Heart Earth

 転載フリー♪リンクフリー♪


霊界次元構造は本当に正しいだろうか? 考えてみた

 
*霊界ピラミッドは本当に正しいか?

「高級霊」「低級霊」という定義そのものが 本来の神の教えに沿ってはいないのではなかろうか

完全にありえない仮定ですが もし仮に 大川教が世界を支配するとしたら 世界は「霊界カースト制度」のもと 出身霊格による差別が明確になるでしょう

そして あいつは「裏だ」「4次元だ」「レプだ」「ただいま憑依中」等々 大川教団の支部や 大川教信者コミュニティーで頻繁に見られるヘイトな光景が世界の常識になるわけです

蔵原徹志「私の常識と 世間一般の常識としていることは違います 当然でしょ」
(関西校 住民説明会2011)

などと言う司祭階級が 皆さんの生活を支配する世の中になるでしょう

GLA教義「霊界次元構造」は 三次元のビルの階層を積み上げたような発想で 神と 神近き者を定義していますが

これこそが大川教の差別思想の淵源であり 本来の神の教えとは相容れないものであると私は思います


*本当の霊界の姿とは

幸福の科学が困ることをひたすら書きこむブログ-ファイル0003.jpg

私のイメージする霊界は円卓会議のような この銀河系の姿のようなかんじかな

中心に 近いとか遠いとか そんなことは どうでもいいことなんです

この實相霊界において 誰もそんなことは気にしていません 充分に神さまから愛され となりの仲間たちとつながって 大きなひとつであることを実感しているからです

みな それぞれが自分の好みの個性をもって輝き たがいに照らしあい 学びあっている姿

そして自らのいちばん居心地のよいところに好き勝手に棲みながらも 自然と全体で調和し 全体の一部でありつつ何らかの役割を任っている

そして おたがいが愛し結びあい 神さまからも暖かく等しく遍く愛されている姿

これが神の教えを具現した霊的世界の實相のような気がいたします


幸福の科学が困ることをひたすら書きこむブログ-飛行石.jpg
ほら これ
みんなのもあるよ



いいね音符soonブログ村


たくさんの灯が
なつかしいのは

あのどれかひとつに
君がいるから
 
関連記事
スポンサーサイト


D0 ファルコン告発2003 INDEX

*編集註:ディープスロート氏はファルコン氏の変名で、後に「あの告発はファルコンによるもの」と本人が明かしました。


【元宗務職員ディープスロート氏による大川隆法ファミリーの内情告発】


D0 †INDEX† 目次

D1 だめぽ/皇居/軽井沢
・皇居のような宮殿
・大川だめぽ発言
・皇居を見せる新人研修
・軽井沢精舎への行き方

D2 家庭内別居騒動

D3 きょう子のプロポーズ

D4 大悟館/風呂/脱税

・大悟館の詳細
・大悟館の奇妙な構造
・宗務職員の愚痴
・軽井沢精舎のヒノキ風呂
・公文書の脱税用隠語

D5 シロガネーゼ/会員観
・シロガネーゼ
・善川三朗の遺言テーマ
・大川ときょう子の会員観

D6 きょう子の人事
・きょう子の人事1
・きょう子の人事2
・後継者問題
・きょう子の理事長人事

D7 霊感商法/宗教ビジネス
・霊感商法の経緯
・大名旅行
・宗教ビジネスは儲かる
・仏敵 小澤氏に給与10万
・大川フライデー逃亡生活

D8 梶谷事件の証拠湮滅

D9 NHK料金の踏み倒し

D10 総合本部の人事

・青年部の学力低下
・人事局の人材観
・危険人物リスト
・守秘の念書
・総合本部ヒエラルキー
・退職した職員への悪口
・自衛隊幕僚長



ディープスロート氏について
1 [2003/10/21(火) 21:29]

これは、2ちゃんねる心と宗教板『幸福の科学スレッド』において「ディープスロート」さんがされた、衝撃の内部告発をコピペしたものです。

ディープスロートさんがどのような方かはわかりませんが、組織の中枢(宗務[秘書団]局:大川家の秘書団)におられたみたいです。

お読みになると分かりますが、この証言では今まで深い闇に包まれて、一般の信者の目には触れることのなかった衝撃的な事実が述べられています。

特に、驚くべき事実は、大川夫妻の不仲と、大川の意向を無視して、大川夫人が教団を動かしているという事実です。

もし、これが真実であるとすれば、最も身近にいる人間が、「仏陀」とか「エルカンターレ」とかいうことを全く信じていないことになります。これは、組織を根幹から揺るがす事実であると思います。

ディープスロートさんの語る事が、真実か否かについては、今後 明らかにされると思いますが、少なくとも、長期間、引き篭もりの状態にある大川の状況や、最近のキチガイじみた教団のありさまが、証言ととても整合性があるというのは否定できないと思います。


情報元
内部告発ログ集
http://trident02.voila.net/index.html


Notes
・上記のサイトはPCでしか閲覧できないので転載させて頂きました

・本来の順番を少し入れ替えて 類似項目で まとめてみました

・文中の[‥‥]はトライデントさん?による註釈です

・年号は4桁表記に変更し 半角数字に改めました
関連記事


D1 だめぽ/皇居/軽井沢

・皇居のような宮殿
・大川だめぽ発言
・皇居を見せる新人研修
・軽井沢精舎への行き方


[告発]大川隆法 本音は「30万人が限界、早期引退、全国に皇居のような脱税宮殿」
http://trident02.site.voila.fr/index.html#sekaidendo

2 名前:ディープスロート [2003/10/21(火) 21:32]

幸福の科学は国税でやられるでしょうね。この記事は今年2月ですが
実はこの件そのものは2001年秋から始まっています。

職員の口座を調べていた国税局が架空職員疑惑を持ったのが発端です。実際、いわゆる宗務[秘書団]関係では不思議な雇用形態の人物がいます(信者企業からの出向扱いなど)

で、そこから大悟館騒動になるわけです「あそこの税金を払え」と

さて大川幸福の科学側は大悟館を「宗教施設だから無税」と主張しています
あそこは「大川家族の研修施設」なのだそうです。本当にそうでしょうか?当然違います

大川自身、あれを「宮殿」と規定していたのです


3 名前:ディープスロート[2003/10/21(火) 21:33]

さて、ここで宗務[秘書団]本部はどうなっているか?

「全国各地に皇居のような宮殿を複数所有しているだろう」

明記されてます。宮殿、と大川は書いているんです。宮殿と書いて宗教施設と読む人はいないでしょう。

この発展構想案に沿って最初の「宮殿」がつくられました

それが既述した「軽井沢精舎」です

そして2番目の宮殿が「大悟館」です

新入職員は皇居の見学をさせられます「これを見習え」と

幸福の科学職員はサラリーマンですから決してトップの了解無しにこんなことはしません。大川の書いた文書に「皇居のような宮殿」と書いてあるから「ああ総裁は皇居がお好きなのだな」となり新人に皇居を見せにいくのです

で、その「宮殿」を国税局に指摘されると「あれは宗教施設だ、総裁一家の為の研修施設だ」とごまかすわけです

国税騒動の時期には大悟館にわざとらしく
「幸福の科学本部事務局」 云々の看板がたてられました

嘘付け!あそこは大川の夢の宮殿(私邸)第2号なんだよ!!!

まだ日本中に建てるつもりなんだよ、あれと同類のものを

つまり20万名~30万名の信者数が幸福の科学の最高発展段階と大川自身が 規定しています

これ、決して中間目標ではありません。支部長は「全世界伝道が目標だ」と言い張るでしょうが

1999年頃、大川は支部長交流会で10年後の早期引退を宣言している。 あと6年位で名誉総裁に退くとのこと

このタイムスケジュールから言えば2~3倍程度の会員数が最終目標というのは妥当な数字です

で、信者さんは「その後も伝道は続くのだ」とおっしゃるでしょうが・・・・
残念ながら

1997年 宗務[秘書団]職員に対して「このままでは幸福の科学はアジアの一ローカル宗教で終わる」と発言しています

さらに大川の幸福の科学もう だめぽ発言

2002年、大川は山本理事長に対して「僕が帰天(死去)したら幸福の科学は消えてなくなる」と明言しています

つまり97年から2002年にかけて「もうだめぽ」度が増加しています。
大川は世界伝道などすっかりあきらめているのです

信者の皆さんは妙に醒めた態度の幸福の科学職員って知ってますよね

大川が「もうだめぽ」と言ってるのを知っている人達です。知らないのは末端だけです。踊らされている皆さんだけです


4 名前:ディープスロート[2003/10/21(火) 21:33]

こういった話になってしまう背景には実は大川の日常生活に 触れる職員はほぼ全員が女性である、ということがあります

もちろん大川宅に不審番もいるのですが これも全部女性。しかも皆20代。
内部では「大川の側にいる女性職員は個人的な大川のお気に入り」とされています

実際、宗務[秘書団]から出て支部職員になった女性が「総裁はどうして君みたいな女性がお気に入りなんだろう」と支部長に言われたとの事実もあります

とにかく、大川の周囲にいるのは女性ばかりなのです(しかも若い)

これではあらゆる疑惑が発生します。宗教家として困ったものです

何を考えているのでしょうか。しかも彼女達には恋愛を禁止しているのです

以前、坊ちゃんが御自分のHPに「幸福の科学喜び組疑惑」を書かれましたが
あれは本当に内部でもささやかれています。そう書かれても仕方のない大川の日常があるからです

いや、今の大川は本当にめったに外出しない。引き篭もりそのものだ。

宗務[秘書団]局員という名の使用人(幸福の科学職員)が50名程いて、大悟館で大川家族の世話をしている。

北軽井沢にも8000坪の敷地があり、軽井沢精舎という秘匿名称で別荘が存在している

建物としては、幸福の科学関係者は日光精舎を思い浮かべて欲しい。あのレベルの建築物が8000坪の敷地に建っている。これが大川一家だけのために存在している。もちろんテニスコートもある

「精舎」は宗教施設だからこれも無税。大川一家しか使わない事実上の私邸だが。このごまかしも大悟館と同じ。

98年。それから増築したのかもしれないが。
元々この敷地の裏に、大川は別荘を所有した。80年代後半の話。

それが90年代に入り、8000坪の土地を購入し3シーズン用のログハウス群を建てた。5つほど。

で、それが大川の指示でオールシーズン用の大きな「精舎」が建つことになった。

完成は98年夏。ログハウス群は宗務[秘書団]局員用となった。



[告発]幸福の科学 あきれた新人研修 皇居のビデオを見せられ「宮殿をいくつも建てるのが目標」
http://trident02.site.voila.fr/index.html#kenshu

50 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 22:48]

職員研修で教えてますよ。
幸福の科学最終目標を(既述の96年発展構想案は別に秘密じゃないのよ、信者の皆さん)やってますねえ。職員研修。

「会員数2~3倍が最終目標」

はっきり言ってますねえ。

公案するんです
「その姿をイメージせよ」

はあ?はあ?
世界伝道じゃないの???

「皇居のような宮殿をいくつも建立することが目標です」と言われて何と皇居のビデオを見せられる・・・・

はあ?はあ?宮殿を建立することが目標????

法談の時間、皆黙ってしまいます。

あっけにとられて、何を話していいかわからない・・・・

既述の96年の大川の幸福の科学発展構想案からの抜粋なんですけどね(^^)

知らぬは信者さんばかり。職員研修でこれ教えているんです。
「そんなことない」と騒ぐのは信者さんばかり。

職員でこんな物はないと騒ぐのは嘘つきです。気の毒です。


[告発]大川隆法の脱税物件軽井沢精舎への行き方
http://trident02.site.voila.fr/index.html#access

43 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 22:21]

軽井沢精舎の行き方

お車が便利です(^^)

高速道路 上信越自動車道を碓氷軽井沢ICで降り、県道43号線で
JR軽井沢駅に向かって下さい。軽井沢駅前で国道18号線に入り(左折)
JR中軽井沢駅方面に向かって下さい。中軽井沢駅前の十字路で国道146号線に入って下さい(右折)。

あとは国道146号線の坂道をひたすら登ります。鬼押出し、群馬県方面に向かうわけです。
途中、鬼押ハイウェーとの分岐がありますが、有料道路には入らず、国道146号線を走ります。群馬県に入って少したつと、「浅間牧場」という信号付き十字路があります(この辺は信号はほとんどないので、すぐわかるはず)

この「浅間牧場」の信号を左折し、鬼押出し方面に向かいます。
(信号の上に「鬼押出し園 浅間火山博物館 これより4Km」の大きい看板があります。その道に入るわけです)。2km弱程走ると信号のない十字路があります。
そこを右折して下さい。「紀州鉄道パルコール村」の案内看板がある十字路です。

右折して右側一帯を見ると、雑木林が広がっているように見えます。これがカモフラージュで、この中に記述の軽井沢精舎、ログハウス群、テニスコート(笑)が隠れています。8000坪の広大な敷地を誇る「幸福の科学軽井沢精舎」です。


44 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 22:24]

電車で行かれる方は、中軽井沢駅からタクシーで浅間牧場を目指され、そこから徒歩でアプローチがよろしいかと思います。

軽井沢精舎を造った際、隠すために大量の植樹をして、しかも精舎の建物を窪地に造ったので、道路からはほぼ見えないようにできています。

冬は葉が散って丸見えなんですが、その季節、ここには人がいません。
別荘地ですから。だからばれにくいんですね。
なお、場所は群馬県嬬恋村です。長野原町との境あたりですね。

>>275で長野県と書きましたがこれはスマソ。訂正です。

この施設は幸福の科学の宗教施設として無税です。なんで宗教施設を職員や信者にも隠すわけ?正式名称でも精舎って言ってるのですから。
何で?単に、大川一家の宮殿別荘を税金ごまかしのために そう呼んでるだけでしょ。いいかげんにして欲しい。
関連記事


D2 家庭内別居騒動

[告発]大川隆法と恭子 家庭内別居騒動
http://trident02.site.voila.fr/index.html#bekkyo

6 名前:ディープスロート[2003/10/21(火) 21:50]

これ、わかる人はわかるはずだが、あの二人、内情をよく知らない職員の前ではくさい田舎芝居を結構するんだ。二人がいかに仲が良いか、亭主関白か、子育てをきちんとやってる理想の夫婦か、を演じるんだ・・・・

だからそれを見せられた可能性大。ところが、だ。

少し気を許した職員の前では罵倒、こきおろし、怒鳴りあいの大喧嘩が普通なのだ

それに慣れる頃にはすっかりマイコンも進んでる


7 名前:ディープスロート[2003/10/21(火) 21:51]

先日坊ちゃんのカキコにありましたが「きょう子は家事、子育て何もしない」という話ですが、これ本当です

で、読書とわけのわからない指示、人事と亭主いびりと職員いじめで日々をつつがなく過ごされております

ある日、ついに大川が ぶち切れた!!

「あんた、いい加減にしなさいよ!家事も育児も何もしないじゃないですか!もう君から幸福の科学に関する全権限を剥奪する!仕事は一切しなくてよろしい。 主婦として生きていけ。総裁補佐は不要!!」

おお、かっこいい・・・・そして、きょう子は総裁補佐を剥奪され、全ての人事権も奪われました

そして役職の無くなった きょう子のために誰かが適当に考えたのです。

「アフロディーテ会会長ってことでよろしいのでは?」で、きょう子は実態の無いアフロディーテ会会長として祭り上げられました

幸福の科学的には めでたしめでたし・・・・

・・とはなりませんでした。大川の受難の一ヶ月が始まりました。仕事を奪われたきょう子が半狂乱となって毎晩ベッドルームで暴れ始めたのです

「仕事を返せ!仕事を返せ!私がいなくてはあなたは何もできない・・・・」

そして当時5人目の子供を妊娠していたきょう子はついに「仕事を返さなければこの子を流産する」と脅し始めたのです

大川はきょう子に屈し、彼女に以前と同じ権限を与えました

大川が後日、先程の宗務[秘書団]の女性職員に愚痴っています

「僕、あのとき1ヶ月ほとんど寝かせてもらえなかったんだ」

哀れ、大川の乱は1ヶ月で大川自身の完全敗北で終わりました。はあ・・・・


8 名前:ディープスロート[2003/10/21(火) 23:10]

私のスタンス2
私は大川夫妻のプライベートについては一切触れるつもりはありません。
やはり個人生活は尊重せねば。

ではプライベートはどこか、ということですが、あの家族の住民票は港区白金の某マンションにあります。大悟館ではありません。

大悟館では白金小学校の学区外で、学区は三光小学校になってしまいます。子供を有名な白金小学校に通わすために白金小学校の前にマンションを購入してそこに住民票をおいています。私、ここはプライベートだと思いますので そこのマンションの生活に関しては触れるつもりはありません(爆

大悟館も軽井沢精舎も「宗教施設、研修施設」として国税局に説明しています。つまりここでの言動は精舎で講師がこんなことを言っていた、レポートと同じです。

パブリックスペースとして国税局を納得させようとしているのですからね。

では幸福の科学の解釈に従いましょう

大悟館、軽井沢精舎、宇都宮仏宝館内部の生活は公的なものです

私は研修の姿を皆様にお伝えできれば、と思います(大爆


9 名前:ディープスロート[2003/10/21(火) 23:11]


「大川夫妻家庭内別居事件」

大川夫妻は一時これに踏み切っていました。97年頃です。

当時彼らは「宇都宮仏宝館」に住んでいました。

ここは3階建てで地下に核シェルターを持つ建物です

もともとは職員寮として設計されていましたが

例の「96年地震騒動で宇都宮に逃亡」事件
[※「イエスが関東大震災が来る」といってる」と言いだし、信者に秘密で逃亡]で急遽内部を大川一家のために作り変えました。

ですので外観が寒々しく
「サティアン」と呼んでいる職員までいたことは既述しました。

ここで1階は宗務[秘書団]職員、2階は子供達、3階は夫婦だったのですが・・・・・・・
あまりのきょう子の横暴に辟易した大川が、先程の「大川の反撃」と同様、ささやかな抵抗を始めました。

「僕は君と別居する。君は2階で生活しろ。僕は3階で生活する!」

この時、大川は離婚を覚悟していた様子が伺えます。
そして二人の家庭内別居が始まりました。

97年頃、幸福の科学職員でいた方は 滅茶苦茶極まりない指示が次々に飛んでいたのを覚えていらっしゃいますか?精神的に荒れた二人(特にきょう子タン)が無茶苦茶な指示と人事を出しまくったからです。

きょう子タンは家庭の食卓でも職員名をあげて「あいつをクビにしろ!」と騒ぐほどでした(そして当然それは実行に移される)。

当時、このスレでもお馴染みの小林早賢氏に大川は語っています。

「幸福の科学は今メルトダウン状態にある。何とか君が食い止めてほしい」

こらこら、あんたが総裁でしょう!

あなたやらずに誰がやるのよ!


10 名前:ディープスロート[2003/10/21(火) 23:12]

宗務[秘書団]の女性職員は常に仲が悪い。
これは当人達も非公式に認めるほど。なぜか?

