1956.blogspot.jp/



*幸福の科学㌢写真館
http://a24.chip.jp/herzerde/
 
 
関連記事
スポンサーサイト

<< 日本書紀 八紘一宇  TopPage  【文春記事は事実】きょう子氏も愛人証言 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://sakurakaory.blog.fc2.com/tb.php/162-5ac5202b




Copyright ©Heart Earth. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。