Heart Earth

 転載フリー♪リンクフリー♪


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【神理創造の自由】新たな説と法解釈の自由化

 
*人間はみんな神の子です それを私は神性遍在と呼んでいます

どのひとにも神性が宿るなら 心の統御を前提に どのひとも神の法を降ろし 神の法を説くことができるはずです

これは一躍如来 悉皆成仏の考え方のように聞こえるでしょうが少し違います

神理を教条主義の絶対的独占とするのではなく それぞれの神性が 個々の気付いた範囲で神理を語り 互いに意見交換の掛け算をして 神の法の探究をすることもできるという提案です

つまり神理の民主化であり自由主義神理論です 神性遍在ならば理論的帰結はここに達すると思います

*信者さんの中にもそういう考えの方がいて感銘を受けましたので ご紹介

◆真理は心の中にある
[法の解説者では人の魂を揺さぶることはできない]
http://ameblo.jp/yamato-hideboo/

「法の解説者で満足するな。真理そのものを語れ。これほど大量の教えを出しているのは、我々自身が真理を語り、そして世の中に一石を投じていけということだ」

「法そのものを語ってはいけないという風潮が残っているとしたら、いささか問題である。法には厳格に解釈するべき部分と、時と場所によって柔軟に解釈するべき部分がある」

といった感じ
信者さんの多くは この考え方に抵抗があるでしょう「個人が勝手に説いた法が間違っていたらどうするんだ」とね

最初は間違えてもいいじゃないですか 本にするわけじゃなくブログや個人的に議論の対象にしていくだけなので 間違いがあれば議論の中で気付いて修正していけばいい そういう試行錯誤は新しい創造には付き物です

大事なのは意見の違いを許容し「天国地獄の二元論」で議論しないことと自由にコメントできる場所があることかな

幕末の志士たちも そうやって国論を磨いて活動し 適塾などの塾でも そうやって学問を研鑽していったのです

こうして自由な新説を個々人で創り出し 語りあい磨きあえば お互いの得意分野の掛け算になって すごい相乗効果が生まれるでしょう


神理繚蘭

きれい α35.jpg
真理は
心の中にあり

それが
神性遍在の悟り
 
スポンサーサイト


【霊性の時代】天の声を私有化するなかれ

 
*中世の教条主義より抜け出して 近代の合理主義が興り 技術と学問の一大革新を経て「知性の時代」に今 生きています

未来の歴史家は 我々の今の時代を「科学時代の終末期」と呼ぶでしょうか そして同時に「霊性時代の黎明期」でもあります

*来たるべき霊性時代とは どんな時代でしょう

もはや霊が居るか居ないかなんて議論は 原始人の生活習慣を見るような自明のこと「科学時代の人間は何を当たり前のことで議論してるんだ」などと言われることでしょう

それと同様に「霊的なメッセージは限られた人間にしか起こり得ない」なんて議論は 未来の霊性時代のひとに こう言われますよ

「科学時代の唯物論者たちは なにを言ってるんだ 我々はみんな 毎日のように霊的メッセージを受けて生活してるじゃないか」とね

*過去幾千年にわたって天の声は預言者がパイプ役となって この地上に届けていましたが 今後もそれで行くのでしょうか

高橋信次の「想念帯理論」は 心を清らかにすれば誰でも霊とのコンタクトが取れるという画期的な発見でしょう

かつての産業革命における蒸気機関みたいな発明にあたります

それまで幾千年と人類は生物的動力しか使えませんでしたが 蒸気機関の発明によって飛躍的な動力源を得ることができるようになりました

*人類は「想念帯理論」によって 心の深奥から霊界の智慧を取り出せることに気付きました

さすれば いかにすれば 心を清められるのか それを研究し実行していくのが この霊性時代の黎明期に当たります

そして霊性時代の最盛期にはアセンションやクオンタムリープと呼ばれる 地上世界そのものが肉体を昇華させ 霊的存在として生活するようになり 悟性の時代に向かう

とスピリチュアルな一般論では言われています

私はあまり読んだことありませんが 雑誌『ムー』とかにもたくさん出てくる話です

*要するに 霊的メッセージを受け取ることは 誰でもできる当たり前のことになっていくでしょう

そういう時の流れの中で 霊言独占主義を唱えて 天の声を私有化しようとしてるのは 原始人の縄張り争いのようなエゴの執着に見えてきますよね


個々の心に
神々は宿れり

夜月 虹色蝶々.jpg
みんな みんな
天使の声を
聞けるようになるよ

 


【プレアデスの記憶】個々の心にこそ神は宿れり

 
正しくはプレイアデス

私たち自身は あの故郷のことを「プレイオーネの7姉妹」と呼んでいました

プレイアデスの名は地球において古代ギリシャ人が付けた名前です

我々の子孫というか姉妹というか アルテミスに導かれ地球に旅立った者たちが かつてのアトランティスと後にギリシャの地に降りたち 遥かなる故郷を眺め 代々その名を伝え 人々に受け継がれていったのでしょう