大川派ときょう子派とも言うべき二派に分裂しているからです。

いくら大川が総裁とは言え、実際の権限を握っているのはきょう子であることは宗務[秘書団]ではすぐにわかります。人事を動かしているのもきょう子。

すると人間は生き残りのためにきょう子に擦り寄ります。これがきょう子派。

そして「それはおかしい」と考えるが大川派。

で、宗務[秘書団]では当然きょう子派が主流です。

実際、5人目の子供(あのきょう子が流産すると大川を脅した子)の妊娠時には宗務[秘書団]局員はきょう子の世話に集中し、大川をほったらかしにするという倒錯状況も生まれました。

で、この二派の対立は「大川夫妻の家庭内別居」で決定的になりました。

3階に陣取った大川を大川派が世話をし、2階をきょう子派が仕切ります。

冷え切った関係が続きました。

さすがに嫌気がさしたか大川はこの頃一人でしばらく軽井沢に篭ります。
[※これがファルコン告発の愛人告発につながっていく]

当時は軽井沢精舎は存在せず、既述のログハウス群があるだけでした。
(ただし8000坪の敷地は既に取得済み)

おそらくこの頃の体験から軽井沢精舎建設を急がせたのでしょう。翌98年には完成しますから。

(ログハウスは3シーズン用で、冬は無理。精舎はオールシーズン快適)

大川は「いつでも女房から逃げ込める避難所」としての意味合いを軽井沢精舎に持たせていたようです。

悲しい・・・・哀れだ・・・・


11 名前:ディープスロート[2003/10/21(火) 23:13]

さて、きょう子も黙ってはいない。大川に対して攻撃を仕掛けます。
大川が軽井沢から戻った後、まだ別居が続くと見るや きょう子は宇都宮仏宝館で3階の大川のスペースに夜間 きょう子派の津○井を忍び込ませ、 何と大川の服を全て2階に運ばせてしまいました。

何ということを・・・・そこまでやるか・・・それにしても「宇宙の根本仏エル・カンターレ」の服を全て取り上げるなんて・・・・アンチよりやることがひどい(爆

それを「きょう子の指示だから」と言ってやる方もやる方だが。信者の言い方を真似れば「そんなことをすれば地獄行き」「もう二度と人間に生まれられない」ですよ、本当に。

こんな攻撃を繰り返され、大川はあきらめました。
またきょう子を3階に住まわせはじめました。

はあ・・・・・。あのさあ、隆法ちゃんよ、もう仏がどうのこうのなんてもういいからさ、せめて亭主としてしっかりしようよ。きょう子にガツンと言ってやれ。あんたさあ、何やるんでも尻すぼみなんだよ。中途半端なんだよ。

それにしてもきょう子タン。実は彼女こそ最強アンチなのでありました。


12 名前:ディープスロート[2003/10/21(火) 23:49]

大川が軽井沢から戻った後、まだ別居が続くと見るや きょう子は宇都宮仏宝館で3階の大川のスペースに夜間 きょう子派の女性職員(名前晒したらかわいそうだが・・・今 講師)を忍び込ませ、何と大川の服を全て2階に運ばせてしまいました。

自分の飼い犬を貶めるのは独裁者の常。

このきょう子派女性職員が何かと宗務[秘書団]を仕切っているのを見てきょう子は「ふん、高卒のくせに威張っちゃって、何さ!」とまるで少女漫画の悪役そのものの様な発言をしています。

で、この性格では飼い犬も離れる。

結果としてこの女性職員は今、実はアンチきょう子となって日本のどこかに潜んでいます。

飼い犬と言えば・・・・・
きょう子は時折きょう子派の職員を集めてミニ講演をしています。

その中での発言

「飼っている職員の数が多すぎる」

私は家畜だったのですね。納得。

坊ちゃんも種村さんも、現在の職員も、結局は家畜として飼われているわけですね。

というわけで元家畜のディープスロートです(^^)
関連記事


D3 きょう子のプロポーズ

[告発]大川きょう子夫人の霊感・逆プロポーズ「高橋信次先生の霊に結婚しろと言われた」
http://trident02.site.voila.fr/index.html#kekkon

13 名前:ディープスロート[2003/10/21(火) 23:53]

大川タンの告白 1997年
日本国内某所にて

職員A「なんであんな方と結婚されたんですか?皆それで苦しんでるんですよ!」

大川「・・・・・あの結婚、僕はしたかったわけじゃないんだ・・・・・」

職員A「いまさら何をおっしゃるんですか!ご自分でなさった結婚でしょう!」

大川「・・・・Aさんは厳しいなあ・・・・(さびしげな笑い)・・・・」

大川「僕はそもそも結婚する予定はなかったんだ。」
職員A「!?」

大川「当初の予定では 仏陀意識が強い時は文殊の女性が傍にいて、ヘルメス意識が強い時はアフロディーテが傍にいて、交互にうまくやっていく予定だったんだ。 結婚しないで、ね。」

(職員A混乱する。これはきょう子が文殊とアフロディーテであるという幸福の科学公式見解の修正。文殊とアフロディーテは同一の魂ではない、別人であると大川自ら認めたもの。アンチにとっては当然だが、幸福の科学信者にとっては衝撃的内容)

職員A「じゃあ どうして結婚なさったんですか!」

大川「87年の研修の時、きょう子からラブレターが来た。それから彼女がどうしても僕に会いたいと言ってきたんだ。」

大川「彼女とは喫茶店で会った。彼女は僕にこう言うんだ。『私は高橋信次先生にあなたと結婚しろと言われて外資系の会社に内定を貰っていたのを断りました。責任取って下さい』とね」

大川「僕が困っていると彼女は履歴書を2通出してきた。『うちの家はきちんとしていますので履歴が きちんとしていないと両親は許してくれないんです。今、ここで履歴書を書いて下さい』僕は2通書いたよ・・・・・」

職員A「そんな・・・・・・」

大川「で、僕が2通喫茶店で書くと、彼女はそれを鞄にしまって、言ったんだ。『お時間 当然ありますよね?』あると答えたよ・・・・」

大川「すると彼女は付箋のいっぱいついた『ぴあ』を取り出して、デートコースを決め始めたんだ。付箋つきだから、最初からどうしようか考えていたんだろうね・・・・・」

大川「そうして結婚することになった。」

職員A「先生・・・・・・」

大川「初期の頃は楽しかったなあ・・・・・いろんな人がいたよね・・・・・・」

大川「原さんもまともな人だったよ・・・」


14 名前:ディープスロート[2003/10/21(火) 23:55]

まず気をつけるべきは大川は決して自分の責任を認めることはしません。
宗務[秘書団]本部長の木村氏が述べています。

「仏(大川)は決して責任をとられません」

つまり家畜のお前ら責任とれよ、ということです。

この会話もきょう子に夫婦関係破綻の責任を押し付けようとした可能性あり。

実際は関谷氏が書いているように大川も相当に結婚に乗り気だったはず。

とは言え、このきょう子の姿は確かにいつものきょう子ですな。

こんな会話があって、大川もまあ結婚に前向きになってったのかもしれません。

アンチがよく指摘する「初期は楽しかった」を、大川自身も述べています。そりゃそうだと思いますよ。意外に大川自身、幸福の科学信者よりアンチ(というより常識人)に近い感性持ってたりして。

原さん[※創立メンバー]はまともだと指摘しています。

これも重要。きょう子によって追い出されたとよく言われますが、それを大川自身が裏付けた形。

だけどねえ・・・・破門にしちゃって、 名誉回復はどうするの?あなた総裁でしょう?女房にガツンと(略


15 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 00:30]

大川は前述の職員Aにこんなことも漏らしています。

「僕はもう皆と一緒に楽しく暮らしたい。」

こらこら「皆」って誰よ?お気に入りの女の子達か?

少なくともきょう子はその中に入っていないだろう。きょう子の愚痴を述べているときなんだから。

だけどさあ、あなた本当に宇宙の根本仏なの?釈迦の生まれ変わりなの?
情けなくないか?

ただ、この言葉で多数の宮殿を彼が欲しがる理由がわかります。白金大悟館あたりは物欲女房にくれてやって、地方で、彼女の目の届かないところで暮らしたいんでしょう。

女の子達と「この人こそ本物の文殊だ」と脳内妄想で作り上げた誰かさんと。

そうすると大川の早期引退願望(2009年頃)も納得できます。早く一人で生きたいんだ、女房のくびきを逃れて。まあ、気持ちはわからなくはないが、一つ言えます。あんた、絶対仏陀じゃないよ

仏陀と言って人とお金を集めたんだから責任とりな


16 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 00:31]

あるとき、人事異動で大量の女性職員が宗務[秘書団]を離れることになりました。

そこできょう子が自室で大声を上げているのが隣室の職員の耳に入りました。

「ばんざあい。すっきりしたわ!やっぱり秘書なんかいらないのよねえ。ばんざあい!」

こうしてきょう子にいじめ抜かれ、苦しみぬいた一人のベテラン女性職員がつぶやきます。

「あの人は私達の信仰心を踏みにじった」

繰り返しましょう、信者の皆さん「あの人は私達の信仰心を踏みにじった。」
これが人生の半分近くの時間を幸福の科学に捧げ、金銭も捧げ、さらに大川夫妻の下で何年も働き続けた女性がつぶやく言葉です。

だから宗務[秘書団]から出ると廃人同様になる人、アンチになる人、失踪してしまう人が後をたちません。

夢を抱いて幸福の科学職員になり、誇り高い宗務[秘書団]員になったと思ったら そこで見るのは情けない亭主と人を家畜扱いする鬼畜女房なのですから。

ある宗務[秘書団]局員が辞表を提出しました。

理由は・・・・・「先生方の側にいると尊敬の気持ちがなくなってしまうから。あまりにも普通の家庭です」

普通の家庭・・・美化した言い方です。普通の「善良な家庭」だったら、尊崇の気持ちは失いませんよ。
最初からバイアスがかかっているんですから。そのバイアスも突破する衝撃なんです

普通の家庭ではなく「崩壊家庭」をみせられるんです

宇宙の根本仏、最大 最強 最勝の教えを説く永遠の仏陀、釈尊の生まれ変わりであるエル・カンターレが女房に怒鳴られ、自己責任は回避する情けないオヤジなのですから・・・・


17 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 00:32]

いじめ抜かれ、幸福の科学の前途を憂いた女性職員達が 必死に考えて行き着いた結論があります(もちろん幸福の科学法理論の枠内で)

「きょう子は裏だ」

これも繰り返しましょう
「きょう子は裏だ」

きょう子の著作のバール信仰、超能力信仰、霊能力信仰、性格の悪さ、物欲の強さ、権力欲、金銭欲・・・・・・

どれもこれもまるでレプタリアンを思わせるものばかり

ここに大川の「彼女は文殊ではない」という言葉が重なったとき、マイコンが解けていない人々でも「裏だ!」の結論に到達してしまうのです

私は名無しの9月2日に「大川裏説」を書き込みました。この根源はこの女性職員達の答えにあります。

もちろん裏なる概念は幸福の科学理論のものですから、私自身 今ではそんなことは一笑にふします。

しかしまだ幸福の科学理論で物を考えている方、よく考えてみてくださいね。

以前坊ちゃん[元職員]がまだ幸福の科学に希望を持っていた頃、幸福の科学がおかしいのは「正岡戒心首魁」説 を唱えていらっしゃいました。その正岡氏に指示を与えているのはきょう子です。

アンチなら大川がおかしいと結論付けていますが、まだ幸福の科学と大川に希望は持ちながら「何か変だ」と感じていらっしゃる方。

首魁 責任者はきょう子です。

皆さんは大川はまともだと思っていらしゃるでしょう。了解。その大川が「きょう子がおかしい」と言っているのです。犯人は明確になりました。

幸福の科学をおかしくした主犯はきょう子です。皆さん信仰心がおありでしょう?

ならば大川総裁の望みどおり きょう子を何とかしましょう。エル・カンターレを信仰する者の義務のはずです。

そしてまた立ち止まって考えて頂きたいのです。

そのきょう子を嫁にして、権限を与えたのは誰なのか、と。

その人物こそ、最大の責任を負うべきなのではないか、と


24 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 17:51]

>なぜきょう子が最強アンチに変身したのか?

総裁の弱みを握っているのかもしれない。結婚してみたら詐欺師だったことがわかったとか。

元々の性格もあるのでしょうが、おそらくは「口ほどにない霊能力」がばれたのでしょうね。

ま、詐欺師だったということです。

仏陀だの造物主だのと信じていたらあんなひどいことできませんよ。

繰り返しますが、きょう子の大川攻撃はアンチも たじろぐほどですよ(^^

私もカキコしていてちょっぴり大川に同情したくなりますもの。
でも、詐欺師ですから。自業自得です。
関連記事


D4 大悟館/風呂/脱税

・大悟館の詳細
・大悟館の奇妙な構造
・宗務職員の愚痴
・軽井沢精舎のヒノキ風呂
・公文書の脱税用隠語


19 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 06:17]

>今思うと、大誤館を「白金」に建てさせたのも、単に凶子がシロガネーゼになりたかったから、というのが真相だったりして(w

それは以前からの定説です

大川隆法は、あれほど執着していた都心の一等地のオフィス(紀尾井町)を閉鎖して、白金の高級住宅地の豪邸に引きこもりました。

でも、大川自身の趣味は、そんな高級住宅地よりも、明らかに「都心の一等地のオフィス」にあったのは、彼の数々の言動を考慮すれば一目瞭然なのです。

皆さんのカキコのとおりです。大川は引き篭もりの反動か、旅行をよくします(もちろん大名旅行)

その場所は沖縄やハワイなど、海のある場所が多いのです。「海岸にはヒーリング精霊が多く、癒される」というのがその理由(はて、癒されなくちゃならないほど仕事してたっけ?まあいいや)

JBL氏のご指摘のとおり、大川の興味関心はオフィスにあります。

彼自身の希望は「一等地にオフィス、海の傍の邸宅」だったのです。

「海のそばに住みたいなあ・・・」と洩らしてました

しかしもうおわかりのように、創造主エル・カンターレの意向はことごとく無視されます。

「白金に住みたい!」と騒ぎ始めたんですな、きょう子が。

シロガネーゼをしたかったんですね。

ちなみに白金は「しろかね」と読みます。しろがね、ではありません。

しろがね、と読むとハイソでセレブなきょう子タンに笑われてしまいます(藁)

で、首尾よく間組の寮が空いていたので買い取ることができ、大悟館として完成しました。

マンダムさん、ごらんになられる時は渋谷発 田町行きのバスに乗って、三光坂下で降りてください。

朝日中学校のそば、最高裁職員宿舎の裏です。

電車では地下鉄南北線、都営三田線の「白金高輪」駅下車徒歩10分です。


20 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 06:38]

大悟館
(所在地)東京都港区白金4-6-1

(敷 地)地番
港区白金四丁目
445-1、445-4、451-4、451-5

面積 3591.27㎡(1086.29坪)


(取 得)
平成9年7月16日
 445-1、451-4、451-5

平成10年2月4日
 445-4


(所有者)宗教法人 幸福の科学

(建 物)
構造 鉄筋コンクリート造陸屋根
地下2階 地上4階建

建築 平成12年5月31日新築

1階 1397.10㎡(422.60坪)
2階 1279.16㎡(386.92坪)
3階 1306.20㎡(395.10坪)
4階 1080.99㎡(326.98坪)
地下1階 731.88㎡(221.38坪)
地下2階 1222.79㎡(369.87坪)

延床面積 7018.12㎡(2122.84坪)


(形 状)
おおよそ南北に延長65m、幅14mの4階建があり、その北端から東方向に延長51m、幅11mの4階建が伸びている逆「 L 」型構造。

北側に門扉と2階部分に青銅色のヘルメス像があり、南側に門扉(正門?)と2階部分に金色の釈迦座像がある

(施 設)
法務局の建物図面によると、地下1階が延長30m幅15mの大きさの吹き抜け構造になっているので、地下2階の同位置に「屋内温水プール」があると推定される

(工事費)
「用地取得費」推定約30億円

周辺の実勢地価は坪220万~300万円だが、まとまった一団の土地で価値が高いため、坪300万円で試算し、端数切り捨て。ただし、4~5年前であれば、これよりも1~2割高かった可能性もある

「建築工事費」推定約20億円

通常のマンションの建築単価である「坪約80万円」の2割増しで試算。ただし、内外装の仕様や耐震設計等により、これよりも高い可能性もある

「合計」推定約50億円



[告発]幸福の科学 脱税宮殿大悟館の奇妙な構造
http://trident02.site.voila.fr/index.html#taigokan

23 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 08:36]

大悟館の内部は奇妙奇天烈な構造になってます。動線が2本あるのです。どこへ行くにも。

つまりですね「大川夫妻用の廊下」と「家畜用廊下」が二重に存在してるのです

そしてお互いに全く顔を合わせないまま廊下を行き来するようになっているんです。

そこまで会いたくないか、家畜に

そう書くと信者さんは「波動が・・・・」どうのこうのと書かれると思いますが(苦笑

実はねえ、大悟館の正門の脇に並んでいる家々の中にはやくざの親分の家があるんですよ。大川の大嫌いな唯物論共産党系の建物も大悟館を取り囲むように存在してるんです。

もし幸福の科学波動理論が本当で、大川が波動に敏感な人間ならば とうてい住めるような場所ではないんですよ。

で、それでも住めちゃうってことは幸福の科学波動理論や大川が波動に敏感などは大嘘。
たとえ波動に敏感でも、それより誰かさんの「白金に住みたい」という欲望の方が大きい。

ってことになります。
まあ、いずれにせよ、こういう夫婦を信仰対象にしている信者さんが気の毒です。

>そんな筒抜けな家なの?高級なんでしょ。

きょう子の声がでかいんです。

職員は家畜ですから、聞かれても何とも思わないんですよ・・・・・。

>篭絡するとこまでみてるわけではあるまい。

もっともな疑問ですが、大川がいろいろな所で宗務[秘書団]の女性職員に愚痴っています(爆
行動も見られています(大爆) 聞かれてもいます(核爆)

大川家は、女性が不寝番をするのですが、以前は夫婦の寝室の隣室が詰め所だったのです。あれは女性職員本当に嫌がってました。

「聞きたくないことを聞かねばならない」とね(^^)


[告発]どばっ ぶあっ?あきれた大川隆法専用ヒノキ風呂
http://trident02.site.voila.fr/index.html#furo

45 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 22:34]

宗教施設である軽井沢精舎になぜか存在する特定の個人のための特殊構造のヒノキ風呂

あそこの2階には大川専用のヒノキ風呂があります。

大体において公共施設に準ずる扱いの筈の宗教法人の精舎になぜ特定の個人専用の風呂があるのか、そもそもそれがおかしいのですが(東京国税局の方、あそこは大川一家専用の別荘です)

大川は風呂好きで、常に風呂が沸いてなくてはなりません。

風呂掃除は 夕食時に大川が席をはずした際のわずかな時間、結果的に10分~15分程度の時間で全ての清掃と、お湯張りまでを完了しなくてはなりません。

で、家畜職員はここの改善を設計業者に強く依頼しました。最初の「通常の」設計でシミュレートしたところ、許容時間をオーバーしてしまうのです。

自分達のクビがかかっている家畜職員は必死です(同情)

設計業者はある方法でこれを解決しました。

この風呂の浴槽の排水管だけを独立させました
(つまり洗い場の排水管とも分離させる)

そしてこの排水管は極太の物を使用し、さらに途中のカーブも一切なくし、
栓を開けると直線で地下の汚水タンクに「どばあっ」と流れるようにしたのです。
(設計の方曰く「異例です」)

さらにこの風呂のお湯張りも当然「極太」にして、とんでもない勢いでお湯が「ぶわあっ」と流れるようにしたのです
(設計の方曰く「異例です」)

このヒノキ風呂は「どばあっ」「ぶわあっ」の、他ではお目にかかれない特殊構造となっています。

ここまでやって(つまりそれだけバカみたいに余分なことにお金をかけて)
ようやく家畜さん達は満足しました。よかったですね。(^^)

その他、この精舎の家畜さん達のリクエストによる修正点は「1500箇所」にのぼりました。(設計の方苦笑)その分コストがアップするわけです。

それを誰が負担するのかって?
そりゃ信者さんのお布施と、別荘を「精舎」と偽って税金ごまかして、お金をつくるわけです。

年に数回使うだけのくだらない建物の、くだらない施設に。

東京国税局の皆さん、幸福の科学は本当にどうしようもないですよ。個人の私邸としか使っていない建物、信者にも公表していない建物を「宗教施設」と大嘘ついているんですから。


[告発]幸福の科学脱税 隠語の数々は国税局対策
http://trident02.site.voila.fr/index.html#ingo

47 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 22:44]

東京国税局ならびにその他KKの内部文書を読まれる方への隠語必須知識

ごまかされないようにしてくださいね。

大川・・・数字の「7」で表現します。七方、7(7)、機種依存文字の「まるなな」等、
通常 宗務[秘書団]職員は「ななかた」と発音します。

きょう子・・数字の「8」で表現します。八方、8、(8)、機種依存文字の「まるはち」等、
通常 宗務[秘書団]職員は「はちかた」と発音します。

この辺、文書読んでもあまりにありふれた表現で読み飛ばす可能性も高いし、
幸福の科学職員に尋ねても「部署名です」くらいの返答ですから、注意してください。

なお、大川家子供は、名前のローマ字の頭一字です
関連記事


D5 シロガネーゼ/会員観

・シロガネーゼ
・善川三朗の遺言テーマ
・大川ときょう子の会員観

[告発]大川きょう子夫人 シロガネーゼの顛末
http://trident02.site.voila.fr/index.html#shirokane

21 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 08:35]

きょう子の高級住宅街志向は当然白金が最初ではありません。しばらく五反田のそばの池田山に高級マンションを丸ごと借りて改装して住んでました。この池田山も超高級住宅街です。
近所に先日取り壊された「旧正田邸」があったと言えば他は推して知るべし。

さて、宇都宮逃亡生活に別れを告げ、東京に戻ってくる日がやってきました(98年)。

ただし まだ大悟館は建築中なので、池田山に大川一家は帰ってきました(宇都宮逃亡中もこの池田山の
マンションは借りたままだった)。

宇都宮時代のある木曜日の午後。突然指示が。

「日曜日までに引越しを終えて、月曜日からは子供を白金小学校に通わすぞ」

(住民票を置く白金小学校前のマンションも借りたまま)

はあ?しかも引越し業者を使わずに、だよ(業者は仏宝館内に入れない)あんな大量の荷物を。

あと3日で・・・・
(大川家の引越しは会社の移転と考えればわかりやすい。それだけの量)

「うん、今回はね、急だから まあそうだね、軽い旅行程度の準備でいいよ」

胸をなでおろす女子職員

しかし彼らは忘れていました。この家には主エル・カンターレを凌ぐ力を持つ、恐ろしい鬼婆が住んでいることを・・


22 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 08:36]

家畜職員達の奮闘により、日曜日に引越しは形の上では終わりました。

さて翌日、長男を白金小学校に連れて行こうとしたきょう子タン。校長先生に会いに行こうとしたんですね、颯爽と、ハイソでセレブな服を着て・・・・・

あれ?家畜の着せた長男の服・・・・・・・

「ちょっと、何それ?それ普段着じゃない。他の服に変えなさい」

血の気の引く女性職員達

大川に「軽い旅行程度」と言われ、そのつもりでいたんですね。

馬鹿みたいに多い着数の服は、広大なスペースのあった宇都宮だからこそ、であり いくら丸ごと借りてると言っても東京のマンションには限界がある。入りきらないから宇都宮に置いてきたものもかなりある。その中にきょう子タンがこの朝着せようとしたシロガネーゼのハイソでセレブな服があったんです。女子職員は学校で通常着る普段着(といっても やっぱり高級だよ)を中心に持ってきたんだな・・・・・。当然の選択だが・・・・・・

それに大川も「軽い旅行程度でいい」とはっきり言ったのだが・・・・・・。
エル・カンターレを凌ぐ力を持つ鬼婆には通用しない

「ふざけるな!!!お前達は!!!(以下、略)」

この日からまたもや家畜受難の日々が始まりました。例によって責任を取らされ、左遷される家畜達。

毎日荒れ狂うきょう子鬼婆。蟹工船の世界か、ここは(涙

しばらく後、宗務[秘書団]本部長木村氏はこのように総括します。

「あの引越しは失敗でありました」

おいおい、いきなり3日で業者使わず引越しなんて無茶を言い出したのは大川達だよ。それに「あまり荷物持たなくていい」とも大川は はっきり言ってる。

だのに きょう子には通用しない。左遷組続出。

大体「長男を白金小学校に通わせるための初日の服が気にいらなかった」と言って数週間にわたって大暴れして職員を左遷しまくる「宗教家」って、何なんでしょう?

本当に宗教家なんですか?

人徳の片鱗もないやん。こんな香具師が「人類の母 9次元霊[※仏陀・キリストなど]にもうすぐなる初の女性」を気取ってるんですから・・・・

幸福の科学なんて そんなものなんですな・・・・・

で、こういう鬼婆を嫁にして権限持たせて、押さえられない駄目亭主兼自称造物主、9次元霊エル・カンターレ・・・・。口にするだけ虚しい。


[告発]大川隆法 実父の遺言は「嫁にひとこといいたい」
http://trident02.site.voila.fr/index.html#yuigon

18 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 06:16]

故善川顧問[※大川の実父]が昨年初めに 十数年ぶりに東京を訪れ、孫と会われました。これに先立って 幸福の科学職員が四国で善川顧問に聞き取りを行いました。

何でも自由にお話下さい、と。おそらく顧問の生前最後の聞き取りになることはご自身よくわかっていたはずです。

顧問は何を話し始めたと思いますか?世界伝道の夢?幸福の科学国教化について?エル・カンターレ信仰の真髄について?どれも違います。

この文章は以下の一文から始まる内容でした。

「嫁に一言 言いたい。」

人生最後の講話がこのテーマでした。



26 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 17:52]
>大川と きょう子の会員観です。彼らは実際のところ会員のひとたちをどういう目で見ているのでしょう


大川ときょう子の会員観

きょう子
職員を「飼っている」と発言しているところから会員に関しても似たりよったりの認識ではないかと思いますが、彼女が会員に関して発言することはほとんどありません。基本的には関心がないと感じます。

大川
関谷氏本などの証言では「ひっかける」という言葉を多用しているようです。

ただ、悲しいかな、彼も会員さんに関してほとんど発言していないんです。

日々の指示書も「支部の目標」だの「今後の収益」だの、そればかりで会員さんに触れたものがあまりないのですよ。ですので「会員観は不明、おそらく関心が無い模様。きょう子よりはマシかも」程度でしょうか。

とにかくこの二人、信者さんに関しての発言があまりにも少ないのです。本当に宗教家なのか、と感じてしまいます。無関心、が結論でしょうかね。

>信者の実数がどのくらいかも、ご存知でしたらお教えください。
概算は過去に何度か出ていますが、何しろ推測の域を超えないものですから。

これ、私が名無しで書いてきたテーマです。
信者総数(幽霊信者含む)は約10万名。

うち幸福の科学は精舎に通ったことのある信者を「実質信者」と定義しておりまして
この実質信者数は約2万名です。

なお信者総数1000万名は大本営発表ですので信じないで下さい(爆
関連記事


大川隆法は6次元下段階の霊仙人だそうです

 
ふと思いついたので
気軽に大川の悟りをあれこれしてみようと思う

大川「ちょー 私が人間様に裁かれるなんて顔から火が出るほどハラが立つ!」(2009選挙演説)

「うるさいな あんたの霊言の時間はもう終わったの また遊んでやるから 黙って聞いてなさい」

*その前に霊界次元構造そのものが本来の霊的世界の姿ではないと私は勝手に思ってるんですが ここでは仮に高橋信次の霊界次元説に沿って話をいたします

*あっ何度も言うけど 大川のは単にGLAの本からパクっただけなんで 大川自身も霊能力で見たわけじゃないんです

隣に居る人の心の中すら見えない人なんですから

*大川隆法はですね 小さい頃から霊現象に興味があって 世の中のことを全部 霊的に説明して喜んでいました

自分にとって何か不快なことがあると「こいつはアクマの仕業だな」と言うのが口癖でした(たぶん)

大川の霊的使命は単に「三次元の箱庭からの脱出を促す」というテーマだったんですね あのひとの人生は‥

元々は6次元の下段階から来た霊仙人です

『太陽の法』新版で高橋信次のことをそんなふうに言ってましたが 大川さん自身のことだったんですね

でも今回も 自らの悟りを偽ってしまったので また一千億年の孤独ですね 寂しがり屋さんが ひとりで大丈夫かな?

ん?過去世妻?
それは あんたが勝手に名付けて愛人にしたんでしょうが

あの子たちは あんたのカルマを背負って大変だったんだから ちゃんと天国に行きます†

あんたは独りで反省してきなさい

大川「おのれ〆アクマめ ライト クロス ライ‥」

イエス《アクマの名を呼ぶ者だけが その者を呼び寄せることができる》

わぁ♪イエスさまだ

そうなんです 大川は しょっちゅう そんな話をして 信者まで「差別思想で何がわるいの?」とか言ってます

どうしたら良いでしょうか?

イエス《おぉソフィじゃないか久しぶりじゃのう みんなで偽神封印を頑張っておるのう いつも私は みんなの傍に居るからね 思ったとうりやりなさい》

ほわほわ~
気持ちよかー*∂


幸福の科学が困ることをひたすら書きこむブログ-きれい α19.jpg

ブログ村
関連記事


D6 きょう子の人事

・きょう子の人事1
・きょう子の人事2
・後継者問題
・きょう子の理事長人事


[告発]やりたい放題 大川きょう子夫人の人事1
http://trident02.site.voila.fr/index.html#jinji1

27 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 18:02]

「きょう子の滅茶苦茶な指示を実行できなくて左遷された人事局職員実例」

これは明らかに大川の同意の下、なのですが・・・長女の家庭教師要員ということで、出た指示が「私立桜蔭中・高卒で塾の四谷大塚に通っていた人物(できれば現役大学生)を 探して職員にして長女の家庭教師にしろ」

はあ?はあ?
担当者は職員E氏。
もし「桜陰中」で、わからない方がいらっしゃれば、私立女子中・高の最高峰で東大合格者が女子高でダントツ1番の学校、ということです。

たった2万人の実質信者で、そんな条件に該当する人、いません。

幽霊信者も含めて、 せめて桜蔭出身者がいれば・・・・いません。

E氏は必死に探すのですが・・・・いるわけありません。
1年頑張って・・・・1年で新しくそんな人でてくるわけありません。
上司は当然E氏に責任を全て押し付けました。

E氏は涙と共に左遷されていきました。

幸福の科学で浮上することはもうないでしょう。お気の毒です。
(でも、これがきっかけで新たな人生を歩んで欲しい。幸福の科学に見切りをつけて。)


28 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 18:04]

職員の嘘、と言えば「美容師」の方々で記憶のある方いらっしゃいますかね・・・

数年前、突然本部肝いりで「これからは美について我々も認識を新たにし・・・・・」「美は大切です・・・・」だの、「で、美容師の方々とそのご子息の方々・・・・・」なんて、美容師関連の方々に本部(特に人事局)の人間がアプローチをしてたことがありました

(あまり地方の方は関係ないのですが・・・・・)
女性や美を大切にする幸福の科学になったのかな・・・・それは良かった・・・・と思われた女性の方、あそこで職員が語っていたことは皆 大嘘です。

きょう子が次々に専任美容師をクビにするので、美容師のスペアが不足したんです。

ただ、それだけ。

それで全国の「次のきょう子専任美容師 青田刈り」をやってただけ。どうせ宗務[秘書団]に雇ってもすぐにクビになるのは承知のうえで、ね。

「これからは美が大切です」「美の時代です」なんて幸福の科学職員が かけらも思ってるわけないじゃないですか。踊らされる信者の皆さんが気の毒です。職員の話って、このように一見善意に見えることまで片っ端から嘘ですからね。



[告発]やりたい放題 大川きょう子夫人の人事2
http://trident02.site.voila.fr/index.html#jinji2

38 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 20:08]

きょう子によってどのように家畜職員はクビになるのか その一例

T女性支部長。娘さんも幸福の科学職員。
T女性支部長の最終赴任地は確か東京の世田谷支部でした(違ったら謝りますが東京であることは確実)
数年前、この方がある日突然強制還俗(クビ)になりました。文字通り、ある日突然です。異動ではありません。クビ。周囲の方々は不思議に思われたでしょう。朝まで元気でいた支部長が本部に呼ばれて二度と支部に来なくなったのですから。理由を書きましょう。

あの日の朝、きょう子が支部長一覧に目を通しながら一言、言いました。

「東京に女性支部長が多すぎるんじゃない?」

文字通り、その一言。
人事局は急遽生贄を誰にするか、考えました。ターゲット、ロックオン。Tさん。Tさんはその日のうちに総合本部人事局に呼び出され

「今日でクビ。明日から絶対に出勤しないように」

と言い渡されました。解雇理由は適当にでっちあげるわけです。


39 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 20:10]

Tさんに何か解雇理由があったわけではなく、きょう子の一言だけです。
人事局がなぜそれほどまでに急ぐのか?答えは簡単。もしきょう子が そのように言って、翌日「あら、東京の女性支部長の数は変わっていないのね」などと言ったものなら、今度は人事局の誰かが責任を問われて左遷されます。

大川夫妻へのデイリーの報告は朝食時と夕食時に上がります。

朝食時の一言にきちんと人事局が反応して夕食時に「東京の女性支部長を減らしました!」と報告できれば、きょう子の覚え目出度くなるわけですね。

なんたって、幸福の科学の人事はきょう子が握っていますから、彼女に不快に思われたら職を失うことは人事局が最もよく知っています。

ちなみに何故幸福の科学職員、特に高位になればなるほど職にしがみつくのかと申しますと・・・・・。もちろん不況で再就職先が無いことが大きいのですが・・・・

40歳未満の幸福の科学職員の平均給与は日本の企業の同年齢平均より低いのです。これは信者の皆さんよくわかっていらしゃるでしょう。支部の貧乏家畜、いえ、職員の姿は誰もが知っています。

ところが40歳以上の幸福の科学職員の平均給与は日本の企業平均より高いのです。
幹部は結構おいしいのです。 この不況時、これはやめられませんな・・・・。

「問題があるのはわかるが、おとなしく職員やってよう。そうすれば家族も食べていけるし・・・・・」と言うのが職員の本音。

で、当然
飼育係きょう子には唯々諾々と従い、失敗の責任を押し付ける生贄を探して歩くわけです。


40 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 21:14]

ご指摘の通りです。きょう子は元々きつい性格ですが、かなり早い時点で大川の「霊能力」なるものがインチキ、少なくとも口ほどでもなく、仏陀ではない、と気付いたようで、それから旦那いじめに拍車がかかったようです。仏陀と信じてればあんな態度絶対にとれません。

ではなぜそこにいるのか?

院政するため、です。

自分が院政するためにも幸福の科学には潰れてほしくないんです。

そのためには「駄目亭主」を「エル・カンターレ」「仏陀」と言い続けなきゃならないんです。


42 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 21:24]

いよいよ後継者問題が出ましたね(^^)

そう、初期の頃は「天台智??の生まれ変わり」である次男を後継者にすると大川言ってましたよね。
だから皆さんそう思われています。

ところが96年~97年頃の大川直々の指示書では長男を後継者にして、次男を銀行勤めの後、法理論と経理系担当の補佐、三男を商社勤めの後、活動推進系の補佐にする、という形に変更されています。

長男 エロス 荘子 西行法師 デカルト
次男 天台智ぎ 木戸孝允
三男 アテナ マリア=テレジア 
長女 初期には光明皇后とのことだったが現在は修正されて千姫
(外部には知らされていない)
次女 ヤマトタケルノミコト 韓信 山県有朋
だったかと思いますが・・・・
本当にどうでもいいことなのでうろ覚え。訂正あったらお願いします。

なんで次男から長男になったのか?(以下推論)

2009年ってのは長男20歳の年なんですよ(事実)

成人はしたけども、いくらなんでも若すぎる。大学生ですしね(おそらく確定の未来)

きょう子が長男好きなんですよ(事実)

アフロディーテの子はエロスだったでしょ(幸福の科学妄想では、きょう子の子供を、長男は昔もしていたことになる。いわゆる「縁が深い」)

好きな長男に後を継がせるように夫に要求し、なおかつ20歳でってことは・・・・・きょう子の院政狙い、ですかね(推論)

あくまで推論だけど、これまた うまく説明できてしまうんですよ

次男の成長待ってると5年院政が遅れるんです・・・・・・・・・

きょう子が一番好きな長男に後を継がせたい。きょう子が院政したい。

大川は早く引退して「皆と一緒に楽しく暮らしたい」

この3つの思いが重なると

「2009年 長男(実質きょう子)にバトンタッチ」となるわけですね。

で、幸福の科学的に めでたし めでたしなのかというとそうでもない

愚痴の隆ちゃんは職員F氏に1997年に愚痴ってます

「やっぱり長男より次男の方が後継者としてはいいと思うのだが・・・・・・」

こらこら、隆ちゃん、君の名前で出た文書だよ!

じゃあ、あの文書は誰の意向なのさ?(実は皆知っている)


[告発]大川きょう子夫人 旦那を差し置いて理事会支配
http://trident02.site.voila.fr/index.html#insei

48 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 22:46]

きょう子の院政は実質的に始まってますよ

元々鬼嫁で、幸福の科学の事実上の支配者であることは既述しました。
ですが、今までは「大川の衣を借りた」支配だったわけです。

大川は月に1~2回、総合本部に顔を出します(この回数の少なさも信じられませんが)

ここにきょう子が当然付いて行き、理事会で「ああしろ こうしろ」と指示を出しまくるわけです。

大川は大抵黙っています。

それらの指示は全て 結局支部レベルでは「総裁先生の指示」と勝手に解釈されます。
実は鬼嫁の勝手なほざきなのですが(もっとも大川が指示出しをしてよくなるとは思えませんが)

この基本パターンが昨年[※2002年]頃から崩れ始めました。

きょう子が単独で総合本部に乗り込んで、理事長、理事会に指示を出し始めたのです。

今までも電話ではあったのですが、大川無しの単独乗り込みはさすがに異例です。
ですので、支部職員、信者の皆さん、皆さんが「総裁の指示」と思っているものは現在はほとんど「鬼嫁 きょう子」の指示です。

大川はもう、嫁にこの程度でしか扱われてしません。
関連記事


D7 霊感商法/宗教ビジネス

・霊感商法の経緯
・大名旅行
・宗教ビジネスは儲かる
・仏敵 小澤氏に給与10万・大川フライデー逃亡生活


[告発]幸福の科学 霊感商法連発の経緯
http://trident02.site.voila.fr/index.html#reikan

25 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 17:51]
>ディープスロートさんに質問させてください。
私はもう10年も前に退会した者ですが、最近のkkを見てるとすごくお金のかかる祈願やら品物やらが多いのですが、そうなった経緯について
もっともなご質問だと思います。

高額化の経緯
これはお答えするのに適任者がいるのですが、マイコンが解けてない人々ばかりなので・・・・

高額商品第1号は異論もあるでしょうが 92年春に出た初代本尊でしょう(100万円)

前年のフライデー事件で、幸福の科学は銀行の融資を止められ、大量の退会者を出し、財政的に幸福の科学は危機的状況となりました

某職員の表現を借りれば「下血状態」でした。
この状態打開のために様々な手を幸福の科学は打ちます。信者からお金も借りました。この辺が既述の「お布施返還訴訟」につながるのですが。

この頃、様々な策の一環として「大川講演会50巻ビデオ」が出ます。これも高額[※50万円]だったのですが・・・・・

幸福の科学の財政改善には何ら資することはありませんでした。何故か?大赤字だったからです。数億円。

ノルマを課して無茶な押し付け営業をやってしまい、支払い能力の無い人にまで次々にローンを組ませ、支払い不能者続出という状態になってしまいました。

この失敗に懲りて幸福の科学はビデオ発刊をあまりしなくなりました。

ここで起死回生の一発が「御本尊」(大川の写真)でした

100万円

これの大量販売のために
「霊的奇跡がおきた!!」という話が数多く流布されました。

で、これが結構な成功を収めたようで、味をしめた幸福の科学はご利益信仰へ大きく流れていきました。

あとの歴史は霊能ご利益カルトの王道を進むことになります。

次々に「ご利益」が強調され、多数の研修、祈願(70種以上と言われる)、三代目本尊、1000万円植福菩薩[1000万円を布施すると悟りを拓いた菩薩と認証される]・・・・等々

一度基準を緩めるとダムの決壊の如く高額商品を乱発するように なりました。


[告発]添乗員に大川隆法「宗教ビジネスはいかに儲かるか」と自慢たらたら
http://trident02.site.voila.fr/index.html#ryokou

34 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 20:03]

>信者から集めたお金で、世界中を旅行しまくったり

大川夫妻はよく旅行をします。

ところが、ここにも悲劇の種が・・・・・
きょう子が職員を家畜扱いすると、その態度が下にも伝染し・・・・
職員が旅行代理店の人を奴隷扱いするんですよ・・・・

旅行プランを頻繁にたてさせるのですが、職員が夫妻に気に入られようとするあまり、旅行代理店にじゃんじゃん電話をし(それも複数の職員が同時多発的に)「これはどうなってる」「これについて調べろ」を連発、旅行代理店担当者を単なる「調査屋」にするんです。

それで旅行代理店側が儲かればいいのですが・・・・
あの夫妻は・・・・・特にきょう子はきまぐれだから・・・

旅行プランを次々にキャンセルするんです。次から次へと・・・・

あまりのキャンセルの多さに旅行代理店の幸福の科学担当者は左遷されてしまいました。
次の担当者も同様に奴隷扱いしようとしたところ、「うちは慈善事業ではありません」とぴしゃりと撥ね付けられてしまいました。

こうして、左遷された方の恨みと、旅行代理店に「幸福の科学はまともではない」という嘲笑を受け、世界伝道の夢は今日も無残に砕け散っていくのでありました・・・・・

なお、これと同様の「こき使った挙句キャンセル続出」を「不動産業者」に対しても行い、不動産業界でも評判を悪化させております、幸福の科学は。
世界伝道の前にさ、周囲の方々を幸福にして、尊敬されようよ。

自分達が原因で左遷者を出すなんて恥ずかしくないか、宗教団体として。


35 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 20:04]

以前

大川夫妻が欧州旅行をした際の添乗員が、後日友人に誘われ付き合い三帰をしたが、この方の証言によると

旅行中、大川は周囲に「宗教ビジネスがいかに儲かるか」という話ばかりをしていた。

この方は付き合い三帰をしたにはしたが「本では良いこと書いてるが、あの話を聞いてると、どうしても彼が仏陀とは思えない」と言っている。

という投稿がありましたが、あれは名無し時代の私です(^^;

大川って、実像はアンチが主張するとおりの俗物ですよ


[告発]幸福の科学10年続く『仏敵』への謎の給与支払
http://trident02.site.voila.fr/index.html#ozawa

36 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 20:06]

kk信者の皆さんにとって「仏敵」「破門」って、どんな位置づけですか?
まあ「堕地獄」「悪魔にとりつかれた」ということでしょうかね。

でも、実際は既述のとおり「原さんはまともだった」の大川の言葉があります。
まとも、と教祖が認識している人物を「破門者」としてしまいます。

ま、きょう子の恣意的なものですね。大川はそれを止めようとしない。

はっきり言えば仏敵、破門とはいいかげんな物なんです。
幸福の科学では。

別に霊的にどうのこうのなんてのは関係ありません。

証拠があります。

仏敵に認定された小澤氏に毎月17万円の給料を払い続けているんです。幸福の科学職員として。

宗教法人の長たる者は、非課税の特典を公共の利益に供与するために一時的に与えられているだけであって、他の非営利事業である福祉法人とかと同じく、私財を蓄えたり、税を逃れたりする目的でこれを利用した場合は、違法であり脱税です。

すなわち、宗教法人の認可を文部科学省から取り消されるケースも大いにありえます。

脱税とか私財を蓄える目的で職員に対して「退会後の守秘義務」を誓約書に書かせるのは違法です。


37 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 20:06]

以前の大有名職員、小澤氏(総合本部長など歴任)は如何なる理由か不明ですが仏敵と認定されました。説明を受けなかった支部もあるとは思いますが
「仏敵です」と説明された支部もあります。

要するに用語はともかく
「幸福の科学的にとんでもない悪人」と認定されたわけです。宇宙の創造主エル・カンターレ、9次元霊、再誕の仏陀に歯向かった大悪人、のはずですが・・・・

彼は幸福の科学職員として登録があり、17万円の給料が毎月振り込まれています。
給与はごまかしようがないですからね。嘘つけません。

支払いの条件は
「毎月幸福の科学法理論論文を書いて郵送し、種村氏や高橋氏のチェックを受けること」

おいおい、そのチェックする人間もとっくにクビになったぞ(藁

小澤氏あての給料振込みをKKがしても、改宗した彼が受け取るのでしょうか?
確か「親分はイエスさま」と言う映画で有名なった韓国系のプロテスタント教会に入信されたはずですが。在日韓国人とか風俗関係が多いユニークな所です。
これは「温情のお金」ではありません。歴代の職員上層部で、この給与支払いを何とか止めようと画策した人もいましたが、できませんでした。

この秘密を知っている人間はごくわずか。給与袋も通常は氏名は印刷ですが彼のは手書きですからね。ひたすらばれないように関係者を限定しているわけです。

小澤氏が去ってから延々これが続いていました。ここ数ヶ月で止められか、否かはわかりませんが、10年近い謎の給与支払いです。

これ、はっきり言って、大川夫妻の指示が無ければ絶対にできないことですからね。

絶対に不可能です。下が勝手にできることではありません。



[告発]情けない大川隆法のフライデー事件・逃亡生活
http://trident02.site.voila.fr/index.html#toubou

49 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 22:47]

フライデー事件の時ですね

大川はあの時、ビデオで全国の信者に決起を呼びかけ、後で「あれは会員が勝手にやったこと」と信者に責任を押し付けました。

当然、反作用として大川家にはマスコミが押し寄せました。
[※この集団偽証の指示(違法)が証拠になり、講談社に逆転敗訴]

で、自分が煽ったにもかかわらず、途中から怖くなったのか、家へ帰らず、各地を転々と逃亡しはじめたのです。自分で煽っておきながら、情けない男です。

で、しばらく、荻窪の職員寮に住んでいました。

何も持たず逃げ出したので身の回りのものは全て職員が購入しました(ほとんど職員自腹)

あのさ、隆ちゃん、男なら、自分で始めたことの責任は自分でとろうよ。
何で、自分の家逃げ出すの?

まあ、この辺がトラウマで、大悟館だの軽井沢精舎だのの要塞をつくりはじめたのかなあ・・・・きょう子の贅沢三昧希望と隆ちゃんのトラウマの合体があの宮殿群ですかねえ・・

責任から逃げることしか考えていないから、鬼嫁にやりたい放題されるんだよ。
もっともその嫁を貰ったのもやっぱり自分の責任ですがね(核爆
関連記事


D8 梶谷事件の証拠湮滅

[告発]証拠隠滅失敗 職員パンティ連続強奪事件 挙げ句の果てに「警察の横暴」
http://trident02.site.voila.fr/index.html#inmetsu

51 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 23:10]

梶ヶ谷パンツ事件の証拠隠滅失敗(涙

これについてはやはりマスコミで報道されている通りです。彼は大川の運転手、いわゆる宗務[秘書団]職員でした。

事実関係についても報道されている通りで、今のところ付け加えることはないのですが・・・・・・。

一点。幸福の科学側が証拠隠滅をしようとして警察にばれた話。

梶ヶ谷逮捕が避けられない情勢になった時、彼は五反田近辺の宗務[秘書団]職員寮に住んでいたのですが
幸福の科学はこれを隠して鶴見の一般職員寮の居住者にしたてあげようとしたのです。

(つまり宗務[秘書団]ではなく、どこか他部署の職員に偽装させたかった)

幸福の科学本部から宗務[秘書団]に連絡が・・・・・

「梶ヶ谷さんの荷物をすぐに全部鶴見に運んで!」

「はい・・・何でですか? 」

ここで責任逃避の習癖がこびりついている幸福の科学本部は・・・・やはりいつものように・・・・
梶ヶ谷逮捕が迫っていることを何も伝えなかったのです。自分が指示を出した事が後でばれて、責任を取らされるのを回避したのでしょうね・・・・

理由がわからなければ誰でもチンタラ仕事する。荷物搬出をしているとそこへ警察が飛んできて・・・・・・

「何してる!!証拠隠滅を図るとは!!!!!!」

末端家畜は一時拘束されてしまいました(さすがにすぐ放免)

しかし情けないよな、宇宙一の教えの団体が「パンツ強奪犯は鶴見寮です。大川の運転手だったなんて嘘です」と言おうとしてたのだから・・・・・・

そんなものでして、幸福の科学は

1必ず嘘をつこう、騙そうとする
2末端がへますれば とかげのしっぽきり
いつものことですが・・・・(苦笑)

これに関連して、実はその後もう一名の幸福の科学総合本部男性職員が山手線内での痴漢行為容疑で逮捕されています。リバティが「痴漢冤罪」に関して書いたことがあったかと思いますがこの直後だったかと(違ったらスマソ)
ただ、彼に関しては本当に冤罪の可能性があるのでさすがにこれについてはこれ以上書くのを控えます。マスコミでも報道されていません。

[※職員パンティ強奪事件について当時の月刊『リバティ』(幸福の科学出版)は「警察権力の横暴。宗教弾圧」という論陣を展開した]

52 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 23:12]

週刊新潮「2000年9月7日号」の転載

◎女性パンツ脱がせて奪う「幸福の科学」職員の変態不幸
若い女性を襲っては、下着を脱がせて奪い去る変態男。捕らまえてみればナンと「幸福の科学」の職員だった。
これまで集めた”戦利品”は100点にも上るというが、彼を駆り立てたものはいったいなんだったのか。
(以上ゴチック体)

 この”着用中パンティー連続強奪事件”は、今年の一月末から始まった。
「犯行現場は、東京都内、JR五反田や目黒駅に近い住宅地です。
狙われたのはいずれもミニスカートがよく似合う、モデルのようにスリムな
女性ばかりでした」と全国紙の社会部記者。

「手口はいつも同じ。好みのタイプの女性に遭遇すると、その後を尾行。スキを窺って背後から忍び寄り、
いきなり押し倒す。片手で女性の口を押さえ、もう一方の手で股間をまさぐるのです。
強く抵抗されると、パンティだけ剥ぎ取って逃げたそうですよ。」

ようやく犯人逮捕に至ったのが8月19日の未明。外出先からマンション2階の自室に戻った主婦(27)が、
1階から「財布を落としましたよ」と声がするのを聞き、下りた途端に背後から襲われた。

「”俺は彼女がいないんだ。大人しくしていろ。パンティだけでいいから”と脅された。主婦は110番通報。
直ちに緊急配備を敷いた警察が、”目の大きいハンサムな顔立ち”という犯人像そのままの男を発見。
女性用パンティ3枚を隠し持っていたためその場で逮捕しました」(捜査関係者)

男は梶ヶ谷学(34)。警視庁によれば、被害に遭った女性はわかっているだけでも45人にもなるという。

「その日の午後、梶ヶ谷が住む東五反田にある”幸福の科学”の職員寮に家宅捜索を行ったところ、彼の部屋から女性のパンティのほかに、パンストや靴下などが出るわ出るわ、計100枚。あまりのことに10名強の捜査員からどよめきの声が上がったほど。ブラジャーはなく、9割以上がパンティーでした」(別の捜査関係者)
かつて経験したことのない妖しい匂いが部屋に立ちこめていただろう。

◎大川総裁の運転手?

「あの人は色白で端正、上品な印象で、とてもそんないやらしいことなどしそうにない二枚目でしたけれどねぇ」
こう驚きを隠さないのは、梶ヶ谷容疑者が住んでいた寮の近くに住む主婦である。

「大川隆法さんでしたっけ、総裁とか仰るあの方の運転手をされていたようで、小学校に通う2人の子供の送り迎えをしているところもよく見かけました。目が合えば必ず黙礼を返す律儀な人でしたよ」

一方、近所の女子大生は、「幸福の科学の寮には、20代の若い男女が20人ほど住んでましたが、寮といっても一戸建ての共同生活。大量の下着が男の部屋にあったのを、他の職員が知らなかったわけがないでしょ?もう、想像するだけで鳥肌が立ちますッ」

梶ヶ谷容疑者は埼玉県生まれで、高校卒業後は父親が営む理髪用ハサミの卸会社に勤務し、平成8年春には結婚して女の子も恵まれた。が、2年ほど前に妻子と別居。現在は離婚調停中だという。

幸福の科学の運転手として雇われたのが昨年10月のこと。

「娘と別居してから、ずっと音信普通でしたけど、まさかあんな事件を起こすとは」と、言葉少なに語るのは、梶ヶ谷の妻の実母である。
「彼の実家は天理教の集会所なんです。ご両親も信心深い立派な方。3人の息子さんのうち、末っ子の学さんと次男さんが天理教を抜けて幸福の科学へ走ったそうです。娘は宗教に無関心で、それに付いていけませんでした」

信仰厚い家庭環境で育った男が、なぜかくもハレンチなマネをしでかしたのか。

「米国では、清教徒の子供に性犯罪者が多いとも言われています。性に対して抑圧的な環境から性犯罪者が生まれるケースは多いのです」と語るのは、心理学が専門の福島章上智大学教授。

「容疑者はフェティシズムとサディズムが混在した性倒錯者で、女性を征服し、戦利品を勝ちえたことで興奮と満足を覚える。通常の性交渉に満足できずに、偏執的な行動へと及ぶそんな彼らも、普段の生活は以外に健常なのです」

性倒錯者の”幸福の科学”は面妖極まりない。

(注)「パンティ強奪犯が住んでいた寮と幸福の科学の豪華寮」という説明書で、鉄筋2階建風の建物と大悟館と大川氏の写真が掲載されている。

54 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 23:46]

ディープスロート ◆KUPLqdG6uM
警告します。

幸福の科学関係者がおかしな行動を取った場合、(この場合のおかしな行動とは、私達の関係者の個人情報の掲示を含む)

大川にとっての致命的事実を全マスコミに公表します。ログも含めて、全てを全マスコミに公表します。
この件に関しては全て実名でいきます。

なお、幸福の科学関係者というのは幸福の科学職員と幸福の科学信者のことです。
幸福の科学信者の行動も幸福の科学職員の行動も同一のものとみなします。
関連記事


D9 NHK料金の踏み倒し

[告発]幸福の科学NHK受信料不払、信者だった集金人を「信仰がない」と罵倒
http://trident02.site.voila.fr/index.html#nhk

29 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 18:04]

「大悟館と幸福の科学総合本部はNHK受信料をごまかしているんだよ の巻」

大悟館内部には多数のテレビが存在しています。子供用の各部屋、夫婦用、
家族部屋、職員用・・・・2台しかないと言い張り、2台分しか払っていません。
個人の邸宅ならば1家庭1台分でいいのですが、幸福の科学はあそこを法人所有と主張しています。
法人所有ならば受信料は受像機の台数分払わなくてはいけないのです。
さらに悪質なのは幸福の科学総合本部。最近まで「無い」と言い張り、全く支払っていませんでした。
ところが、ここはご存知の方も多いと思いますが、昔から広報局に多数の受像機があり、各局の全てのテレビ番組を録画しているのです。もちろん、他の部屋にも受像機はあります。
全て嘘を言い続けて、ごまかしていたのです。

しかし悪事は必ず露見します。

一体如何なる偶然か、総合本部のエリアのNHK集金係に「総合本部に多数の受像機があることを知っている」幸福の科学信者がなったのです。

仮に信者Bさんとしておきます。この方、五反田の戸越に総合本部があったころ、こちらに出入りしていました。そしてそこの広報局に多数のテレビがあることを見ていたのです。と、いうかそんなことは皆の常識でした。そして現在の総合本部の上にも巨大受信設備があることを目視で確認しました。プロが見ると何台位あるか、設備をみればわかるそうです。
ところが・・・・手元の資料では「戸越時代から未納」・・・・
「そうか、皆怖がって近寄らなかったのか。」
熱烈信者Bさんは楽天的に解釈し、総合本部へ向かいました。


30 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 18:13]

総合本部でBさんは1階受付で身分を名乗り、支払いを求めました。
総務部の職員がやってきました。当然支払って頂けるものと思っていたところ・・・・・

「ここにテレビはありません。」

は?は?

「ここにテレビはありません。お引取り下さい。」

Bさん、プロの血が騒ぎます。Bさんは幸福の科学信者であると自己紹介し、戸越時代から多数のテレビが広報局にあるのを知っている、その未納分の支払いもある、ないはずはない、設備もあるではないか、と食い下がります。

総務部職員はうろたえます。

結局いつもこのパターンで逃れていたのが初めて食い下がる人間がやってきた、しかも幸福の科学信者。全て知ってる人。

押し問答が続いた末、
「来週またおこし下さい」となりました。


31 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 18:15]

Bさんは不承不承従いました。まともな企業、団体で「1週間後にまた来い」などと言う所はないそうです。

一流企業はきちんと支払う。小さくても社員が親切な企業は社員が社内を走って受像機を数えるそうです。
だいたい、まともな企業は公共料金未払いをしない。それは恥ずかしいことだと認識してるから。
公共料金をごまかす所は経営が危ないか、トップがまともではないところ。

まして宗教法人。まして再誕の仏陀、主エル・カンターレが主催する幸福の科学でそんな世間解[※社会常識]を逸脱したことがおきるとは・・・・Bさんは納得いきませんでしたが まあ来週にはもらえるだろうと、やはり楽観し、次の週を迎えました。

Bさんが本部へ行くとそこには総務部のドクター酒井(大川の主治医)と小田部長が待ち構えていました(酒井は坂井だったかも)。
大川の主治医が何で総務にいるかと言うと、あそこは「第2宗務[秘書団]」なんです。

人事異動は幸福の科学は頻繁ですが、特殊技能を持った職員が宗務[秘書団]外に出ても
すぐに呼び戻されることが多く、支部にいちいち出していられない。
また、単発で呼ばれることも多い。だから主治医や床屋さん職員は宗務[秘書団]でなければ総務にいることが多いんです。だから軽井沢精舎の暇な時期の管理は総務がやってたりします。

主にドクターがBさんと話しました。(以下、ドクターをDと略)
ところがD氏は「ここにはない」を繰り返すばかり。
Bさんが経緯と、全てを知っている旨を話し支払いを求めます。

「あなた本当に会員ですか?」

Bさん絶句。

そしてD氏の攻撃は続きます。


32 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 18:16]

D氏のBさん攻撃論点の主なものは以下の通り。

「ここにはテレビはない。」
「あなたが幸福の科学信者とは思えない。」

「あなたが見た「広報局のテレビ」とやらは おそらく10年以上前のもので今は存在しない」

(これは大嘘。この出来事は2000年のことで幸福の科学本部は移転してまもなくのこと。Bさんは熱烈だったので最後の最後まで戸越に出入りして内部を知っていた。Bさんは月刊誌に載る位の熱烈信者だったのですよ・・・)

Bさんがテレビの存在を主張し、その未払いもあることを言うと「あなたが見間違えた可能性もある」

Bさんがそんなことはないと主張すると

「あなたは信仰心が本当にあるのですか?活動で知りえた情報を仕事に使っていいのですか?」

Bさんは法律に従って公共料金を徴収しに行っただけだよ・・・・
ついに伝家の宝刀、D氏はBさんに対して「信仰心が無い」攻撃を始めました。 何を言っても結局「信仰心が無い」と言い返されます。

Bさんは必死で食い下がり、公共料金を支払って頂きたいだけだと主張するのですがD氏は「信仰活動で知りえた情報を仕事に使うあなたは信仰心が無い」で終わらせてしまいます。

Bさんが疲れ果てていると小田部長が切り出します。

「とりあえず、未払い云々は無しで、今期から1台分支払いだけ、ということでご納得頂けますか?」

疲労困憊したBさんは承諾します。


33 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 18:16]

こうして幸福の科学総合本部は1台分の地上波(衛星じゃない)支払いをすることになりました。過去の未払いはすべてごまかしました。法的には「今月初めてテレビを1台買った(衛星は映らない)」扱いとなります。

Bさんは泣き、そして激怒し、周囲にこの顛末を繰り返し繰り返し話しました。繰り返し、繰り返し・・・・・
「世間解がない!」
「公共料金徴収に行ったら信仰心が無いと言われなきゃならないのか!」
「会員をバカにするのもいい加減にしろ!」
「何であんな見え透いた嘘をつくんだ!」
幸福の科学に国税疑惑があるのは当然でしょう。普通の家庭でも支払う公共料金一つとってもこうやってごまかすのですから、まして多額の税金に関しては・・・推して知るべし、でしょうね。

公共料金踏み倒す団体が世界伝道?国教化?

馬鹿なこと言っちゃいけません。

日本の恥を全世界に晒すだけです。

悪事は千里を走ります。
関連記事


D10 総合本部の人事

・青年部の学力低下
・人事局の人材観
・危険人物リスト
・守秘の念書
・総合本部ヒエラルキー
・退職した職員への悪口
・自衛隊幕僚長


5 名前:ディープスロート[2003/10/21(火) 21:47]

KK信者の知性低下については実は当の幸福の科学本部が認めている。

①学生部の学歴の大幅低下

②青年部の学歴、職歴の大幅低下

③青年層の減少と高齢者層の増加による急激な高齢化の進展

なんたって幸福の科学人事局は青年部から職員を採用することを事実上あきらめたんだぞ。

支部に推薦させたらあがってきたのは無職やフリーターばかりで人一倍学歴と職歴にこだわりたい幸福の科学総合本部人事局を愕然とさせたのだから

今では専門技能を持っている人物だけしかと中途採用はしない

学生部を何とか育てようとしている。ま、これも東大早慶上智の学生を引っ掛けよう作戦だがな

過去に存在した「優秀な青年部」の幻想は瓦解している。知らぬは信者だけ


24 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 17:51]
>大体、宗教家になる人間なのに組織内での出世志向が強いのは理解に苦しみます。出世欲が無い人はそれなりに多くて、私の彼氏もよく「偉い人よりは賢い人間でありたい」と言っています。まして宗教の世界で生きる者ですから、そういった名誉欲が強いのは本当に不思議。

幸福の科学は大川がああいう個性ですから、宗教団体としては異例に出世欲が強い人間が集まってますね。
ですからそうゆう人間でないと弾かれるんですよ。人事に。

幸福の科学職員は毎年希望部署を書くのですが「精舎の作務(清掃係)」と書いて、人事局に「お前は精神がおかしい」と罵られた職員もいます。

つまり自分から「静かな宗教的職場」を求める人物は頭がおかしいと考える人物達が人事を動かしているんです。宗教的な人材が生き残れなくて当然です。


41 名前:ディープスロート[2003/10/22(水) 21:21]

「人事局に存在する 要注意人物リスト 危険人物リスト」

これ、既述の「クビ斬りリスト」とは違うものです。さらにこんなものが
あるんです。
君たちさ、こんなものひたすらつくって時間を過ごしてるんだね・・・

その間、「光の活動」とやらは進んでいるのでしょうか(笑)
何というのか、裁きの塊ですね・・・

危険人物リストは、読んで字の如く。レッドゾーンリストですね。これがクビ斬りリストに乗ると幸福の科学での未来はありません。

もっとも幸福の科学自体に 未来はありませんが(笑)

要注意人物リストはイエローゾーンリストとでも表現しましょうか。ここには結構有名な人も載ってます。

先程の河内不退氏は「他に職業を持っている」ということで乗ってます。副業は実は幸福の科学職員は禁止されていませんが、それを真に受けてやっていると
このリストに載ります。他に職業があると、変なことをしやすい、ということなのでしょうか?合理的説明は私に求めないで下さい。

それから幸福の科学で降格された人。恨みを持ちやすいからのようです。
結構人気のある射場氏も理事長からの降格ですから、当然載ってます。

それから離婚している人。色情系統の問題を起しやすい、ということでしょうか。
かなり多数の人物が載ってしまってるのが笑えます。

とにかく、各職員の私生活で「マイナス」と思われる要因をねちねち調べて「こいつはここに問題がある」「こいつはこうだ」と言って、閻魔帳につけてくわけです。
クビ斬りリストと言い、この2つのリストと言い、幸福の科学の体質をよく表しています。
「お前気に食わん、いじめてやる・・・・」大川夫妻の体質そのままです。
弟子は師をまねる。レプタリアンが師だと弟子もレプタリアン・・・・哀しすぎる。


http://trident02.site.voila.fr/index.html#tsukaisute

55 名前:ディープスロート[2003/10/23(木) 18:47]
以下、幸福の科学職員が還俗(退社)時に強制的に記名押印させられる念書です。還俗届に以下の文言が印刷してあるので逃れることは出来ません。

念書

私が業務を遂行するに際し知りえた貴法人の経営内容等業務に関する一切の情報は、在職中はもちろん還俗後においても、貴法人以外の第三者に洩らさないことを確認いたします。また、私が在職中に所有していた業務に関する一切の資料(磁気媒体含む)を貴法人に返還いたします。 万一、私が故意・過失のいかんを問わずこれに違背し、貴法人が損害を 被った場合は、その全損害を賠償いたします。


59 名前:ディープスロート[2003/10/23(木) 19:34]

はっきり言いましょう。幸福の科学信者の皆さん。
このスレを読んでいても皆さんは幸福の科学が世界宗教になることを信じて奮闘しているようですが、
大川自身がそんなことすっかりあきらめているんですよ。

全国に皇居のような宮殿をいくつも建てる・・・・・・

それが幸福の科学の最終発展段階なんです、彼の頭の中では(繰り返すが会員数は20万~30万)

皆さんの奮闘レスもアンチの人々に相手にされないでしょう?
アンチの人々の言ってる事の方が幸福の科学の実態を突いているからです。

大川は自分の宮殿建設以外に興味を無くしてるんです。もうやる気ないんです。だから女の子と共に引きこもっているんです。


60 名前:ディープスロート[2003/10/23(木) 19:37]

>種村さんがkkから追い出されたって還俗しただけだろう?
まだ会員されてるんでないの?

ああいった大物は大川やきょう子によって強制還俗させられた後、ご丁寧に大川から

「彼はいかにどうしようもない人間であるか」

とのコメントが出る。

種村氏、高橋氏、壱岐氏、坂本氏、皆そう。

仏陀、根本仏エル・カンターレから「どうしようもない人間」の烙印を押されるのだから、名誉回復は不可能。職員は危険人物扱いする。

事実上の追放。

>種村さんそんな口汚く罵倒されてたのか?全然知らないんだが過去のスレでは知りあいらしい会員が電話か何かして、まだ会員で幸福の科学に不満はないと言ったとかいう話があったように記憶しているが それか研修にいたとか
あれは違う人か?

大川の罵倒コメントは職員限定。

ただし在家信者でも高位レベルには支部長辺りから漏れる。

種村氏は最後は未来館の作務、即ち清掃係をやらされていた。

真杉氏も最後は徹底的に干されていた。

大川の講演会の際

きょう子から
「真杉を最前列には絶対に座らせないように」との指示が出ていた。このような指示を出される人物は幸福の科学内部では危険人物であり、職員にそのように扱われる。


61 名前:ディープスロート[2003/10/23(木) 21:14]

ただ、大川に対するマイコンは解けなくとも、

理事経験者ほぼ全員が
きょう子に対するマイコンは解けている。

クビになっても幸福の科学を退会していない理事クラスは上記のように存在するが、実は一人の例外もなく「きょう子はおかしい」と周囲に洩らしている。

きょう子の異常性(自己顕示欲・物欲・サディスティックな攻撃性)は それだけ際立っている。

まあ、きょう子がおかしければそれを女房にしている男も おかしいと考えないのは それこそ不可思議だが。

それでも少しはマイコンが解けているので将来的にはこれが全面的に解ける日もあるかもしれない。


62 名前:ディープスロート[2003/10/23(木) 21:16]

総合本部の上の方の階にある局。

ゼロがヒエラルキーの実現と述べているが、幸福の科学ヒエラルキーは明確で

①総合本部が一番偉い

②総合本部の中でも上の方の階が偉い

③地方は下僕

総合本部の上の方は
宗務[秘書団]本部、事務局、人事局だからこの辺の役職者になることが出世コース。
実際、精舎館長よりこういった部局の部長クラスの方が上。

そこが外部にはわかりにくい。(饗庭氏は事務局部長だった)

経理局、財務局、広報局、リバティ、編集局、文化芸術局などは職人さん部局。

活動推進局はチンピラの親分の世界で、支部長達から蛇蝎の如く嫌われている。

しかしどのような傍流総合本部の部署であろうが支部よりは上。


63 名前:ディープスロート[2003/10/23(木) 21:17]

なお事務管理局は地方精舎統括の部局だから宇都宮正心館にある。事務局とは別。だから傍流。
指導局は地方精舎に指示を出す部局だから一見重要そうだが傍流。

ちなみに宇都宮正心館に存在する。このことだけでも傍流とわかる。
(総合本部と宇都宮正心館は別系統。須呂氏は総合本部へ戻れていない)

これら総合本部系、宇都宮総本山正心館系の部署の下に支部が存在する。
支部で実績をあげるか、幹部の覚え目出度いと本部へ行ける。

流罪の地も存在する。北海道と地方精舎。

ここはミスした、あるいは幹部に嫌われた職員が左遷されて行く所。

精舎講師や精舎職員は「他で使えない」と判断された人物が流される。

無論例外もあるが(宗務[秘書団]に行く予定の待機要員が精舎にいたりする)


64 名前:ディープスロート[2003/10/23(木) 23:35]

信者が日常的に接する支部長、支部職員、精舎講師、精舎職員等は、基本的には「使えない」と幸福の科学本部で判断された人々の巣窟だからね。

ただし性格や社会での評価ではない。

幸福の科学的に使えないと判断された人々の中にむしろ立派な人々がいたりする。

どう考えてもDQN支部長より真杉氏や種村氏の方が人間的にも能力的にも上だろう?

さらに航空自衛隊の幕僚長から幸福の科学職員になった人物がいたが(故人)
この人もクビになった。

だが、この人物も「立派な紳士」「能力も極めて高かった」と今だに評価が高い。

しかし、繰り返すが幸福の科学によって「クビ」になった(例によって理事長山本時代)

ちなみに彼は
自衛隊制服組の最高位「統合幕僚会議議長」候補だった。

貴重な人材を引き抜かれた挙句、ぼろ雑巾の様に捨てられた

自衛隊の幸福の科学への恨みは深い。

自衛隊ではオウム事件以後、毎年6月頃に新入隊員に「入ってはいけないカルト宗教団体」教育をするがそこではオウムと並んで幸福の科学があげられている。

[※この後、ディープスロート氏は2ちゃんねるから消息を絶つ] (転載元)


☆大川家の元家庭教師 ファルコン氏告発へ
関連記事


聖唱《正心法語》三訂版

 
さて 大川の詩の 波長も言魂も あまりにも ひどすぎるんで 身も心も美容にもよくないよ あんなものを声に出して読むに耐えないという信者さんたちに 本当の天使の世界から 美しき神の調べをお届けする新企画

今日のゲストは
私の前々々々世あたりの歌媛意識を呼び出して(←あやしげ)大川詩「次第説法」の浄佳をしてみました


ゆるしの ことのは
《こころの香我美》


こころにて
香ほる想いを
うち開く
始めはいかに
ゆかしかれとて

我がうちに
因果の えにしを
映えるらむ
正しき御世や
ひとの香我美に

あっく もうごも
たいせつな
ひとの道とぞ
悟りしや

こころの織りを
掃き清め
ゆるしの川に
流すべし

水からの
うちなる想ひ
さらさらと
ゆるしえてこそ
神理なり

かくして因果な
その道を
ゆるしの川に 流すなら
自然とそこに
我はなし

あるがままにて
ありうべし

自らの
そのままをこそ
受け容れよ

その想いにこそ
調和あり

自らの
神なる香我美を
信づべし

四諦とは
四つの諦め
人として

いかにせむとも
あくを為す
ことばもつよく
出てしまう
想いは常に美しく
あらんとすれど
よく深く

正しき道とは
こころのままに

そのままをこそ
表現せよ

あやまちあらば
ごめんなさい

うれしかったら
ありがとう

むじゃきに すなおに
こころのままに

幼きころの
あなたのように

しかして ひとの宿業
抜け出でて
天然世界に致るべし

神さまや みんなと伴に
抱き合うべし


     桜 薫



幸福の科学が困ることをひたすら書きこむブログ-透花 γ11 φ240.jpg


これにするsoonブログ村
 
関連記事


『舎利弗の真実』解説 INDEX

種村修
 
種村修『舎利弗の真実』解説


  †記事一覧へ†

http://sakurakaory.blog.fc2.com/?cat=14


  †INDEX†

*a0 被害者女性Yさん秘話
*a1 種村私信 舎利弗返上
*a2 種村私信の想い

*0 始めるにあたって
*1 高橋信次の認定?
*2 誘導話法と印象操作
*3 高橋信次と霊言の信用
*4 告発の真意 還俗の経緯
*5 生活に困ってはいない
*6 過去世は教団運営
*7 舎利弗と大目蓮
*8 大川隆法の悟り
*9 エンリル降格と種村懺悔
*10 大川の悲しい権威付け
*11 生活苦ときょう子さん
*12 還俗後の信仰 自問自答
*13 布施返還訴訟の真実
*14 種村守護霊 偽物の理由
*15 生長の家について
*16 聖使命会員 京大 教祖願望
*17 教団は大川の財産
*18 ダイバダッタの可能性
*19 タイプ論 大川と偽守護霊
*20 ダイバダッタ擁護の理由
*21 教団犠牲者を減らしたい
*22 簡単に看破れます
*23 大川の猜疑心と嫉妬
*24 除名の権限と責任回避
*25 きょう子さんとの関係
*26 還俗の原因
*27 大川隆法との訣別宣言
*28 大川の乗っ取られ妄想
*29 托鉢勧進の意味
*30 カウンセリングへの侮辱
*31 大川の致命的な捏造
*32 除名の経緯と退会の勧め
*33 大川の正体
*34 女性問題の隠蔽
*35 大川の本音 カッコイイ俺
*36 ダイバダッタ礼讃の真意
*37 長男の出来も人のせい
*38 感謝と後悔
*39 弟子が育たない理由
*40 お詫びしたいこと
*41 私の家族への中傷
*42 信者100人ベンツが買える
*43 出家のいきさつ
*44 釈迦の生まれ代わりも嘘
*45 過去世認定の返上
*46 過去世認定の罪
*47 教団の列車は危ない
*48 最初から破綻してる論理
*49 舎利弗も大川の表面意識
*50 信仰は100%と正当な批判
*51 過去世認定の裏舞台
*52 表面意識の成りすまし
*53 不都合な真実のすり替え
*54 斎藤敏之への名刺
*55 誰が毒麦なのか
*56 まえがきに寄せて

*57 あとがきに代えて

*a4 名誉毀損 大川も被告


  †記事一覧へ†

http://sakurakaory.blog.fc2.com/?cat=14



  †NOTES†

・種村さんブログはPC環境が適しているようなので、携帯ユーザーにも見やすいようにするためと、種村さん記事が増えたので『舎利弗の真実』解説の部分に直接リンクできるように転載させて頂きました。無断転載ですみません

・明らかな誤字と思われるものだけ適宜修正しました

・INDEX(目次)は内容が分かるように、ご本人の表題と少し変えてあります


◆情報元
*種村修 真実を語る
http://tanemura1956.blogspot.jp/2012/07/blog-post_12.html
 
 
関連記事


【神理文明の復興】~時代は今!本当の神さまへ

(再びコメ揚げ コウさんとこは インスピ ぱしぱし来ますね)
コウさん Thanks

ブログって結局は独り言だから広報力には限界があるけれど

私はネットによるお互いの情報交換によって 時間の流れを速められると思います ある意味 ネットは三次元とっぱツールかも

三次元に居ながら時間を速めてまくって智慧に致る ネット解脱もできるかな♪それには、やはり心で話さんとね つまりネットは霊界における波動通信の三次元版なわけです

あっ 確かに嫌でしょう ハラ立つと思います 私も信者だったんでね みなさんは かつての仲間ですわ 今もだけど
これがアンチの仕事なんで そして愛そのものの想いなんで どうしようもないのです

コウさんはアンチ情報を見てるって すごいですね ご自身に本物の自信がある方なんだと思います

私もアンチ情報に触れる前は 信仰が確かならば 何を見ても大丈夫なはず って思ってアンチ情報を見ました

文末に いくつか純度の高い情報元を挙げておきますね


以下CM
これであなたも幸福通!

やっぱ法を学ぶなら裏も表も学ばなきゃ 幸福の科学の真実の歴史が今 明かされる!

アンチ情報は幸福の科学のアカシックレコードみたいなもんです

表のキレイな世界を卒業したら こんどは舞台裏のカラクリを学んで これこそが まさに本当の神さまが用意した箱庭の中の計らいごとでしょう

そして神理文明の法灯はアンチの側に引き継がれ アンチの中より新たなる《神理文明の復興》が行われるのです 時代は今!本当の神さまへ


って気が向いたらでね

関谷皓元『虚業教団』

種村修『舎利弗の真実』解説

ファルコン大畑告発


幸福の科学が困ることをひたすら書きこむブログ-ファイル0759.jpg


 祈 soonブログ村
 
関連記事


幸福の科学 知ってはいけない本当の歴史


*大川隆法の誕生日は7月7日ではない(君子さん談)

1956 6月下旬 大川生誕

*1981 善川・大川・富山が霊道。当初は親子兄弟ではなく霊能者どうしが出会ったという設定。善川と富山の教義作成で著作の質は世間に信じさせる何かはあった

1985 善川『日蓮の霊言』出版
1986 7/17 大川トーメン退社
1986 7/18 高橋信次霊言開始

*初期霊言集が思った以上に当たり本格的に売り出し開始 高橋信次の釈迦過去世を簒奪し立宗

幸福の科学が困ることをひたすら書きこむブログ-発足座談会.jpg
1986 幸福の科学設立
1988 恭子と結婚

*恭子の実権掌握のため大川に神託結婚を押し付けさせ 初代アーナンダ阿部浩行の退会 会員No.1原久子も退会

1989冬 阿部浩行事件
1989夏 拡大利益主義に転向

*タカシ写真等の高額グッズ販売開始。紀尾井町ビルに移転。発展に伴い外にマスコミ批判。内に利益主義へ良識派からの疑問の声が広がる

1991 フライデー事件
1992 四国信者蜂起事件
1993 関谷『虚業教団』

*関谷告発により初期幹部が動揺 三宝帰依で信仰確認

1994《方便の時代はまだ終わってないけどエルカンだぞ宣言》
199X 対創価戦開始
1995 三塚博待望論

*この辺りでネタ切れ 資金もショート 引き籠もり開始 10年続く

1997 宇都宮籠宅 愛人生活開始
1999 終末危機を煽り集金
2000 梶谷学逮捕事件
2003? 善川三朗 死去
2004? ファンコン大畑告発

*大畑告発により愛人暴露 支部が気になり 定点観測をのこのこ開始

2006? 支部巡錫愛人旅行開始

*宗教ネタが煮詰まったので多少充電した政治ネタに移行 院政体制で信者数を把握できておらず惨敗

2009 幸福実現党宣言
2009 衆院選 46万票
2010 参院選 23万票

*もう予習するのも めんどうになったのでカンニング霊言と宇宙人話を開始

幸福の科学が困ることをひたすら書きこむブログ-ファイル0513.jpg
*政治惨敗 家庭崩壊 高弟離脱で逆恨み開始

2010 恭子別居 愛人告発
2011? 佐久平事件 斎藤敏之追放
2012 布施返還訴訟
2012 種村告発
   :←今ココ
幸福の科学が困ることをひたすら書きこむブログ-ファイル0604.jpg
関連記事


大川教思想は信者の悩みを増幅し依存させている

 
某所で信者諸氏と話していて 大川教信者は 大川自身の性格上の病理を受け継ぎ波長同通していることに気付きました

今回は大川隆法の本体部分の性格である《レプタリアン型》について見てみましょう

その前に大川教思想とは 初期GLA教義は含まず 明らかに初期の教義とは異質で大川独自の本性が現れてきた2010年頃からの教義で きょう子や種村氏への罵倒 週刊誌等へのアクマ認定 天罰思想 墮天脅迫およびレプタリアン思想と定義します

ちなみに「レプ」という呼称は 本当のレプタリアン?に失礼なので

単に大川の沈澱した劣等感がドロドロと腐ってしまった性格にすぎないので ここでは「冷血型」と呼びます

幸福の科学が困ることをひたすら書きこむブログ-ウガンダ赤い指輪.jpg

《冷血型 性格分析》
・過剰な装飾をするカッコ付け屋で 言葉は丁寧を装うが性根が腐っているので陰険な嫌味になりやすい

・良い人を装うが 時に冷酷非道な一言が出てしまうため二重人格と思われている

・自分自身の冷血さをある程度は自覚しているので厚塗り化粧をしないと表に出られない

・だが塗ったくれば塗ったくるほど 自分の本性を知られることへの恐怖が増してしまう

・自分の本性を見破られそうになると相手との関係を絶ち切り 激しい罵倒と加虐をせずにはいられない

・表面意識では とても知的な自己像をうぬ惚れているナルシス・オナ男で 常に相手との差を見せつけてはいるが 実は自分の冷血なる本性を正視する勇気がないだけである

・冷血になれるのは 生きていく上での至上命題が 自分の自己像を守り抜くことであり 大川のナルオナ場に立ち入り脅かす者は容赦なく斬り捨てていくのである

・自信過剰の増上慢と見るのは誤りで 自分自身を正直に見ることすらできない臆病者である

・そのため他人からの善意ある忠告に対しても 心から反省することはできない

このことは 今まで誠意ある諫言をしてくれた親族弟子たち 善川三朗 富山誠 小澤利夫 安田一男 斎藤敏之 種村修諸氏を次々と斬り捨てたことに現れているであろう

大川教信者は 大川の性格上の病理を受け継ぎ 大川教思想によって正統性を付加し尊大ならしめているために 信者の悩みは増幅し 解決を遅らせ 更に大川教にしがみつく依存症を生み出しているのである

大川教の黴毒性は ここにあると言っていいだろう†
関連記事


種村氏Yさん秘話

種村ブログ 既に削除
2012年8月28日
番外編a0
《10年以上前の大川隆法氏の女性問題を今まで黙っていた理由》

先日、ある読者の方からお電話で言われました。
「Yさんに対する大川隆法氏の不倫問題を、今年になるまで黙っていたのは、どうしてだったのですか。最初にその問題を知ったときは、どう思われたのですか。それが疑問なのです。その点を書くべきだと思います」
この点は、私のブログを読んでくださった方が疑問に感じられるのですから、きちんと説明する必要があると思いました。

私とYさんとの再会は1999年でした。私がこの年の夏、還俗する事になって数日後に、Yさんから「また話せるから嬉しい」というFAXがありました。私の還俗を喜んでくださる第一号でした。

彼女は元職員のTさんと再婚されており、以前、正心館にお二人が来られたときに、すごく嬉しくて、歓迎させて頂いたことがありました。もともと、彼女とはとても気心が合いましたので、彼女も私が職員を辞めたので、昔のように親しく交流出来ると思って期待してくださいました。

大川隆法氏は、もともとYさんには好意を持っていたと思います。彼女が教団の草創期、西荻窪に事務所があった頃に採用されたときの事をよく覚えています。大川隆法氏は彼女を採用することを私に告げられた時に「この人だったら職員として入ってもらっても恥ずかしくないよね」と嬉しそうに私を見て言われました。その時のことがすごく印象的で「ああ、Yさんを採用したことが、よほど嬉しいのだな。彼女に好意をもたれているのだな。」と感じました。

Yさんの御主人からパソコンを買わして頂いたこともありました。その時は、Yさん御夫妻が滋賀の自宅に来て下さり、御主人が設定をして下さいました。そういうこともあり、とても親しく家族ぐるみのお付き合いがありました。

1999年の12月でした。Yさんからは「折り入って話したいことがある」と、電話で言われました。
「今まで誰にも言えなかったことで、心の傷として残っているが、種村さんだったら癒してもらえると思うので話したい」ということでした。私は「果たして私にそんな役目が出来るだろうか」と不安を感じつつも、彼女の新大久保のマンションへ、滋賀から出かけていきました。
最初は御夫妻と歓談しましたが、いよいよ問題の核心に入るということで、御主人は別の部屋に移られ、彼女と一対一でお話を伺いました。

1997年の夏に、彼女は宇都宮で大川隆法氏の私邸にて秘書として働いていました。直接の上司は医師でもあるM局長した。彼女がそこを逃げるようにして飛び出して、以後、自宅にこもりっきりで寝たきり状態になったいきさつが語られました。

すでに週刊文春に公になったことですので、詳細は触れませんが、要するに大川隆法氏とベッドを共にしたものの、さまざまな心の葛藤に耐え切れなくなって、M真杉?局長に相談したところ、M局長からは「逃げなさい」と勧められたので、職場を逃げ出したということでした。


その時に私は、次のことが特に強く印象に残りました。

①過去世を使っての説得があった

大川隆法氏はYさんを釈迦の第一夫人のヤショーダラ妃と、彼女に言っていました。したがってヤショダラ妃がYさんの守護霊だと言われていました。そして、要するに「ヤショーダラ妃が仏陀・大川隆法氏と性的な関係を結んで、仏陀・大川隆法氏を癒すように希望している」という趣旨のことをYさんは聞かされたのです。Yさんは、守護霊であるヤショーダラ妃がそう言っていると聞かされても、自分の思いとは、まるで違うことを言われるので当惑したようです。当時は、大川隆法氏はいつもYさんの守護霊と話して、守護霊がこう言っていると伝えていたようですが、Yさんにしてみれば「守護霊の意見と私の気持ちは全く違う。先生は私のいうことを少しも聞いてくださらないで、守護霊とばかり話しをしている」と不満に思ったと、私に教えてくれました。


②ベッドを共にしたあと大川隆法氏がYさんに合掌した

彼女が一番混乱したのは、セックスを終えた後、大川隆法氏が彼女に対して合掌し、感謝の気持ちを表現されたことでした。その時の気持ちは複雑で「仏陀が私のような罪深いものに合掌して下さっている。そんな資格は私には無いのに」という罪悪感が湧いたと言われました。その心の混乱は結構、激しかったように感じました。


③Yさんの葛藤

Yさんが逃げ出したのは、自分がいると奥様に悪いことをしてしまうから、自分がいなくなったほうがいいのだという気持ちが、まずあったようです。それに彼女には当時、結婚を考えていた男性がいたので、その人への罪意識は当然ありました。そして大川隆法氏が合掌したことへの上記の葛藤もあったようです。さまざまな葛藤で胸が張りさけそうになって、M局長に相談したそうです。そしたら「逃げなさい。後のことは私に任せなさい。」という言葉で、逃走したのです。大川隆法氏からの連絡が来ないように、自宅の電話線も引き抜きました。しかし、逃げ出した事により、仏陀の指示にそむいて逃げ出したという罪悪感も追加されたようでした。


④Yさんの嗚咽

Yさんはどのような行為があったのかも、私に教えてくれましたが、仏陀と信じている大川隆法氏を一生懸命に真心込めて癒そうとされた印象を強く受けました。しかし突然嗚咽が始まりました。今まで溜まっていた悲しみ、葛藤、そうした抑圧された感情が堰を切ったように涙となって溢れてきました。慟哭というか、体を揺らしての激しい嗚咽の涙です。呆然と見守るしかありませんでした。

その時の印象ではものすごく長時間泣かれていたような感じを持ちました。

私はYさんに、次のように言いました。「守護霊のヤショーダラ妃がそう申し出たと言うことは、天上界がよほどそれが必要と判断されるような事情があったに違いないから、そういう関係になったこと自体で、自分を責める必要は無いと思います。合掌されたということは、よほど大川隆法氏が癒されたのでしょうから、その感謝の気持ちは素直に受け止められていいのではないでしょうか。教団から逃げ出したことは、M局長に相談された上で指示でもあるし、あなたには約束していた方がいたのだから、止むを得ないことで、
自分を責める必要は無いと思います」

この時には、私の中に大川隆法氏の行動をおかしいと思う気持ちは起きなかったのです。守護霊のヤショーダラ妃がそう言ったという事を完全に私も信じたからです。きっと何か天上界で、そういう必要を感じられて、そういう事になったのだろうと、信仰心で受け止めてしまったからです。

「何か深いお考えや、計り知れないご事情があるに違いない」と考えたのです。これは洗脳状態に特徴的な思考停止をまねくフレーズです。私はただ、彼女の罪悪感が癒える事だけを願っていました。

この時にYさんは終わったあとに「このことは誰にも言う必要は無いからね」と大川隆法氏から口止めされたと聞きましたので、私も黙っていました。その後の彼女は、明るさを取り戻されたように感じましたので、私はお話を伺ってよかったと思っていました。

私が、大川隆法氏に疑問を持ち始めたのは、まだ最近のことなのです。疑問を持ったきっかけの一つは、大川隆法氏がヤショーダラ妃を長女の過去世であると言い出した事です。私は耳を疑いました。もしそちらが真実なら、一体、大川隆法氏がYさんに言ったことは何だったのか、という疑問が起きました。私はYさんの守護霊のヤショーダラが自分で申し出たと言うので、そういう特別な事情が何かあったのだろうと、天上界の判断だと思って信じていたのです。

しかし、ヤショーダラ妃が長女であるとなると、大川隆法氏のしたことは詐欺です。教祖が霊の声を偽ってセックスを職員の女性に強要したという犯罪になります。過去世が間違うなら、大川隆法氏は自分が釈迦の生まれ変わりだと言っていたのですから、自分の奥さんも分からないような仏陀がいるのかという疑問も起きました。

それとも、ヤショーダラ妃を名乗って悪魔が大川隆法氏をそそのかせたのではないかとも考えました。私は大川隆法氏が意図的に騙しのテクニックを使う人物だとは考えることが出来なかったので、当時、大川隆法氏は霊障だったのだという判断に傾きました。

しかし、霊障になる仏陀というのはありえませんので、私はその段階で思考停止になりました。⇒
関連記事


種村氏Yさん秘話 続


決定的だったのは、別の方の性的被害を聞いたときでした。

2009年に選挙の折に随行していた若い女性秘書に、ホテルで何らかの性的なアプローチがあり、その結果、その女性は翌朝自宅へ逃げ帰ったという話を知ってしまったのです。

その方のお母さんのお話なので、私は信じないわけにはいきませんでした。その家族は、御両親も姉も退会され、御本尊も祭壇もずたずたにしたと聞きました。また、その方にお話を聞いてお辞めになった方が大勢いらっしゃるということも知りました。

そのお母さんが余り周りに話をしないようにと、長く秘書をしているM氏が口止めをしようとしたものの、母親の剣幕に押されて退散したという話も知りました。

私は大川隆法氏が異常な行動を継続的に行っていることを知るに至りました。それまでは、大川きょう子さんが週刊誌で発表された内容を信じていなくて、週刊文春に抗議の手紙を書いていたほどです。教団側の洗脳に深く侵食されていましたので、そういう状態でした。

その私が変わったのは、やはり2009年の被害者の方の存在を知ったことでした。その時初めて、私は大川隆法氏自体がおかしいという認識を明確に持ったのです。

私は、知ったものの責任として、大川隆法氏に対して反省を求める意見具申をする決意をしました。今年(2012年)の2月頃です。

そのころ大川隆法氏の行状を知った会員さんが、納骨壇のキャンセルをしたいということで、購入の際に支払ったお金を返してもらいたいという話が出て、支部や那須精舎に相談をされていました。すると「お布施なので返せません」という決まり文句が返ってくるのみで、中には支部長から「お布施の返還を求めるのは教団を敵に回すことよ」という恫喝をされた方もいました。

この方々は仕方なく消費者センターにも相談されましたが、弁護士を紹介されただけでした。結局、裁判になったのですが、私は幸福の科学で布施が尊いのは三輪清浄ゆえに尊いと言ってきたので、受者たる大川隆法氏がここまで穢れている以上は、そもそも布施として無効であると思いました。そこで、私はそのことを陳述書として提出することで、この裁判を側面支援させていただく事にしました。

大川隆法氏への手紙は最初は弁護士から教団に送ってもらった(無視されないようにと考えての事です)のですが、「事実無根」「慢心」だとして、私に広報局から否定する内容の文章が届きました。大川隆法氏にも手紙が届いていないようでした。それで私は、大川隆法氏が否定できない事実をなるべく詳細に書いて、被害者の救済と納骨壇等のお金の返還を勧告する手紙を4月4日に、大悟館へ配達証明で送りました。

その手紙が着いたのは4月5日ですが、奇しくもこの日に布施の返還訴訟が提訴されていました。これは不思議な偶然の一致(共時性)だと感じました。なお、手紙が届いた4月5日付けで、私は幸福の科学から除名になりました。

その後、週刊文春がこの手紙の存在を知る事になり、世に出る事になりました。私は被害者の拡大を防ぐために、週刊誌に出ることはむしろ必要なことだと思いましたので、取材に協力する事にしました。

しかし、この記事が出る前に、私は、Yさんともう一度連絡を取って、彼女の了解を頂きたいと思いました。そして、新大久保のマンショアンも探し当てたのですが、引っ越されていました。引越し先も探したのですが、分かりません。

私はYさんにお伝えしたいことがあります。私はYさんの出来事は、大川隆法氏の犯罪的な行為を明るみに出し、これ以上被害を広げないために、本当に大きな犠牲であったと思います。Yさんの存在に感謝されている方は、非常に沢山おられます。私はYさんの傷ついた心を癒すためのお手伝いをさせていただきたいと思います。Yさんから連絡を頂くことを、私は心からお待ちしております。

私の連絡先は下記のところです。

tanemura1956@gmail.com

投稿者 種村修 時刻 :11:53

種村修ブログ 既に削除
http://tanemura1956.blogspot.jp/2012/08/blog-post_4568.html



情報元(補逸Thanks)
獏論[幸福の科学アラカルト]
http://spiruna.blog89.fc2.com/
関連記事


【大川隆法の愛人慰安婦】2 週刊誌は必ず裏を取ってるよ編

 
「総統 大変です また週刊誌に こんなものが」

「んー?知らないよ そんなものアクマの巣窟雑誌だろ?」

「いえ週刊誌と云っても うちが訴訟しまくるんで必ず裏を取って掲載してますから」

「どれー?なんだよ これは S会の女だろ ベッドに横になって やらしいじゃねぇかよ ええ?」~『菊池寛の霊言』

幸福の科学が困ることをひたすら書きこむブログ-ファイル0730.jpg石原さとみ

「どこ見てんですか?こっちですよ」

「むむむ一番弟子種村の懺悔告発〔性の儀式〕あいつか!うちを出て色ボケの儀式なんてしてるのか?」

「総統 違いますよ やったのは大川総統っ!他に何人もセクハラにあった女性職員が居るって書いてあります これ本当ですか?」

幸福の科学が困ることをひたすら書きこむブログ-ファイル0965λ.jpgうーん?

「総統 まだ見てるんですか 実は石原さとみさんのこと結構 好きなんでしょ」

「饗庭ーっ!お前いつからそんなクチ利くようになったんだ?ってかこの雑誌 去年のだろ!みんなは忘れてるだろうが 僕はもう見飽きちゃたんだよね」

「大事にしてるじゃないですか でも これは いくらなんでも‥ 2009年の選挙中に 女性職員をホテルに呼び出して総統が全裸で現れ 被害者女性はその後 半年も吐き続けたって・・そんなに総統の全裸って‥」

「黙れーっ!どいつもこいつも役立たずばっかり‥オレノクロウモ シランデダマシツヅケルノハ シンドインダゾ ソンナトキニおっぱいぷるるんシテ ナニガワルイ ボウズミタイナ セイカツナンテ ウンザリダ おいっ!立木っ お前 何が おかしい!」

幸福の科学が困ることをひたすら書きこむブログ-ファイル0773.jpg
「い いえ違います総統閣下これは地顔ですので けして そのような」

「ニヤケるのも程々にしろ!」

クローバー参考文献
soon週刊文春2012年7月19日号(全文)
http://sakurakaory.blog.fc2.com/?cat=15

いいね音符soonブログ村
関連記事


週刊文春 2012/7/19号

週刊文春
 
大川隆法「性の儀式」
一番弟子が懺悔告発!


ここに一通の手紙がある
A4用紙で25枚にもなる手紙の表紙には

《親展 大川隆法総裁先生》
〈信仰が傷つき苦しむ人々の訴えに耳を傾けてあげてください〉

と書かれ 差出人は「種村修」とある

これは幸福の科学のある教団関係者から小誌が独自に入手したものだ

「今年(2012年)になって教団は古くからの信者だった4名に除名処分を出しています。種村修さん(56)はそのうちの一人です。会員の間では種村さんがなぜ除名になったのかと動揺が広がっているんです。なぜなら種村さんは大川隆法総裁先生(56)の一番弟子と言われた人だからです

幸福の科学では 大川総裁は仏陀だと教えられており 種村さんはその仏陀の二大弟子の一人とされています。もう一人は既に亡くなっているので 実質的に種村さんが一番弟子であり 一般信者からすると いわば雲の上の存在ですそんな方が突如 除名処分になったので 総裁先生の周辺では 一般信者にはわからない一大事が起こっているのではないかと言われているんです」(現役信者)

その一番弟子が大川隆法氏に宛てた手紙には 驚くべき内容が綴られていた

〈私はとても悲しい気持ちで この手紙を書かせていただいております〉

という書き出しで始まる手紙には 大川氏の元女性秘書から種村氏が相談を受けたという内容が生々しく綴られている

〈全裸になられ仰向きになった総裁先生の足の間に 全裸の彼女が正座して入り 彼女は両手で総裁先生のペニスを大切な宝物で両手をおしいただくように包まれました。しばらくしごかれると大きくなったペニスを口にほおばり 大切な尊いものを いとおしむように口で愛撫されました〉

〈総裁先生と最後まで愛し合う行為が終了したあと 総裁先生が彼女に向かって合掌して 感謝の気持ちを表現してくださるお姿を見て(省略)非常な罪悪感がこみ上げてきたそうです〉

(省略)は原文のまま

種村氏ブログにおいては
〔その時の気持ちは複雑で「仏陀が私のような罪深いものに合掌して下さっている。そんな資格は私には無いのに」という罪悪感が湧いたと言われました。その心の混乱は結構、激しかったように感じました〕(原文削除)


これは1997年の出来事だというが 近年でも大川氏は信者である女性職員にセクハラ行為を行っているとも書かれている

ことの真偽を確かめるため 手紙を書いた種村氏に取材を申し込んだ

種村氏は手紙を書いたことや除名処分になったことを認めた上で 教団が抱える内情を語り始めた

「まず なぜ私がこのような手紙を大川総裁のご自宅に私信としてお送りしたかというと これまで総裁先生のセクハラによって信仰が傷つき 今もなお普通の生活ができないまでの心身の苦痛に陥っておられる女性が何名もいるという事実を知り 看過できない気持ちになったからです

手紙に書いた内容は第三者から見ても事実であることがわかるようにと 詳細な描写まで書いています

この手紙は今年(2012年)4月4日に目黒駅近くの郵便局に投函しました。しかしその数日後に大川総裁への私信として出したはずの手紙に対して 教団から“除名”という通知が送られてきました

〔大川総裁に関する誹謗中傷・虚偽の事由を複数の信者に対して事実と信じこませ〕といった理由が書かれてあり 一方的に〔信者資格の剥奪 グループ施設内への立ち入り禁止〕などを通知されました

これは幸福の科学という公の団体を率いる大川総裁が 事実であることを 事実無根だと偽っており 正直を善とする教えに自ら反した行動をとっているということです

私は大川総裁の行動を正しいものにしていただきたいという一心で 悲しいことですが やむなく真実をお話ししようと決心したのです」

種村氏は教団設立の翌年1987年に教団の職員になった

1999年に職員を退職するが 除名処分になる今年(2012年)4月までは信者だった

古参の職員が解説する
「種村さんは京大出身で 編集局長や事務局長 それに大川総裁の秘書などを歴任してきました

1990年代には既に〔応用本部講師〕という教団では数名しかいない最高ランクの講師でしたので 教団の教義を熟知している人物です

〔修学〕という法名を総裁から直々に貰った数少ない人で 性格も温厚で多くの信者から慕われています」

その種村氏が続ける
「私は幸福の科学の職員を退職した後 まもなくYさんという方から 連絡を取り合いたいという趣旨のファックスをいただきました

その後 新宿区内の彼女の自宅で 彼女と当時のご主人と三人でお会いしました

私は彼女から〔誰にも話すことができない心の傷を癒やしたいので 是非とも話を聞いてほしい〕と依頼されていたのですが 自宅に伺うと しばらくしてご主人は別室に移られ 私と彼女の二人でお話をしました」

「それは1997年7月から8月頃の出来事だったといいます。当時総裁の秘書をしていたYさんは総裁から〔あなたの守護霊はヤショーダラ姫だ〕と言われたそうです

ヤショーダラ姫とは釈迦の第一夫人のことで 大川総裁から〔ヤショーダラ姫が女性として大川隆法を肉体的に癒やして差し上げるように言っている〕と言われたと

つまり“あなたの守護霊が総裁先生のセックスの相手をしろと言っている”と

そして〔これは家内(きょう子氏)も承知していることだ〕と話されたそうです」

種村氏はその後の出来事を手紙にこう綴っている
〈彼女は正座から うつぶせに寝たような形で 口に総裁先生のペニスを愛撫しながら 両手のひらは総裁先生の腹部から乳頭へと優しく撫で進み 円を描くようにまた腹部に戻り さらに乳頭への愛撫に移る そんな仕草をされたといいます〉

「しかし彼女はそこまで説明したときに 突然 心の奥にしまっていた悲しみが堰をきって溢れ出すように〔ワーッ〕と泣き伏せられました。泣いて泣いて それでも涙が止まりません。おそらく30分以上は泣き続けられたと思います。私は彼女がこれまで心の奥に抑圧してきた罪悪感 葛藤 悲しみなどの深さを目の当たりにした思いでした

彼女は当時 後に夫になる婚約者がいました。彼を裏切った行為でもあったために 罪悪感を抱いたそうです。彼女はこの出来事を夫に一度も話したことがありません。恋人を裏切り 不倫をしていることへの心の葛藤が もはや抑えきれなくなり 思い余って当時の上司に相談し 教団から逃げ出したのです

その後は半年以上 自宅で寝たきり状態になり うつ状態となって苦しんだそうです。私は彼女のご家族からだったと思うのですが〔職場を飛び出して寝たきり状態で苦しんでいるので 助けてやってくれませんか〕と言われた記憶があります

しかしその時は何もしてあげられませんでした。彼女からお話を伺ったときも 私は総裁先生のことを完全に信じていましたので Yさんにはこう申し上げました

〔大変なストレスの高い仕事をされている総裁先生には 我々にはわからない特殊な事情があり 総裁先生が合掌までして感謝を表されたということは 本当に総裁先生のお役に立てたのですし また守護霊もそれを使命として進んで申し出られたのですから ご自分を責めずに尊い使命を果たされたと思い 誇りに思われてはいかがですか。あまりご自分を責めないほうがいいと思います〕と

そしてYさんから
〔こういう関係になったことを他の人に言う必要はないからね〕と その時に(大川氏から)口止めされましたと伺いましたので 私も胸にしまっていたのです」

種村氏によると 大川氏が関係を迫った女性は他に何人もいるという

「総裁先生から親密な関係を求められた秘書に 20代の女性秘書のHさんがいました。彼女は総裁先生からの申し出に対して きっぱりと拒否されたと伺っております。そのためでしょうか 直後に異動になり まもなく幸福の科学を退職しています。彼女は私の昔の部下でした。当時 総裁先生の秘書になられるということで 私も名誉あることだと喜んでいたのですが 今となっては とても不憫に感じています


それだけではありません。まだ若い方ですからお名前や詳細は伏せますが 数年前にも女性秘書にセクハラをしています

大川総裁の地方出張へ同行したとき ホテルの部屋に呼ばれ 裸の大川総裁が風呂場から現れたそうです

その後 彼女は歩けなくなるほどのショックを受け 現在もその傷が癒えないままでいるのです

後に幹部職員が ご家族に対して〔この件は内密に〕という趣旨の連絡をしていることもわかっています ⇒
関連記事


週刊文春 2012/7/19号 続き

週刊文春


嘘をつき 妻以外の女性との性欲を満たすことは 仏教で言う煩悩であり 迷いです。悟りは既にありません。それでも幸福の科学には反省の教えがあり 反省することで罪は消えると教えられています

そこで私は大川総裁への報恩の行として 私が知り得た事実を手紙にしたため 反省され悔い改めていただいた姿を信者と後世の人々に示してくださるように 心からお願いしたのです」


ある元信者は手紙に書かれていた一人の女性の名前を挙げ こう証言する

「実は彼女の家族から“事件”の話を直接聞きました。大川総裁は個人リーディング(守護霊なるものを呼び出す行為)をすると称して女性を部屋に連れ込んでいたのです。その女性はとても信仰心の強い人だったのですが その“事件”の後は自宅にあったご本尊をたたみ 半年ほどショックで毎晩吐いていたそうです。ご家族も相当悩んでいましたが 結局 その女性は〔偽りの祈願はできない〕と言って現在は教団と決別しています」


さらに別の元信者も 大川氏の女性問題の話は「以前から教団内で噂になっていた。しかし教祖が絶対的立場の中で 誰も公言なんてできなかった」と話す


昨年(2011年)2月 大川氏の妻である大川きょう子氏が 教団と夫に対して名誉毀損で1億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。離婚調停も進行中で 現在きょう子氏は大川氏や教団と真っ向から対立しているのだが 種村氏は「総裁の離婚問題が明らかになってから特に 総裁自身の人格も変わってきているように思える」と指摘する

「私が信者だった頃は 真面目で極めてストイックな人でした。講演と健康づくりと あとはほとんど勉強をされていました。大川総裁に随行していても いつも分厚い本を読んでいた印象です

まだ初期の頃 西荻窪でビルの地下1階の事務スペースを借りていた時期がありました。職員とボランティアを集めた会合があって 20名ぐらいの信者を前に 大川総裁 当時は主宰と言っていましたが 彼が私のことを〔シャーリープトラだ〕と言ったのを覚えています

シャーリープトラとは釈迦の十大弟子のひとりです。当時 私は大変感激しました。それが今では教団内で〔種村はシャーリープトラではなかった〕と宣伝しはじめ 教団を逃げ出した元秘書のYさんや 離婚トラブルを抱えた きょう子氏についても 実は過去世が違ったと前言を翻すなど 理解に苦しみます

昔は面倒見もよく 部下を自宅に招待してみたり 気を遣ってくれる人でした。私も昔は大川総裁の自宅に呼ばれ 焼き肉をご馳走なったのを覚えています」


元教団幹部の男性もこう証言する

「確かに面倒見がよく 20年程前 総裁がまだ練馬の一軒家に住んでいるときに招待されたことがあります。奥さんに頭が上がらないマイホームパパという印象でした。大川総裁が〔コーヒーと紅茶 どっち飲む?〕〔音楽 クラシックか何か聞く?〕と自ら家の中を動き回っていました。大川総裁がソファーに座って きょう子さんの肩に手を回しながら 三人で雑談したことは今でも忘れられません」


そんな大川氏が現在抱えている問題は 他にもあると種村氏は打ち明ける

「いま教団は現役の信者たちから“お布施返還訴訟”を起こされているんです。その根本的な原因は 大川総裁の女性問題を知って 彼らの信仰心が傷つけられたことです

本来 お布施が尊いのは〔三輪清浄〕という思想があるからです。お布施を受ける大川総裁と お布施を出す信者 それに施物であるお金や土地の三つが清らかでなくてはならないのです

その点で大川総裁はどうでしょうか。離婚問題もそうですし 秘書との女性問題も“清らか”ではありません。そして真実の指摘に対して事実無根とウソをつく。悟ってもいないのに あるいは悟りから転がり落ちているのに 人からお布施や奉仕を受け続けるのは 罪深い行為なのです。つまり お布施は成り立たないので 信者に返してあげてほしいのです」


今年(2012年)の2月から3月末まで 教団は“救国植福期間”と銘打って多くのお布施を集めていたという。支部長を務めたことがある元信者はこう話す

「とにかく信者さんにお金を出してもらうために“○○建立記念植福月間”とか いろんな名目を作っているんです。例えば〔一人数百万から数千万単位で出してください〕という目標額を設定し〔何々支部の何々さんが1000万円ご奉納されました!おめでとうございます〕とメールが回り 植福を煽るわけです。それで1000万円を出すと〔あなたは植福菩薩です〕と言われる。お金を出すと菩薩になれるのです。最近は1億円出すと“救国菩薩”になれるそうです」


種村氏から手紙を送られた大川隆法氏は彼の訴えに何と答えるのか

小誌は大川氏が住む教祖殿を訪ね 大川氏本人に宛てた取材依頼をポストに投函した。しかし大川氏本人が取材に応じることはなく 代わって幸福の科学グループ広報局がこう回答した

「既にYさんに確認済みで事実ではありません(手紙にある他の女性についても)全ては事実無根であることを確認しています。今回 貴殿が情報源としている種村氏の素行につき お調べになれば手紙の内容も信憑性もはっきりするものと考えます」と種村氏の証言を真っ向から否定する


これまで大川氏は 坂本龍馬から金正恩 はたまたバルタン星人や小誌編集長などの守護霊が大川氏の口を借りて“霊言”を語るというパフォーマンスを行ってきた。最近では種村氏の守護霊までもが 大川氏の口を借りて語りだしており 本も出版されている

「現在も私の守護霊の“霊言”なるものが収録されたDVDを全国の支部で会員に見るように告知しています。もちろん内容はデタラメです。既に教団を辞めている一個人に対しても 尊厳や名誉を著しく侵害する行為を平気で行うのです

大川総裁に異を唱える者に対して〔あの人には(悪)魔が入った〕と決めつけ〔だから事実無根のことを話している〕というのが教団の論理であり 大川総裁には私たちが思いもしない深いお考えがあるに違いないと 会員は信じ込み 事実から目をそむけてしまうんです

今回 大川総裁に私信という形でお手紙を書き 私としては 師と弟子の礼を尽くしたつもりです

しかし耳を傾けるどころか 一方的に除名処分を下したり 私の守護霊を降ろしたと称して 私の誹謗中傷を言ったりと この教団の本質が改めてよくわかりました

被害にあった女性のためにも またこれ以上 被害者が拡大しないためにも 大川総裁には ぜひ襟を正される姿勢をお示しいただき 傷ついた女性たちへの誠実な対応 救済をお願いしたいのです」(種村氏)

大川氏に一番弟子の悲痛な叫びは届くのだろうか



情報元
週刊文春 2012年7月19日号
 p156-p160


画像出典
獏論[幸福の科学アラカルト]
http://spiruna.blog89.fc2.com/


関連記事
種村修『舎利弗の真実』解説
http://sakurakaory.blog.fc2.com/?cat=14


*Notes
・年数は適宜に補筆しました
・漢数字を算数字に改めました
・句読点と改行は任意に編集しました
・文中の小見出しは内容を読めばわかるので省略しました
・あとは原文のままです たぶん
 
関連記事


【大川隆法の愛人慰安婦】人のことより自分の真相を話せ!編

微妙に続き
「はい やっとその気になられたようですので 大川総統の慰安婦について真相を話してください」

「ば バカ言ってんじゃないわよ10年目の浮気ぐらい多目に見なさいよ だって童貞のまま仏陀になったんですもの」

「ネカマ口調で開き直るその態度が気にくわないのです 気持ちわるいから いつものレプオでお願いします」

「しょうがねぇだろ霊言してると どっちが俺のホンネだか わし自身も区別つかんのやから そんなね どこの誰かも分からん慰安婦なんか捏造しやがって 何なら被害者女性の名前でもを出して見やがれってんだ」

「はい初代ヤショーダラ過去世妻のYさんこと山下さんです 台湾系ハーフで国仲涼子似 当時30歳前後と きゃう子が証言しています」

幸福の科学が困ることをひたすら書きこむブログ-ファイル0715.jpg

「おぉー♪かわいいやないか!里村さっそく閨に召し出せ 今宵の夜伽をさせい」

「ははーっ てもう前に宇都宮でなさったじゃないですか それにこれは国仲涼子さんの写真でYさん本人ではありません」

大川「あぁ あの子は優しくて えかったな~ 大事に ほおばってくれたから ごっつあんですの合掌をしたんだ(種村告発)。きついママなんかより僕はYちゃんと結婚すれば良かったな(きゃう子告発)」

「あのね本当はこんな笑い話にできるような話じゃないんですよ 被害者女性の気持ちを考えたことあるんですか?」

大川「それはどこかのアンチが勝手に霊査して放送しちゃってるだけだろ 被害者女性なんて居ないんだよ いいか?俺がセックスすると俺のご本尊様から光が入るんだ!(軽井沢幹部研修/大畑告発)」

「はぁ?Yさんは婚約者も居たのに罪悪感で押し潰され 信仰心ある純真なシスターの心を踏みにじり その後すぐに宇都宮の総統別荘を逃げるように退会し うつ状態で一時は歩行困難にまでなったひとに言う態度ですか?(種村告発)」

「里村っーら お前は被害者女性の気持ちと わしの気持ちと どっちが大切なんだ!“でもせっかくだから性の儀式を始めちゃおうかなぁ 性のグランドマスターちゅうことでいっぱい客を呼べるんじゃないか?”『菊池寛の霊言』収録後の大川」

soonYさん秘話詳細
 
関連記事


『舎利弗の真実』解説a1

2012年7月12日 木
番外編a1 シャーリプトラ(舎利弗)の過去世は自分で辞退していました

 私は大川隆法総裁に「親展」で、「信仰が傷つき苦しむ人々の声に耳を傾けてあげてください」という手紙を送りました。(2012年4月4日投函)

 その中で、私の過去世認定に関して、大川隆法氏に返上しております。大川隆法氏の過去世認定が、実はほとんど信用できないということを、この時点で私が確信していたからです。

 この手紙を書いた時点では、まだ師と弟子という関係は保たれた状態でしたので、私は大川隆法総裁に対して弟子の礼をとって書かせて頂きました。

 私信ではありますが、最初のくだりは大川隆法氏のプライバシーにはふれていませんので、私の過去世にふれた部分の前後を、ここに転載させて頂きます。(過去世にふれた部分は下線をつけました。)


《拝啓 桜花の候
大川隆法総裁先生におかれましては、益々ご健勝の御事と存じます。

 私はとても悲しい気持ちで、この手紙を書かせていただいております。

私は今世、大川隆法総裁先生にお会いでき、直接に教えを受ける機会を頂き、お側にも仕えさせていただき、退職後もさまざまな危機を助けていただいてまいりました。私が釈迦の十代弟子のシャーリープトラであると認定いただきましたが、残念ながら私自身を振り返って、そのような偉大な方の心境には程遠く、総裁先生の励ましの方便と受け止めさせていただいております。

しかし、この身の力の及ぶ限りは、総裁先生から受けたご恩に対して、報恩させていただかねばとの思いは途切れることはございません。いつか報恩ができるようにと、無力さをかみ締めながら精進を重ねてまいりました。

本日、ここに書かせていただくことは、私の報恩行として、心血を注いで書かせていただくものでございます。

お気に召されぬことも多々あろうとは存じますが、あまねく衆生の心を知ろうと全世界を御巡錫くださる総裁先生の大慈悲におすがりして、最後までお読みいただけますことを、伏してお願い申し上げます。》


私は、大川隆法氏が自らの過ちに気付いてくださり、謙虚に反省してくださるようにお勧めすることが、最大の報恩業であると見極めて、この手紙を出させて頂きました。その思いには、今も変わりはございません。
関連記事


【慰安婦の霊言】番外編

 
いま話題になっている慰安婦問題について当会においても この辺りできっちり霊的真相を明らかにし 議論の尻馬に乗っかって少しでも集客アップを図りたいと思います

なお霊声者の処女願望が非常に強いため 当会の教義と矛盾するような内容になる可能性もありますので その辺りは適当に聞き流して下さい

それでは始めます


「ぬぉぉぉ~処女はどこや?お前か?あいや こいつは こないだやった こんなんだめだ 学生部から呼んで来い!」

「あのー いきなり暴走するのは どうかと‥」

「なに ぶつぶつ言ってんだ このオッサンは?突撃一番ちゅうてな まあ当時のコンドームをこう言うんだわ 里村中尉殿 本日 突撃一番して参ります!よしっ!とかゆうてな」

「あなたは慰安婦の方の守護霊であらせられますか?もしよければ その当時の‥」

「くどい!くどいんだよ あんな1980年代に突然ひょっこり現れた ゆすりたかりの おばちゃんのことなんて 俺が知るかっ

やっぱり若い子だろ なんなら うちの学園の子たちも早めにここに上げろ なんのために安い学費で過去世設定を教えてると思ってんだ お前ら幹部の怠慢だ 悪霊憑きだ」

「あのー?もしや総統先生ご自身であらせられますか?」

「んー?まあ なんだ むずかしい問題だね こりゃ そろそろ本題に入らないと 金返せなんて言われたら困るからね ま そろそろ やろうかね」

「はっ では改めてまして慰安婦の方の真相を‥」

「うぅん やっぱりぃ殿方とするのは慣れておりませんでしたのでね いえそんな困りますわ 私はまだ‥って言っていたんですけど‥」

「やっぱり日本軍の強制連行があったんでしょうか?」

「いえ日本軍の方はお國から娼家の方々を連れていらして間に合ってるからと 幾らかのお米まで頂いてとても紳士的でした

幸福の科学が困ることをひたすら書きこむブログ-ファイル0245.jpg
でも地元の斡旋業者のような朝鮮人が両親の借金の肩にと言って無理やり私を‥その」

「そうでしたか当時は朝鮮も日本内地と同等に扱い 鉄道や道路を敷き 日本臣民の血税を以て数多くの小学校を建てたのが歴史の真相なのです

“植民地”などと言い出しのも1980年ぐらいからですので その頃に朝日新聞が意図的に捏造デマを流したのが慰安婦問題の始まりです」

「こらっ里村っ!お前が真相を話したらいかんやろ その役 俺にやらせろ」
 
関連記事


『舎利弗の真実』解説a2

2012年8月20日
番外編 大川隆法氏への手紙に託した願い

本日、ある読者の方からお電話を頂きました。その方は、信仰への疑問を感じながらも、私が書いていることが本当に信頼できるのかどうか悩まれて、私という人間を確かめるために、直接、心検へお電話してくださいました。人の意見ではなく、自分が直接判断したいという、主体性のある方でした。とても勇気のある行為だと思いました。

その方から、私が大川隆法氏に手紙を書いた真意について聞かれました。そして私が自分の気持ちをお話しすると、その気持ちを正確にブログに書いて欲しいと依頼されました。私はこの方の真摯な願いを受け止めて、私がその時どのような思いで手紙を出したかを、綴らせて頂きます。

大川隆法氏に手紙を書いた時は、「これは私のなすべき役割である」と感じていました。その理由はこうです。

還俗したその年に、私は元秘書の女性から、誰にも言えなかった深い魂の苦しみを聞かされました。そして、それから10年以上たって、別の元秘書の女性とそのご家族の味わった塗炭の苦しみを知りました。私は、今年に入って、その真実を知る立場に立たされたことが、決して偶然ではなかったと感じました。私には真実を知ったものとしての責任がある事に気がつき、その責任の重みをひしひしと魂で感じ始めたのです。

手紙を書くことは、私にとっては大きな賭けでした。もし手紙によって、大川隆法氏が反省のきっかけとしてくださり、御自分の不都合な真実を世に公表して反省の姿を示されるなら、私はこの方こそ、私が永遠の師として仰ぐ方であると、改めて確信したと思います。真理の実践のために、これまで築き上げたものの大半が壊れても、不名誉を得ても、なおかつ真理を実践されるなら、その方は真の偉人であると思います。その行為は、一見これまでの努力を無にするように見えながら、実は説かれてきた真理を永遠の真理・不滅の真理とする行為であると思えるのです。

真理はその実践を、真理を説く人に要請すると思います。それが実現されてこそ、その説かれた真理には「魂」が入り、不滅の輝きをはなち、後世の人々をも照らす無尽灯となる思います。その実践がどれほど過酷なものであろうと、敢えてそれを成し、貫いてこそ、永遠の真理の名に値します。イエスキリストは「人その友のために命を捧ぐ、これより大いなる愛はない」と説かれました。そして身をもって、自らが十字架にかかって、その言葉を実践されました。その行為によって、説かれた真理に永遠の生命が吹き込まれたのだと思います。

反省を説かれ、反省からの発展を説かれた方が、自らが過ちを暴き、反省して出直す姿を示されるなら、その教えには永遠お命を吹き込まれ、大川隆法氏は後世の人の規範となると思いました。真実は永遠に死なないと説かれた方が、自らの真実を、それが自らを不利にするにもかかわらず明らかにされるなら、その言葉は不滅の命が宿ります。その実践が自らを不利な立場に追いやるものであったと説いても、それを敢えて自ら実践するか否か。それがその真理の真贋を分かつものとなるからです。

もしそれが出来る方がいるなら、その方は真に「わが心の師」とお呼びするにふさわしい方です。私は何処までもその方をお守りし、生涯、一信者としてでも、御供させていただくつもりでおりました。

しかし、現実的な可能性を考えた時に、その逆のことが起きる可能性が極めて高いことも、想定してはおりました。比率で言えば、ひょっとしたら九十数パーセントそうなるかもしれないと覚悟しました。

その時は何が起きるでしょうか。私は次の可能性を考えました。
(1)除名もしくは破門される。エル・カンターレ霊系団からの追放処分を受ける。
(2)私の守護霊を呼び出され、奥様がされたように、書籍としても出版され、私の信用を汚される。
これは幸福の科学で築いてきたほとんどすべての人間関係が断たれる可能性を意味します。
(3)私の言動に対して、訴訟を起こされ、億の単位の裁判になる。手紙の訴えが聞き届けられなければ、私は教団の改革のために、何らかの行動を取る決意でしたので、それは当然起こりうることでした。
(4)幸福の科学が世界宗教になった場合は、私は裏切りのユダやダイバダッタのように、後世何十億人、何百億人もの幸福の科学信者から恨みの念を受ける。

 ここまでを、想定される事態として考えました。そして「もしそうなっても、それででもやるのか?」と、自分自身の心に問いかけました。回答は、「それでもやる」でした。

 何故それでもやると決めたかといえば、自浄作用を失った教団が世界に毒水を流すことは、私の目には明白に思えたからです。私は初期の12年間において、わずかの力かもしれませんが、それでも出家者の一員としてこの教団を築いてきた事に関しては責任がありました。私はその場合は、生まれ替わっても、この教団を改革するために転生しようと思いました。そして、その時に未来の私が「この教団は過ちを犯している」と気がつけるように、何らかの確かな足跡を残さねばならないと考えました。それで、いくつかの裁判に陳述書を提出しましたし、週刊文春の取材にも、敢えて応じました。

やはり神仏の声を伝えるという仕事は、最も責任が重い仕事だと思います。もし誤ったものが後世に残っていくなら、どれだけの多くの人々の人生を狂わせていくか、その影響は計り知れません。その責任の大きさゆえに、自分一個の保身は考えることが出来ませんでした。

しかし、もし自分の過ちを認め反省の姿を示されるのであれば、私は真理に忠実に生きる道を選ばれた大川隆法氏を、どこまでも支え抜く覚悟でありました。

残念ながら、現在までの状況は、私がありえる事態として想定した通りのことが、(3)まで進行しています。しかし、不幸は拡大させてはなりません。この間違った教団がこれ以上罪を犯さないように願いながら、私は真実を語り続けます。
関連記事


『舎利弗の真実』解説0

*始めるにあたって

◆種村修 真実を語る
http://tanemura1956.blogspot.jp/2012/07/blog-post_12.html

2012年7月12日 木


*始めるにあたって
種村修です。私個人のブログを始めさせて頂くことにしました。その理由を書かせていただきます。

私は以前、大川隆法氏が不倫で傷つけた女性の個人相談を受けました。最近、さらにその被害が広がっていることを確認しました。そうした事実を知って、信仰が深く傷つけられた人々も出てきました。その方々は納骨壇を返却するので、その時のお布施を返還してもらいたいと願われていました。

そこで私は大川隆法氏に、そのことを手紙に書いて、大川隆法氏がご自身の行いを反省され、被害女性を救済され、お布施の返還にも応じてくださるようにお願いする手紙を送りました。その手紙は今年の4月4日に目黒駅近くの郵便局に投函しました。この手紙は私信ですので、私は公開はしておりませんでした。

ところが、手紙が到着した4月5日づけで、私は幸福の科学から「除名」されました。さらに、4月20日には「舎利弗の確認」と題する霊言で、私の過去世認定をすべて取り消されました。さらに、5月22日には「元職員・種村修氏の守護霊の霊言」と「智慧第一・舎利弗の霊言」が収録され、私の名誉を傷つける内容の霊言が、全国の精舎や支部で公開されました。
さらに6月7日、3つの霊言が書籍化され、幸福の科学出版株式会社から大川隆法『舎利弗の真実に迫る』として出版されました。言うまでもなく、中味は一冊丸ごと、私を名指しして中傷です。

この背景を考えますと、私の手紙が、大川隆法氏が決して触れて欲しくない不都合な真実にふれていたため、私の信用を失墜させることで、私の語る真実を幸福の科学の信者や一般の人々が受け入れないように予防する意図があったと思います。

幸福の科学は信者数1200万人を標榜し、全国全世界に研修用の精舎や支部精舎数百も要する日本有数の宗教団体です。そんな大教団が組織を挙げて、私個人の名誉を傷つける本を出版され、私の「社会の中で名誉ある存在として幸福に生きることを追求する権利」を脅かしてこられたのです。

私は大川隆法氏に対して、数日後には、すぐに廃刊にし回収して下さいと配達証明でお願いしたのですが、なしのつぶてで、逆に産経新聞(6月13日朝刊第2面)や東京新聞(6月25日朝刊)などに新聞広告を出されてしまいました。

この本は、私に無承諾で出されています。「元職員・種村修氏守護霊の霊言」をはじめ、本全体に実名で私のことが非難され中傷されています。私はきわめて不本意ですが、「大川隆法総裁先生のご慈悲である。これを読んで反省せよ」と、幸福の科学広報局の土屋氏と渡邊氏が何の連絡もなしに、突然この本をもって職場にまで押しかけてこられました。

私は今年の4月4日までは、幸福の科学の信者でしたので、私の人間関係の基盤を崩壊させ、社会的抹殺をされたかったのだろうと推定しております。

やむなく、私は自分の名誉を自分自身で守るために、私のこの本への意見をブログで発表することにしました。一般社団法人心検の所長でもありますので、誤って傷つけられた社会的信用と名誉は、これを回復する必要があると思いました。

という理由(わけ)で、これからしばらく『舎利弗の真実に迫る』講義と題して、ブログを書かせていただきます。

なお、私が大川隆法氏に送った手紙は、その一部が週刊文春(7月19日号)に掲載されています。これは週刊文春の記者の方が教団関係者から独自に入手されたものです。私に内容の確認に来られましたので、正直に「確かに私が書いた手紙です」とお答えしました。しかし、もともと私の手紙は大川隆法氏への私信ですので、今のところ私から公開することは考えてはおりません。
関連記事


『舎利弗の真実』解説1

2012年7月12日 木
舎利弗の真実に迫る講義1


『舎利弗の真実に迫る』からの引用を最初に太文字で表示して、次にその解説を書いていくという表記方法を取りたいと思います。

「当会の初期の過去世認定は高橋信次によるものが多かった」(『舎利弗の真実に迫る』P15)

「当会が、まだ宗教法人格を取る前の段階の小さな任意団体だったときに、『過去世で釈迦の十大弟子だった』という人も、私の周りに何人かいたのですが、その段階では、きちんと霊現象まで行って確認してはおらず、誰か霊人が言ったことを、そのとおりに認定していたようなことが多かったのです。」(同書P15)

<解説> 

 この引用部分は嘘です。1988年3月の末、幸福の科学では大川隆法氏が少数の職員とボランティアの人々を20~30名集めて、西荻窪駅から徒歩10分ほどの地下の事務所(最初原久子氏の自宅の一室を間借りしていたが、手狭になり地下の部屋に数ヶ月の間、事務所を構えたことがある)にて、重要な会議を行いました。私は始めてこうした会合に参加しました。そのときは大変な緊張が漂っていました。最初期の頃、在家で委員をしてくれていた画家が、慢心を起こして悪魔ルシファに憑依されてしまったということで、それを折伏する目的の会合でした。このときに、大川隆法氏自らが釈迦の生まれ変わりであるだけでなく、舎利弗が種村修であり、大目連が高橋和夫氏であり、マーハーカシャパが細川氏であり、阿難が阿部氏であることを明言されました。

私は始めて自分の過去世を告げられてびっくりしました。このときは高橋信次が大川隆法氏に入って霊言したのではありません。細川勝由氏や坂下邦文氏、前田節氏などの元職員や山口篤さんなどの最古参の職員はその場にいました。関谷氏もいました。大川隆法氏が自らを釈迦の生まれ変わりであると宣言し、その大川隆法氏が私を舎利弗と言い切ったからこそ信じたのです。

 万が一、高橋信次霊が私の過去世が舎利弗だと言ったとしても、大川隆法氏が釈迦の生まれかわりなら、釈迦の十大弟子を間違って判断するなどあり得ないことです。大川隆法氏は9次元の悟り、つまり8次元如来界を超える悟りを『太陽の法』を説いた時点(1986年)で得ていたことになっています。『太陽の法』によれば7次元と8次元の中間段階である梵天の境地で観自在力が備わり、六大神通力が備わるとあります。すなわち大川隆法氏が過去世認定した段階では、大川隆法氏は自由自在に過去世がわかるという神通力を持っているという触れ込みだったのです。高橋信次霊は、あのように還った当初の頃は6次元であり、幸福の科学で霊言集をたくさん出したので7次元に還れたと大川隆法氏は言いました。

 もし『舎利弗の真実に迫る』にあるように、高橋信次霊の過去世認定を鵜呑みにして、それが間違いであることも見抜けなかったとしたら、当時の大川隆法氏の悟りは6次元かせいぜい7次元であると告白しているのと同じです。少なくとも梵天ではあり得ないことになります。そのような人が釈迦の生まれ変わりと言うのはおこがましいでしょう。大川隆法氏の悟りは、最初から偽りがあったことを吐露してしまったと思います。ですからこの本は「大川隆法の真実に迫る」という副題をつけるべきであると考えています。

 ちなみに、私の過去世が、他に栄西であり不空三蔵であるとい言ったのは、1988年の年末に行われた幸福の科学道場の「霊道現象とは何か」のなかで行った霊道現象の場でありました。その時に大川隆法氏は私の魂の兄弟であるとして栄西と不空三蔵を呼び出し、原久子氏に入れて話をさせました。その場には数十名の信者が臨席しており、見ています。テープも発売されています。このときの指導霊が高橋信次霊であったということにはなっていますが、大川隆法氏が指導している事実には代わりはなく、大川隆法氏が指導しているからこそ私達は信頼したのです。

 1994年、高橋信次の影響を払拭して方便の時代は終わったとして、三宝帰依体制を確立した際に、大川隆法氏は職員を集めて、本来の釈迦弟子で組織の中心を固めると宣言し、私を事務局長にしました。これは私を舎利弗としての人事でした。また1996年~1997年にかけての創価学会との言論戦においては、大川隆法氏は私が舎利弗であり法将であることを職員に明言していました。それゆえに私は『創価学会亡国論』を執筆したのです。

 もし私がこの本に書かれているように、拝火教徒で名前も残らないほどのつまらない釈迦弟子で、ダイバダッタに引っ張られていきそうになった問題がある弟子なら、どうしてそういう役目が出来たのでしょうか。そういうつまらない人を見抜けなかった大川隆法氏の悟りとは、いったい釈迦の悟りといえるのでしょうか。むしろそちらが極めて疑問になります。

 私は、教団に出家して間もない頃、「この人は良い講師になる」と大川隆法氏から言われたことがあります。また、初期の頃は大川隆法氏が自ら採点しての論文講座が、職員向けに毎月ありました。ここでは10番以内に入ることが多く、1番も何度かありました。これは大川隆法氏が直接した悟りの認定という意味がありました。この本でいうようにつまらない人物が私でしたら、それをここまで評価していた大川隆法氏の悟りとは、本当はいかほどのものであったのでしょうか。

繰り返しますが、大川隆法氏が釈迦の再来ではなかったことを暴露してしまったのが『舎利弗の真実に迫る』であり、繰り返しますが、この本に「大川隆法の真実に迫る」というサブタイトルが相応しいと思うのです。

 過去世を認定しながら、その正確な検証はしていなかったということは、ご自分の仕事の杜撰さをご自身で暴いてしまっています。これにより、大川隆法氏が説いた霊的世界の真実性や過去世認定の真実性は、一気に信用を喪失したことになりました。
関連記事


『舎利弗の真実』解説2

2012年7月13日 金
『舎利弗の真実に迫る』講義2 誘導話法 

「当会では、発足からワンゼネレーションが過ぎましたが、舎利弗や大目連などという、教団の核になる人が最初からいたわけではないかもしれません。『発足当時は、この世に生まれていなかったり、まだ子供であったりしたため、教団内で活躍できる状況にはなく、今ごろになって頭角を現してきている』というようなことも、ないとは言えないのです。」(『舎利弗の真実に迫る』P17)

「舎利弗、シャーリプトラという方は,大乗仏典には、ほとんど登場してきます。」(『舎利弗の真実に迫る』P19)

<解説>
 これは大川隆法氏が得意の「誘導話法」です。自分の意図するところへと、聞く人々を徐々に誘い込み、誘導していくために、布石を打っておくのです。舎利弗や大目連は大川隆法氏の次男と長男であるかもしれないという思わせぶりをして、大乗の時代に大きな仕事をする次男が舎利弗の生まれ変わりではないかと、聴衆を誘い込む方法です。したがって、このあと続く霊言は大川隆法氏のシナリオに沿って演じられていることを、暗に示しているのです。

「(会場の聴衆に対して)みなさんには霊言に立ち会っていただきます。大勢の方がいると、ある程度、フォーマルになるので、一人で行うよりも、やや磁場的にチェックが働き、霊のほうでは、嘘やごまかしが言いにくくなります。」(『舎利弗の真実に迫る』P20)

<解説>

 これは大川隆法氏が一人で行う霊言はチェックが効きにくいので、嘘やごまかしが入る可能性があることを告白したとも読める内容です。
 なお、大川隆法氏が栄西と不空を呼んでの霊言は、最初期のころ西荻にあった幸福の科学道場で木曜セミナーに参加した数十人の信者が見守る中で行われました。
 生前の高橋信次氏の霊道現象も、多くの人が見守る中で行っていたそうです。
 それでも数多くの間違いがあったとすると、大勢の中でやったから精度が高いという保障は、全くないのではないでしょうか。
 要は、大川隆法氏が正しい悟りを維持して霊言をするか、維持できなくて邪な霊を呼び込むか。それこそが問題ではないでしょうか。
関連記事




Copyright ©Heart Earth. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad