Heart Earth

 転載フリー♪リンクフリー♪


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


真の調和を生み出す方法

 
わははは、開戦したわ

いーぞ いーぞ
進め~ 進め~

   by グーデリアン


*ブログ村の横暴なアマミ派信者に、戦士派信者が立ち上がりましたぞ

こんな風に信者間の開戦を喜んでいると「地獄的」だの「悪霊のようだ」などと思ってしまうひとは、大川教の地獄好き二元論に洗脳されている証拠

本当の調和は、上辺だけの美辞麗句では作ることができない。上辺だけの会話は、上辺だけの面従腹背な一時的停戦しか生まれない。心が伴わない言葉に何の価値があろう

あの世では心がガラス張りで、想いが相互に全て伝わってくると聞く

ならば、この地上において肉身あるときにホンネで語り合えなければ、あの世に行っても調和などできまい

いかに言葉が荒々しく、互いに傷つけあうような言葉でも、心のままにホンネを言葉に乗せて語るなら、いずれそれが、とても心地よい会話になっていくだろう

人の本心とは、時に剣のように肺腑を突き刺し、心に痛みと出血を伴うこともある

だが相手が本心で感じていた言葉に腹が立ったり、傷ついたり、何らかの心の変化を伴って感じる場合は、相手の指摘は当たっていることが多い。振り返ってみて身に覚えのあることであろう

ホンネの会話とは、いかに「気付き」の多い有意義な会話であろうか

今まで生きてきて耳障りの良い上辺だけの言葉を聞いたことがあるだろうか。どんなに誉めてくれようと、優しい柔らかな言葉であろうと、そこにそのひとの想いが乗っていない言葉は、不快で気持ちわるいものに感じるはずだ

*大川教信者の多くは、こういう上辺だけの会話をして、調和だユートピアだと言っている

こんな会話をしているから、お互いの心は壁で隔てられ、解りあうこともできず、上辺だけの一時的停戦をして、それを天国だと思っている

心とは正直なものだ。本心やホンネは何度も心に浮かび、そしてあるときを境に堰を切って流れ出すだろう

互いにホンネをぶつけあわなければ真の調和など生まれない。それを避けていては、いつまでもキレイ事地獄に漂うことになる

コメント承認制などの隔壁のない自由に話せる場でホンネをぶつけあってみるといい

それが本当の調和を生み出す方法であり

また成長と調和を伴に促す方法でもある

それゆえ、あの世においてはホンネだけの世界となっているのだ


ファイル0924.jpg
 
関連記事
スポンサーサイト


大川霊言、立ち読みしたら、こんな本だった

 
◆大川隆法『渋谷を作った男・堤清二』の霊言 2013年12月22日

立ち読みしたひとが教えてくれました。こんな本だったようです。

*大川「オレ様がこんなに頑張って本買いとるのに、おまえはなんだ!ちっとも売れとらんじゃないか。土下座して謝れ」

↑全然売れてないことを内外に発表しちゃいました。相手は教団幹部の本地川瑞祥です


*AKBビニ本のような袋綴じ本について本地川の戦略を承認した大川の責任なんですが、それを責められ
本地川「いえ、あれは変わった本として水面下で反響を呼んでまして、エルカンターレの教えは着実に、世間・識者に認知されつつあります」と。さすがいい訳の科学職員だけのことはある

*大川「支部長はボケナスばっか。本を一所懸命読んで、信者に伝えるだけだ」

*大川「講師200名くらいいるらしいけど、その人件費の決済だろうけど、こんな奴らに金払うのか?給料の一部は霊言本で払え」

*大川「いつも信者は着実に増えていると報告を受けているが、それに比例して布施の額(教団収益)が増えんのはどういうわけだ」

*大川「本部講師は、オレの本を二宮尊徳のように、薪みたくしょってね、一所懸命売って現金に換えて給料にしろ」

と、上記の大川は自称の堤清二の霊という設定だが、教団内部のことを異常に詳しく知っている。霊言という成り済ましを用いて、大川自身の日頃の鬱憤を語った本でしょうな


《まとめ》
*大川本は全然売れていない

*講師の給料も払えなくなっている

*大川は幹部の上げるウソ信者数に気付かず、本当の信者数を把握できていない

*布施の額があまり増えていない

教団の財政難はかなり深刻なようです。

それにしても、信者数が増えず、本が売れないのは、教祖である大川自身の責任なんですが、教団幹部に責任をなすりつける。あまりにも醜い大川の姿でした。

こんなのが大宇宙を作った根本神なんだそうです



うぎゃあ

おもしろ α9φ.jpg
 
関連記事


戦場のピアニスト

 
*優しい音の 小さな玉を 感じるゆとりがあるだろうか

戦争というのは どこか遠くの国で 起こっているのではない

日々 人の心で 他の心を 斬りつけるとき そこが戦場になるのです

感性豊かな魂にとって この地上は いかに生きづらいところであろう


*今日は映画のお話ではなくて すぐそこにある戦場の話です

私はピアニスト健さんのブログ記事は大好きですね 読者登録も こっそりさせてもらっています

豊かな感性から 紡ぎ出される 優しい音が ここちいいんですよ ぽろろんと


*そんな綺麗なピアノを奏でているピア健さんに また石を投げこんだ者が居るんですよ

またかよ またお前か

いろいろな記事を見て 気になったことや どうしても言いたいことなどを 自分のブログ記事にすることは よくあることで みんなやってますよ

ツイッターってのはサイト全体がそういう会話形式で成り立ってる場所です 話題を見つけるキッカケのひとつにすぎないということですね

ピア健さんの記事に個人名は書いてないし 一般論として 独り言として発表しています

ピア健さんに 誰かを攻撃したり 悪意のようなものは感じられないし それはアマミ自身も認めているところでしょう

でもアマミいわく「(私はピア健さんの)一般論にカムフラージュされたネタ引用の被害にあった当事者ですが」とのこと


*これはね筆者の問題というより 聞き手の受け取り方の問題でしょうな

例えば 仮に「調和のためには双方が反省し改める必要がある」という記事を目にして不快になったとしたら 聞き手の側が 我説にこだわって頑なに反論を受けつけない心境で 反省に入れる心境にはなく そのことを言われると耳が痛いわけです

ピア健さんの精神性の高さ 悟りの進みぐあいに比して アマミが幼稚な段階に留まっているから ピア健さんにとっての常識論が アマミやアマミ派の連中には受けつけないだけの話です


*ピア健さんも 前にアマミ派信者に嫌気がさして消えてしまったことがあるので またそんなことになっては残念ですね

波動の荒い人たちと居ると 感性豊かなひとには とても つらいのでしょう

でも そんな戦場でもあなたの奏でるピアノに心を癒やさているファンが居るんですよ ここにも一人ね


ファイル0905.jpg
こっち 俺↑
 
関連記事


あっ、ぽん吉さん見つけた

 
えーと、ぺたっ
http://sawayakana0kazenogotoku0justice.blogspot.jp/
〔アンチの神!?ソフィアぽん吉〕
~あれは誰だ、BAKABONだ、ぽん吉だ、ソフィアだぁ!!

というブログを見つけました。ちょっとー「アンチの神」とか辞めてよねぇ

これは、ぽん吉さんのブログと思われ、私ソフィアとは別人です

あそこのコメント欄には、私のキャリアでは記入できないので、自分とこの記事にしておきます

どっかのバカ女が「ソフィア=ぽん吉」と思い込んで、アマミと反対意見を述べる信者さんまで「ソフィアぽん吉」にしてしまってるので、私ソフィアとしては、えらい迷惑しとります


それにしても、ぽん吉さん・・否定せえよ!

あんたが来て、別人だって証明してくれると思って、復活するのを待ち望んでいたら・・

そのブログ名かいっ!


まあ、いっか
ぽん吉ソフィアのブログはチラ見しただけなんで、内容はよくわかりませんが「こんなんでは真っ当な会員は迷惑する」ってスタンスなんで、前とは変わらず信者さんなのでしょう。

私ソフィアは、アンチなんで、そういう内容は書きません。すでに退会して大川教の檻から開放されて、のびの~びやっております

しかーし、ぽん吉ソフィアが、ソフィアを名乗ったことで、あちらにも、こちらにもソフィアを名乗ったコメントが出現したり

アマミが、信者仲間から批判されると、勝手に相手を「ソフィア」にしてしまうので、もう、そこらじゅうにソフィアが無限増殖してしまうでわないか・・

信者ブログ村での、大混乱は、私ソフィアとは一切、関係ありませんので

UMAとか勘違いすんなよ。こいつも前に「さとるさん」と同一視して、荒らしだの何だのと騒いだ前科があります

ふぅ、自分の知らないとこで勝手にソフィアが現れるってのは困ったもんだ

でもまあ、ぽん吉さん復活おめでとう~♪
私はアンチながら、ぽん吉さんのファンでね。これから面白くなりそうだ。言いたいことを言っておやり♪


ちがう ちがう

おもしろ α17.jpg
 
 
関連記事


アマミにつける薬

 
コウさんちの自コメント。自分で気に入ったので再掲)

*信者同士の言い合いで退会した人は、別に個人的にコウさんへ言ったものではなくて、信者コミュニティ全体の問題だと思うんだけど、信者一人一人が気に留めて改めていこう・・ってのが、正しい心を探求している我らの在り方のはず(おいらも、たまには信者気分)

それを濃厚な当事者の一人であるアマミが反省しないどころか、コウさんへ攻撃する道具に使ってるし、そのコメント欄に来た連中も、キズを舐め合ってるみたいに、ヨイショしてて気持ちわりぃし

あいや元信者として、あんなのは許せないんよ。俺が信者のときは、あんなのは居なかったし、たとえあんなのが居ても周りから「それは違うでしょ」ってダメ出しを入れるし、それが伴に法を学ぶ者としての決意と信頼関係であったし、決してあんなのを のぺーっと、のさばらせては置かないんだが、今はどうしちゃったのかねぇ

あれじゃ信者全体のイメージわるくなるわな。特にマン臭の話とか、ありえんわ。なんか信者気分で、だんだん腹立ってきたわ

*いつも寛容なピッポちゃんも「アマミは戦友ではない」ってさ

どうにかしてやりたくてもさ。アマミは自分に苦言するひとのコメントは消しちゃうし

アンチなおいらだけじゃなく、信者同士の意見もリミットは2回までらしいよ。あいつの中で

でもね。あいつは、あんな卑劣で自分勝手で思い込み激しい鈍感女だけど、諦めちゃいかんよ

《手を最期まで離さない》ってのが、本物の神さまが教えている愛だよ

大川みたいに切り捨ててレッテル貼って、それで終わりじゃない。大川のマネをしたらいかんのよ

だもんで、アマミには事あるごとに、機会を見つけて、あいつの間違ってるとこを、繰り返し繰り返し何度も何度も、言ってやらなあかん

鈍くて頑固で卑怯で、どうしようもないやつだけど、時間はかかるけど、まあ本人嫌がっても言ってあげたらいいよ

あいつは信仰云々の前に、そういうことを今世 学んで還るんだろうね


きれいなジャイアン.jpg

いいね音符soonブログ村
 
関連記事


『大川の挑戦』生涯アルバム

 
*大川の生涯アルバム

・少年時代
 ファイル0595.jpg

・キモヲタ時代
 ファイル0475.jpg
「あ」「き」「こ」

「あなたは わたしが
処女かどうかって
疑ってらっしゃるんだわ
あなたの鋭い眼」

~大川詩集『愛のあとさき』より


・アフロディーテよ

 アフロディーテγ480.jpg
(画像は脳内イメージです)


・厚塗り時代
 ファイル0772.jpg
大川「前より痩せて、カッコイイでしょ?」
~大川隆法『舎利弗の真実を語る』

大川「君はボクの過去世の妻。君の守護霊はボクを慰めたいと言っている。
だ・か・ら、ねっ。ねっ? ぬっ」
~恭子告発。種村告発。


・現在
 ファイル0054.jpg




*おまけ アマミの一生

・幼少期
 ファイル0879.jpg

・現在
 ファイル0876.jpg


いいね音符soonブログ村

うーんNGsoonブログ村
 
関連記事


大川教の伝道は「戦争」です

 
*信者ブログのコメント欄で「伝道は天と魔の戦争である」と言っていた信者がおりました

破邪顕正戦争は、倒すか倒されるかの戦争であり、真理による仲裁はあり得ず。相手を完全に斃すまで止めない無期限戦争で、仲裁せんとする者は魔の一員なり。といった論調ですね

*これは一部の偏執狂信者の言と思うなかれ。支部での布教誌ポスティングを「絨毯爆撃」と呼ぶ彼らには、これが大川教全体に蔓延した文化になっているのです

大川教信者が世の中をどのように見ているかというと、実現党を報道してくれないマスコミは魔の巣窟。大川教の実態を報道する週刊誌も魔の布教誌。選挙で議席をくれない日本人は魔に洗脳された人々。といった世界観です

*こういう世界観は、キリスト教圏である欧米諸国の言論でよく見られます。敵国や犯罪者をすぐに「悪魔」と呼ばわる通癖があり、時に考え方の違い、イデオロギーの違いだけで「悪魔」にしてしまいます

イエスは「汝の敵を愛せよ」と言ったように、イエス自身の思想と、キリスト教会の教えは大きく変容していると私は思っています

簡単に相手を「魔」にしてしまえる精神気質は、一神教における絶対神信仰と、天国地獄の二元論が源流となっているのでしょう

*大川教も、絶対神を大川自身とし、地獄認定の大好きな二元論を教義としているため、当然といえば当然の如く、意見の違う人々を「魔」認定してまうのです

欧米諸国の歴史を見ると、魔認定した相手を平気で虐殺し、植民地として奴隷化し、核兵器の人体実験のようなことを、良心の呵責なく、むしろ神の名を借りた正義の行動として、平気で実行してしまう危険な思想です

*東日本大震災を見て大川は何と言ったか「信者の家に津波は来なかった」と、津波被害の地で1棟だけ奇跡的に残っていた映像を見たことがあるか?そして信者以外はどうなってもいいのか?

大川は「被災地はたくさん人が死んで、地獄ができている」と怖がって近寄らなかったと元妻きょう子も証言している

大川は、全ての人々を救う能力もないし、全ての人々を救おうともしていない。これが大川の実態です

《戦争や暴力の側に、本当の神は居ない》ということを知るべきです

おもしろ β79φQV.jpg
いいね音符soonブログ村
 
関連記事


和合僧破戒をする大川教信者たち

 
*大川本においては「和合僧破壊」と書かれているが、一般的に「和合僧破戒」が正しい

これは和合した僧侶たちを仲たがいさせ、僧団を分裂に導く言動をするべからず。という戒めのことです

出家した僧侶(職員)に限らず、在家信者どうしの仲間割れもその対象になるでしょう

*信者同士と言えど、人間の集まりですから、互いの意見の違いや、好き嫌いも含めて、いろいろ人間関係のトラブルになることもあるでしょう

本来の宗教なら、説かれている教えに従い、まず自らの心を修め、自らの非を認め、相手の想いを理解する・・という形で教理的に自然調和に向かうのですが

大川教信者の言い争いを見ていると、互いに我説を曲げず。自らを絶対正しいものとして、自らの非を認めず。相手にレッテルを貼り付けて罵り合う。といった見るに耐えない惨状を呈します

これは一度や二度の珍しいものではなく、大川教信者の争いは頻発し、たいていこのような罵り合いになっていくことを見ても、大川教の教理そのものに問題があるのでしょう

*大川教は大川隆法を根本神とする一神教です。信者の中にも大川教は多神教です。と勘違いしているひとも居ますが、大川以外の霊人を信仰しても、大川に帰依しないのであれば、それは信者とは認められません。

大川教は極端な善悪二元論であり、絶対神大川の意見によって天国と地獄に分け、とりわけ「地獄認定」をするのが大好きな教祖です

例えば選挙で、議席が取れないからと言って、その責任を日本人のせいにし、地獄認定してしまいます

大川教信者もこれを見倣って、自分の意見に合わないものは、大川が教えた「地獄」「悪霊」「レプタリアン」「左翼」「○次元」等々、いろいろな差別用語のレッテルを貼り付けて罵り合うのです

大川教の教理に従えば従うほど、自分を絶対正義とし、自分の非は認めず、相手には非寛容どころか差別的になり、自然調和などは生まれません

こういう害毒を信者の心に流している大川教差別思想は、本来の神の教えとは正反対の教えです


ケガの原因は?
おもしろ α56.jpg

いいね音符soonブログ村
 
関連記事


ぽん吉さんとソフィアは全くの別人です

 
またブログ村で騒動を引き起こした大川教信者さんたち・・

こんなお題で復活するのも、なんだかな~

1年前にブログ村に居た信者のぽん吉さんと、アンチのソフィアが同一人物と思い込んでしまってるひとがおりまして

アマミさんには「ちがうよ、別人だよ」と言ったんですが、そういうコメントは消去して、どうやら欠席裁判をするつもりらしいので、私からも一言

私、ソフィアは2ちゃん出身のアンチでして、1年前の信者ブログ村騒動は2ちゃんのカキコミを見て知り、ヤジ馬をしにこのブログ村にやって来たんですが

ぽん吉さんの第一印象は爬虫類画像や地獄絵みたいのをブログに貼っている怖いイメージでしたね

私自身、そういう絵はあまり好きではないんで、感性的に拒絶反応があり、ある意味、大川教がアクマ好きな宗教であることを示す典型的な事例と思って見てました

でも上辺だけのキレイごとを言うことの多い大川教信者にしては、はっきりとホンネを語っているので、そこは好感が持てました

程なく、信者騒動の犠牲になったぽん吉さんはブログも消去して引退してしまったんで、その時期以前のブログ記事については、よく知りません

弾劾記事は荒々しい言葉でしたが、詩文を載せたときは、とても美しく、「神の子」としての理性に照らして、一部の信者の卑劣な言動に義憤を感じていたような印象を受け、表面に見える荒々しさだけではなく、大川教教義を越えた深い洞察力からくる理性や愛の想いを感じ、そういう一面もあるんだなぁと思いファンになりました

私ソフィアは、ぽん吉さんの復活を待ち望んでいるファンの一人ですね

字数がアレなんで、コメント欄で、アマミさんが提示した疑問点にいくつかお応えしましょう⇒

コメントフリーなんで、信者さんも元信者さんも、この騒動へのご意見や、私へのご批判や誹謗中傷も、ご自由にどうぞ♪



絵心
ファイル0671.jpg

復活記念音符soonブログ村

 
関連記事


  TopPage  



Copyright ©Heart Earth. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。