KAGAYA earthlight δ2TriφQVmaj.jpg


私の母星はマイアの出身 この絵はマイアから見た景色によく似ており 見えているあの星は中心星アルキオネ

アルテミスに導かれ 初めは月に降り来たるときに見た風景が この絵のような故郷の景色と重なり 旅人の心を励ましてくれました

プレイアデスは ご存知のように恒星系星団が7つあり小さな衛星群も含めると数十個の星々の集まりです

「7」という数字が今でも吉祥の数とされているのは プレイアデスが由来です

どの星も近接していたので星間移動の技術ができると7つの星群それぞれに発展した文明が融合し「プレイオーネの春」を築いていきました

ちょうど地球におけるヨーロッパの歴史に似ています 近接しているがゆえに 互いに学びあい模倣しあって 知性革命と呼ばれる技術や学問の一大拡新期を向かえます

そして近接して互いの文明を競い合っていたので プレイアデスの歴史は果てしない戦いの歴史でもありました

中でも「一神教がアルキオネを統べる年」に起きたアルキオネ封鎖戦争は全てのプレイアデスを廃墟に変えるほどの悲惨な大戦を経験し

プレイアデスでは以後 相対的なるものにこそ宇宙神の意志があり 個々の繁栄と全体の調和があると信じられるようになりました ギリシャ・ローマの多神教がその名残りと言えましょう

我々の美意識の奥深くにあるのは お互いの神性 お互いの気持ちを大事に大事にしていくという「愛の調和」と お互いの多様性を尊重し学びゆく姿勢からの「知の繁栄」

私たちは絶対的な教条主義は取らず 多くの者の多様な心の内に神の美を見つけ 7つの星群のように個性は個性として尊重しています

この愛と知の原理は《個々の心にこそ神は宿れり》という「プレイオーネの真理」への信仰から成り立っています

なつかしき私たちの故郷は 今でも私たちの心の美意識として輝き続けていることでしょう


真の調和を生み出す方法

 
わははは、開戦したわ

いーぞ いーぞ
進め~ 進め~

   by グーデリアン


*ブログ村の横暴なアマミ派信者に、戦士派信者が立ち上がりましたぞ

こんな風に信者間の開戦を喜んでいると「地獄的」だの「悪霊のようだ」などと思ってしまうひとは、大川教の地獄好き二元論に洗脳されている証拠

本当の調和は、上辺だけの美辞麗句では作ることができない。上辺だけの会話は、上辺だけの面従腹背な一時的停戦しか生まれない。心が伴わない言葉に何の価値があろう

あの世では心がガラス張りで、想いが相互に全て伝わってくると聞く

ならば、この地上において肉身あるときにホンネで語り合えなければ、あの世に行っても調和などできまい

いかに言葉が荒々しく、互いに傷つけあうような言葉でも、心のままにホンネを言葉に乗せて語るなら、いずれそれが、とても心地よい会話になっていくだろう

人の本心とは、時に剣のように肺腑を突き刺し、心に痛みと出血を伴うこともある

だが相手が本心で感じていた言葉に腹が立ったり、傷ついたり、何らかの心の変化を伴って感じる場合は、相手の指摘は当たっていることが多い。振り返ってみて身に覚えのあることであろう

ホンネの会話とは、いかに「気付き」の多い有意義な会話であろうか

今まで生きてきて耳障りの良い上辺だけの言葉を聞いたことがあるだろうか。どんなに誉めてくれようと、優しい柔らかな言葉であろうと、そこにそのひとの想いが乗っていない言葉は、不快で気持ちわるいものに感じるはずだ

*大川教信者の多くは、こういう上辺だけの会話をして、調和だユートピアだと言っている

こんな会話をしているから、お互いの心は壁で隔てられ、解りあうこともできず、上辺だけの一時的停戦をして、それを天国だと思っている

心とは正直なものだ。本心やホンネは何度も心に浮かび、そしてあるときを境に堰を切って流れ出すだろう

互いにホンネをぶつけあわなければ真の調和など生まれない。それを避けていては、いつまでもキレイ事地獄に漂うことになる

コメント承認制などの隔壁のない自由に話せる場でホンネをぶつけあってみるといい

それが本当の調和を生み出す方法であり

また成長と調和を伴に促す方法でもある

それゆえ、あの世においてはホンネだけの世界となっているのだ


ファイル0924.jpg
 


《神様のホンネ》

 
幸福の科学が困ることをひたすら書きこむブログ-Schonheit α7 チャペル.jpg

信仰ある者も
未だ信仰に
致らざる者も

健やかなるときも
病めるときも

悦びあるときも
哀しみのときも

富めるときも
貧しきときも

想いをこめて
これを愛し 篤く敬い
傍らにて慰め 相い助け

その命ある限り
天が二人を別つまで
愛し慈しみ 誠心を
尽くすことを誓います


幸福の科学が困ることをひたすら書きこむブログ-ファイル0731.jpg

それでは ここに
天と子と聖霊の
御名に於いて
この二人を夫婦と
認めます

もしこの誓約に
異義ある者は
今このときに
申し出でよ

異義なくば
この新しき
夫婦の契りを
心から祝福し

将来にわたり
親しき友として
語りかけよ


I take thee Bride
to be my wedded
wife husband
to have and to hold
from this day forward

for better or for worse
for richer for poorer
in sickness and in health
to love and to cherish

and I promise
to be faithful to you
until celestial parts us



信仰ある者も
信仰いたらざる者も
異教徒も 放教者も
唯物者も みんなみんな

神の愛しき我が子です

たとえ
いっとき
思いちがいが
あろうとも

我が子が
我が子であることに
代わりなく

すべての我が子らに
我と等しきものを
宿らしめたるは

限りなく子を想う
我が愛しき想いなり





幸福の科学が困ることをひたすら書きこむブログ-月輝 γδpro初メールχ2 φ240.jpg


Gods will be able to

Accept You

whatever you are





Blog Mura
 


  TopPage  



Copyright ©Heart Earth. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。