Heart Earth

 転載フリー♪リンクフリー♪


【神理の法燈】悟りとは如何なるものか

 
幸福の科学が困ることをひたすら書きこむブログ-くう α3 白砂青松.jpg


日々の生活のなかで 自らの愚かさを 常々 見つめている者にとって あの男が「悟りたる者」でないことは一目瞭然であろう

神とは如何なるものであるかを 人に聴かなければ判らないのか 各人がイメージする優しくて大きくて暖かい何かを 想い浮かべることは 誰もができることだろう

さすれば あの男が 自ら尊しとして 自ら根本神と名乗り出た あの男を 神の姿の片鱗も感じさせない あの愚かな執着人を 神の来臨として尊拝することなどできようか

自ら悟りの致らざるがゆえに 現生の仏陀に気づかないでいるのだろうか そんなことはない 自らの心の内に問え

神が如何なるものかを 誰かに聴かなければ あなたは判らないのか

ふしぎなことに 各人の良心の核は みな共通しているではないか

いろいろな考え方や感じ方がありながらも ふしぎなことに 心に映り 心の移ろいゆく法則は みな共通しているではないか

それこそが 我々 ひとりひとりの心の内に 神と同じものを宿してくれた証なのではないかな

さすれば 神とは如何なるものかを 誰かに聴かずとも なんとなく そして 深い実感を伴って 心の奥に響いてくるであろう


未だに大川教の信者を続けて居られるというのは「神とは如何なるものか」「悟りとは如何なるものか」について 感じたことも 考えたこともないのではなかろうか

あのような言動をする者が「悟りたる覚者」でないことは 一目瞭然であろう ましてや 根本神などと名乗った時点で「頼むから偽物だと気付いてくれ」と 大川の理性は語っているのだろう

あんな悪質な詐欺師が根本神なら あいつの居る天国なんぞ行きたくないわい

でも多分 そこは 暗い差別の檻で 各人の心が隔絶した 錆びれた場所であろう

あの男が詐欺師だったんで 神理の法燈は 他のひとたちで語り継いで往かねばならぬ

各人が各人の考えと神性を持ち寄り 各人が神の法を説けば良いではないか

神理の法燈は 独自の思想を抱く みな ひとりひとりの手に委ねられたのだ

幸福の科学が困ることをひたすら書きこむブログ-くぅ γ蓮 φ240.jpg

いいね音符soonブログ村
 
関連記事
スポンサーサイト


  TopPage  



Copyright ©Heart Earth. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad