Heart Earth

 保存,転載ご自由に♪掲示板に当ブログURLは貼らないで


Cp31 大川隆法 同性愛者を差別


同性婚は社会病理な退廃だ!



大川隆法 差別発言著作集

『フランクリースピキング』
同性愛者は霊的に問題がある


『創造の法』
同性婚は一種の社会病理現象、退廃の時代(末期的症状)


『太陽の法』新版
金星で偉大なる文明を築き、半分は男の、もう半分は女の属性を授けた。
<dl><dd>旧版においては金星の人類計画は植生人間などを創り出したが、大いなる失敗であったと語っている。新版では削除。というか正反対の結果に</dd></dl>

『限りなく優しくあれ』
男は男として、女は女として、それぞれに価値がある。

紅茶とコーヒーを混ぜたら飲めますか?飲めないでしょう

女が男の真似をして、男が女のようになってはならないんです。

それは今までの何千年もの魂修行を途中で放棄して、異性の列のいちばん最後の列に並ぶことになるのです

基本的に男は男として転生し、女は女として転生しています
<dl><dd>筆者註 男は男に、女は女にという転生の慣性的な性別決定論から「同性愛者は霊的に問題がある」という大川説が導かれてくるのかもしれません。
でもそれは魂の両性という考え方と矛盾します

前妻きょう子と離婚後、2代目のアフロディーテ設定あたりから、転生の性別慣性原則は崩壊。
8次元如来は雌雄一体との説明だったが、7次元菩薩以下も男女混淆の過去世設定を行っている。
要は教祖の都合と気分的な思いつきで過去世設定は決まります。</dd></dl>

『超絶対健康法』?
性同一性障害は 人生計画の失敗。認識力欠如や人生設計の甘さが原因


『希望の法』
鬱の原因は単なるキャパシティー・オーバー


『菊池寛の霊言』
ん?なんだ石原さとみって云うのは創価学会の女だろ?
この格好。やらしいじゃないかよ。ええ?

(大川自身の発言部分)
せっかくだから性の儀式を始めちゃおうかなぁ。性のグランドマスターってことで、いっぱいお客さん呼べるんじゃないかなぁ
<dl><dd>こんな仏陀がいるか!
菊池寛がそんなこと言うか!
どっちが退廃してねん・・と やむにやまれずツッコミました
</dd></dl>


私説 性的な葛藤について

私自身が長年、性の同一性について、さんざん悩みましたので、この分野に関しては、信者時代から大川の底の薄さが透けて見えちゃったわけです。

信者当時の私の中での解釈方法は「主にも得意不得意な分野があるのだろう。主が関心のないことは、それほど深く見識を持たれることはないのかも。
自分が悩みに悩んだ分野というのは、相当深い井戸を掘って、詳しくなって行くんだろうなぁ」

と、こんなかんじで折り合いを付けていましたが、今思うと観自在なんてウソっぱちだったんだなと気付けるキッカケですよね。ココ。

性同一性の他に「鬱」や「サドマゾ」などのアブノーマル性癖については、大川本を読んでも空っきし解決しません。


思索の得意な方は、独自に自分なりの思想を育てて対処していくしかありません。

そして大川論と自説の間で思想的な煩悶を繰り返します。この時点で本当は大川の見識を越えてしまっているのですが、あとは、しのごの考え抜いたあげく、自分の中で大川の見識の浅さを納得して、大丈夫か?このひと?

ってとこまで法を勉強すると、幸福の科学や大川の実態について調べたくなります。ここまで来ると性と性癖に関する「思想解脱」に致ることでしょう。


また思索や思想的なものがニガテという方は、むしろ早く結論に達します。

思索がニガテな方は、ある意味、本能で生きていますので、感性がとても発達している方が多いと思います。

そして自分自身の内側で、性同一性やアブノーマルな性癖に直面すると、まず抱くのは罪悪感でしょう。

これは「キリスト教会」的な価値観によって、人間のありのままの姿をそのままで受け容れることを罪とし、何らかの価値判断を付け加えて、重苦しい荷物を背負わされてきたように思います。

多神教的な性の開放感については、いろいろ話したいこともありますが、元に戻すと

感性的なひとは、自分の正直なこころの内の声を感じ取れますので「私は何が好きなのか」という感覚をたくさん掴めれば

「あぁやっぱり私はこれが好きなんだ。私の心はこれを求めてる」という確信に致ることでしょう。

これは自分のありのままの姿を受け容れた瞬間であり、そのとき罪悪感などという押し着せの虚構は、霧のように吹かれて消えていきます。

「だって、それが私なんだもん。良いとかそうじゃないとか。そんなことより、良くも至らずも、これが私自身!」

という性と性癖に関する「感性解脱」を果たすことでしょう


こんな大川の差別思想に虐げられてるより、もっと広い世界がありますよ。

本当の神さまなら、分け隔てなく、ありのままの自分をそのまま受け容れてくれると思いませんか?

良くも至らずも、信仰の対象が何であっても、心が純粋なら褒めてくれるでしょう。

そうでないなら時間をおいて、ゆっくり気付くのを待っていてくれるでしょう。

どちらにしても、本当の神さまは、いつも優しく だっこしてくれますよ。

自らの内なる神さまを見つける旅は、まず神さまが私たちにしてくれるように、私自身が、私自身のありのままを受け容れてあげることから始まるのだと思います。
神さまの真似をして、まず自分自身に神の御業をやってみる。

自分のありのままを受け容れると、自分が大好きになりますよ。そしたら何か喜ぶことをしてあげたくなります。

もうそれだけで、いっぱい幸せなんで、自分にできたことは、周りのひとにもできます。そしたら何か喜ぶことをしたくなります。んで、みんなでハッピッピー♪

これが本当の幸せの科学ですよね。


《神がしてくださるように、あなた自身にもそうしてあげなさい。そして自らにするのと同じように、周りのひとにもしてあげなさい》というイエスの言葉は、このことを言っているのですね。



関連記事
幸福信者村の同性愛論争
http://a24.chip.jp/herzerde/album/c_index.php?tnum=111


*幸福の科学㌢写真館*
http://a24.chip.jp/herzerde/


スポンサーサイト


Cp32 大川信者村の同性愛論争


ついつい

<center>いいんだよ そのままで

心のままに
ありのままに

おたがい神の子として
おたがいの そのままを
認め合って生きたいね
</center>

幸福ブログ村の騒動

幸福信者のブログ村での騒動はこの同性愛者への差別発言が論点のひとつになっています

そのコメントを時系列で並べてみました


救国と愛国ブログ
〔ピア健ブログ復活の理由〕
2012/10/01 00:06

まず、ピア健さんがHSカテゴリーから出っていた理由を書きます。

『ブログ村のHSのカテゴリーに登録している、SYというブログとYGというブログにおいて、自称宇宙人ブログへの攻撃がありました。

それに対し、いわゆる「ピアニスト健さんのブログ」がそれに対して反論しました。

それについて、余り関係のないLという人のブログが、不干渉にしましょう?と言う謎の内容の最後通告なる記事が4回も出されました。

まぁ、誰に言っているのか?分かりませんでしたが。

それで、ピアニスト健さんが彼らの念の強さが嫌でHSカテゴリーから出ていかれました。』

こんな経緯があったのです。

はっきり言って、言論は自由です。誰が、誰を批判しようが、誰が自称宇宙人を称しようが、言論は自由です。

それから、ある宗教団体の教えに則って、間違っている?と言ってもいいのですが、本当に間違っていたら、それなりの反作用が宗教団体から本人に来るはずです。
<dl><dd>SY 真田幸村さん
 YG やすらぎガンさん
 L LEOさん(かな?)</dd></dl>

(そのコメント欄)

3.名無しさん
2012/10/01 10:54

ピア健さんはゲイ(同性愛者)だそうですが、幸福の科学は同性愛者は霊的に問題があると大川隆法総裁が書き上げた書籍『フランクリー・スピーキング』に書かれています。

また違う書籍の『創造の法』には同性婚は一種の社会病理現象、退廃の時代(末期的症状)だと断言しています。

幸福の科学信者であろうピア健さんは社会の退廃を進めるまずい立場にある(同性愛を肯定する悪魔?)のはと思います。

皆さんいかがでしょうか。


匿名さん
2012/10/01 14:25

ピア健さんは わかりませんが 同性愛で苦しまれている方は 多いです。苦しまれている方を救うのが 信者の仕事。

同性愛を肯定する悪魔とみてしまったら 救えません

主に愛され 創られた魂をそれこそ 肯定的に見ていきたいです

ゲイの人と 飲んだりすると 明るいし よく話を聞いてくれます

ピア健さんのブログで 悪魔は 感じませんが…

ランキングを 外れても
、しばらく話題にされていたブログもありましたが そちらも 人気あるNo.1ブログだけに 残念でした。

読んでも 長すぎて難しくて 教養のない自分にはわからなかった…これも また 残念です


コウさん
2012/10/01 12:58

>名無しさん
今は、違う解釈になっているのではありませんか?

主の教えを学ぶと言うことは、最新の教えを学ぶと言うことです。だから、学び続けなくてはいけないのです。

「新時代のやまとなでしこたちへ」だったか、まだまだ、答えが出てないことであるのです。

宇宙の時代になり、多様性なる価値観を認めることが、あらゆるリーディングで大事だと教えて頂いてます。

そういう人がいるとして、男女がある意味を考えなくてはなりません。

まだ、何億年後には、中性の性が地球に用意されるかも知れないのです。

頭を柔軟にお願い致します。


子羊のピッポさん
〔自由の多様性〕
2012/10/01 23:50

ゲイだろうが オカマだろうが 優れた実績を上げれば良いのです

カタツムリは両性具有ですが あれは、悪魔ではありません

少数ですが、天使にも、オカマタイプが存在します

自然界の多様な生物達には性転換の機能を持ったもの達が、多数存在します

それを悪魔と言い放つのは、人間の傲慢です。


ガンさん 2012/10/04
Kさんのブログにこのようなコメントが来ていました。

内容的には、ゲイ(同性愛者)は幸福の科学の立場でいえば、霊的に問題があり、真理の書籍にも「一種の社会病理現象、退廃の時代(末期的症状)だと書かれています。という内容のコメントが来ていたと思いますが、

それに対してKさんの返答は、「今は、違う解釈になっているのではありませんか?」と回答されていましたが、いったいどの本の何ページにそのような、ゲイに対して違う解釈がされているのでしょうか。

法を勝手に解釈してよいのでしょうか。

http://swedenborg-platon.seesaa.net/article/295407345.html


コウさん 2013/04/16

聖なる変態を標榜する方がHSカテゴリーの1位を占めていることに関して、かのブログはHSにふさわしくない、さらに、HSの評判が落ちるというようなことを述べていましたが、その事についての動機も詳細に調べる必要があります。

「自称宇宙人を批判すれば、その人は、自称~で批判されることになるであろう」
コウ(日本・自称ブロガー)


http://ameblo.jp/adgjmptwadgjmpuwadgjmptw/entry-11512741509.html


ひでさん
2013/04/18 17:19
一言。仏教の悉有仏性ということは、同性愛者を擁護する意味ではないよ。あしからず。


コウさん
2013/04/18 23:39
>ひでさん
私は、擁護しますけどね。
そこが、寛容さの違いです。

http://ameblo.jp/adgjmptwadgjmpuwadgjmptw/entry-11513476288.html


幸運の使者ピア健さん
 癒しの異次元ブログ

〔天に召されたい〕
2013/04/23 15:18

眠りについて、次の日に目が覚めなかったとしても、何も思い残すことなく旅立てそうな気がする、今はそんな心境です。

僕はもう疲れました。

振り返ってみれば、
ゲイであることをカミングアウトして書き始めたのが、そもそもの失敗の始まりでしたね。

分をわきまえないでスピリチュアルな記事を書き連ねてしまったのも、不徳の致すところでしたね。

最後にこれだけお伝えしておきます。
僕は誰かを敵に回したくて、このブログを書いていたわけではありません。
ゲイ以外の世界でも、
一人でも多くの方と交流したかっただけです。

http://ameblo.jp/pianist-kentaro/



私説 神性観と差別知?
神性が全てのひとに宿るという思想と、大川隆法の差別意識が、相容れず矛盾しているから起こる問題であろうかと思います。

大川さんの差別発言集を別記事にまとめてみたので興味ある方はご覧になってみてください。

信者であるならば、ガンさんのように教条主義にならざるを得ませんが、信者の姿勢としてはそうなるでありましょう。

しかし、そうすると大川さんの差別観を実践しなければならくなり、関西校の住民トラブルなどで見られるように、信者の一部のひとたちは差別言動を平気で実践してしまうことになります。

ここに挙げた信者さんの中には、いや差別するのはおかしい。という神性観をお持ちの方が居ることを知って、ほっとしました。

コウさんや、ピッポさんのような神性観を持つには、大川説をベースにしながらも、すでに大川説とは別の独自の自分なりの思想をお持ちなのだと私は思います。

それゆえ、大川説を相対的に観ることができ、本来の神の教えである神性観に致ることができたのでありましょう

果たして、大川さんの書籍に綴られた差別発言の数々と、ここに引用させてもらった信者さんたちの神性観と、どちらが本当の神さまの心だと思いますか?

それは読者の方々、それぞれのご判断にお任せ致します


関連記事
大川隆法 同性愛者を差別
http://a24.chip.jp/herzerde/album/c_index.php?tnum=112


関連リンク
幸福観測所
http://antikkuma.hatenablog.com/


*幸福の科学㌢写真館*
http://a24.chip.jp/herzerde/




Cp33 神秘なエルカンのネタ帖


2005年 月刊誌より


大川の失言を集めてみました。ブログのネタなどにどうぞ

「十字架トントン立ててね釘打っちゃてね、あーこれで大川隆法、これで磔けて気持ちいいなんてやってる人いたらね
これ神の子なんて言ってやりたくないですね気持ちとしてはね、お前ら下から来たんだ?なんて言いたくなりますね」
~初転法輪 1986/11/23
幸福の科学発足記念座談会「大川隆法第一声」より引用


「とりあえず方便でね、霊言集というものを出しましょうと」
「霊言はね、これはちょっと、あまり皆さんの前で安っぽくしたくないもんだから、聖人たちに申し訳ないから」という理由で霊言はできないと断っていました
~1986年 大川隆法第一声


「紀尾井町ビルに移れと九次元霊がみんな言っている」
~関谷皓元『虚業教団』


「三帰誓願しても、口だけなら なんとでも言えますから100万ぐらい出してこそ不退転の信仰」
~2005年頃 祭壇の売り文句


「教師というのはね、でもしか教師と言ってね。教師でもするかとか 教師しかできないというひとがなるんですよ」
~法話『自燈明の時代を生きよ』2005,教典では削除


「いまの教勢では、私が生きている間に仏国土ユートピアを実現するのは無理です。慣性の法則からしてね
それを見ているグレイなどの宇宙人がこの地球に介入してくるかもしれない」
~『信仰のすすめ』講義,2005


「いじめる側も いじめられて自殺する側もおそらく霊障になっていると思います
またその場合は親のほうも、もちろん家庭も霊障だと思います」
~月刊誌1996年8月号 p56

⇒三男裕太が いじめに遭う
大川「学校が悪い」「いじめた相手が悪い」「誰々が悪い」って それは霊障だから人のせい環境のせいにするのでしょう


「皆さん、これがパリの夜空です」
信者の布施で買った高級腕時計をドヤ顔で指差して


「うちは創価学会よりも集票力があります。自民も民主もどちらを選んでも不幸になるので、見るに見かねての出馬です」
「天上界からの啓示によって実現党を作り 選挙に出馬します」
『文藝春秋』2009年8月号インタビュー


「麻生さんは公示日に、壊されると損をするからと1500円の腕時計で街頭に立った。ケチですよ。私はその1万倍の値段の時計」
(選挙演説にて)


「もう人間様に投票されるなんて、もう、神様仏様もう、頭から火吹きそうなぐらい、腹が立つことではございますけど」
(同じく選挙演説にて)


「君は過去世で僕の妻だった。僕とセックスすると光が入る」
(軽井沢法話にて)


「お前は前世で俺の嫁」
『マイケル・ジャクソンの霊言』にて
ムーンウォークのマネをして女性信者に抱きつく。お蔵入り


「僕自身が死のうとしてるのかもしれない」(選挙時の述懐)


ヘルメス風大川が、写真の大川を指さして「この人以外に誰が大統領に相応しいひとが居るんだ」
2009年 死にかけ発言後の選挙中止の中止をしたときの言い訳。支部リーダー限定


「そんな少数じゃ泡派閥ですよ。最悪でも自民党の大きめの派閥くらい」
結果は300人全員漏れなく落選


「麻生や鳩山よりうちの家内(きゃう子)は優秀ですよ。サッチャーやヒラリーよりも優秀です」
・その後選挙敗戦責任をきょう子夫人にすべて押しつけて石もて追放。
・口臭が酷い、便器の跳ねっ返りが酷いなど人格攻撃の誹謗中傷
・子供まで使ってユダだのサタンだの悪妻封印祈願だの‥


お布施の9億円の供託金なんて「小さい、小さい、そんなゴミみたいな(笑)」


2010参院選総括
大川「再度選挙に挑戦する。3回目も屍骸累々の結果に終わってしまうのか、そのあたりで何らかの光明が出てくるか分からないものがあるが、その後の未来は明るいのである」
⇒観自在はないみたいです
⇒2012衆院選も屍骸累々でした


那須校建設のときに
大川「黙って建物建ててしまえ、これだけ学校建てちゃったら許可せざるを得ないくらやっちゃったらいんだ。建ち上がったものを使わせないなんてできるわけないだろ、押し切ってやるからやってしまえ」
『若さに期待する』2010年4月


関連画像
大きなお布施のゴテ時計
パリの夜空
週刊文春2009年8月


*幸福の科学㌢写真館*
http://a24.chip.jp/herzerde/






Cp34 『当たらない予言集』




大川隆法『当たらない予言集』

*91年頃 原久子の父はもうすぐ亡くなる⇒5年以上ピンピンしてる

*91年頃 高橋佳子はもうすぐ亡くなる⇒存命中

*2009年 与謝野馨はもうすぐ‥⇒存命中

*ゴルバチョフは暗殺か失脚⇒任期満了

*エリツィン政権は短命⇒かなり続いた

*EUは崩壊する⇒2014年も存続中

*支那が攻めて来る⇒大川が日支民族対立を煽り日支開戦の準備をしています

*家庭ユートピアも作れない者が菩薩や如来であるはずがない⇒離婚、悪妻祈願、悪口祭り

*『黄金の法』神武天皇は実在しない⇒『神武天皇は実在してた』2013頃

*ウチは創価よりも集票力がある信者1100万⇒投票してみたら46万

*第一党となって幸福維新⇒0議席、翌年0議席

*翌年、ウチの信者は1200万⇒投票してみたら23万、懲りないやつ

*次も屍骸累々で選挙します⇒出馬候補40名前後

*ウチの信者は1400万、本はパンフレットと合わせて900冊⇒はいはい、もういいよ。結果は同じだ。
Thanks for Yasune san.
*1991年 フライデーはもうすぐ廃刊⇒部数をのばし現在も発刊

*1991年 近いうちに加藤紘一が総理になる⇒加藤の乱で没落

*1995年、2,3年後に東京に大きな地震が起きる⇒2011年には有りましたが予言なし

*1995年 池田大作はもうすぐ終わる⇒2012年現在も存命中

*霊格が高いほど予言はよく当たる『新太陽の法』⇒自分の予言はほとんど当たらない

*福島原発事故は人体に影響はなく1週間もすれば収束する⇒その後深刻な事態に

*2013年7月には第二次朝鮮戦争が始まる⇒何も起こらず

*2014年10月 御嶽山が噴火したので次は富士山が噴火する⇒???


◆大川隆法「日本の安全保障」
1991年2月21日
於 グランドヒル市ヶ谷
社団法人 安全保障懇話会主催

(以下原文通り)
×エリツィン
この方が、大統領を目指しても、まあ、もしなっても短期になるし、なれない可能性は非常に高い。むしろ次は軍部から軍事政権が起きてくる。

×北朝鮮
私は、年末くらいから動くというふうに見ています。軍隊として南下するということがはっきり感じられます。早ければ今年の年末くらいです。

で、92年から93年の間には、ほぼ確実に、これは、この動きは出てくると思います。

×自衛隊
今の5倍程度の規模には、やはり今世紀中に予想しておいたほうがいいのではないか。GNPの5%くらいですね。

×中国
おそらく今世紀中にそうしたソ連の中での内戦状態等、起きますとおそらくは介入するだろう。これは今世紀中の見通しです。

×イスラエル
で、先行きやはり10年から20年、来世紀の初頭をみますと、やはりイスラエルという国は、多分なくなるだろうと思います。

×加藤紘一
まあ近いうちに加藤紘一さん総理大臣になられると私思っているんですけど。

×予言について
で、まあずれて1年,2年ずれても、結局はそういうふうに流れとしてはっきり出てくるので、やはりそういう世界は現実にはあると認めざるをえません。

統計的にいうと、7,8割くらい当たってますので、(中略)半分以下とか絶対ないですので。

〔註:統計的に見ても、全部、大ハズレです〕


*幸福の科学㌢写真館*
http://a24.chip.jp/herzerde/



Cp35 イタコ芸の致命的なミス


<meta name="keywords" content="大川,イタコ,霊言,幸福の科学,カンニング,自称,雅子">自称霊能者 変身中


この稿は イタコ芸で また
まちがえちゃった特集


イタコ芸の致命的ミス


『NHKはなぜ、幸福実現党の報道をしないのか』-受信料が取れない国営放送の偏向-
NHKの放送総局長、報道局長の守護霊の霊言
⇒国営放送と言っていますけれども、NHKは国営放送ではなくて、公共放送ですよ。
NHKのホムペ
情報元http://ameblo.jp/egao-ga-1ban-smile/


『神武天皇の霊言』
 2012年8月19日収録
大川隆法『黄金の法』P145
「初代の天皇とされる神武天皇は、実在する方ではなく、須佐之男命と日本武命の話が合成されて、後世につくられた人格です」


『雅子さん霊言』
・雅子さん的大川「(実父小和田恒氏は)東大の法学部ではなく教養学部卒だったので、本来は外務次官になれないはずなのですけれども、なぜかなりました」
⇒雅子妃の父小和田恒氏の最終学歴は東京大学ではなくケンブリッジ大学大学院(Bachelor of Lawsを取得)

・雅子さん的大川「父が事務次官になるために、私が人身御供に‥」
⇒1991年(平成3年)
 小和田恆氏が外務事務次官
1992年(平成4年)12月12日
 雅子さん、皇太子徳仁親王
 からの求婚を受諾している

*53%の東大法自慢
外務事務次官出身学部
 東京大学法学部  8人 53%
 東京大学教養学部 3人 20%
 東京大学学部不明 1人 6%
 京都大学法学部  2人 12%
 大阪大学法学部  1人 6%
Thanks for Yasune san.


『西郷隆盛の霊言』
西郷風大川「ばってん」
⇒薩摩弁では「じゃっどん」と言うとのこと


『安倍晴明の霊言』
安倍風大川「あべのせいめいです」
⇒晴明は生きていた当時は「はるあきら」と呼ばれていたらしい。その時点でアウトだった。


石原慎太郎守護霊
「うーん。 まあ、中国は、2016年ぐらいでアメリカの軍事力に追いつくことを考えてるんじゃないかな。」

⇒石原慎太郎さんは、いつも「支那」という言葉を使います


関連記事
『菊池寛の霊言』
菊池寛の経歴をカンニング
http://a24.chip.jp/herzerde/album/c_index.php?tnum=71


内村鑑三霊言の致命的ミス
http://a24.chip.jp/herzerde/album/c_index.php?tnum=116


*幸福の科学㌢写真館*
http://a24.chip.jp/herzerde/




Cp36 ウガンダで債務不履行


<meta name="keywords" content="ウガンダ,幸福の科学,happy,science,講演会,lecture,訴訟">
Thanks for the translation



幸福の科学はウガンダ講演において残金の支払を踏み倒していたことが明らかになった。
バス会社がチャーター代の未払金Sh12100万の支払を求めて幸福の科学を提訴している。



国際宗教団体・幸福の科学傘下の「幸福の科学ウガンダ」は、バスレンタル会社の「African Secrets Limited」より、カンパラのNamboole staduimで今年の6月23日に行われた講演に伴う債務として、「sh12100万(=約363万円)」を支払うよう訴えられています。

カンパラの商事裁判所へ7月19日に出願された訴訟で、バス会社は、ウガンダの東部からNambooleとの間で174台のバスを使用し、11658人を輸送する旨の契約を、幸福の科学側と締結したと主張しています。

またバス会社は、6月7日に幸福の科学が、「sh38200万(=1146万円))」を支払うことに合意したと主張しています。

社主のAdrian Ssali曰く、支払総額の68%にあたる「sh26000万(=780万円)」は契約時に支払われたが、残りの32%にあたる「sh12100万(=363万円)」は、7日以内に支払われることになっていました。

しかし、Ssaliの談によると、幸福の科学は意図的に残債「sh121801500(=約365万円)」の支払いを拒否したようです。

宗教団体幸福の科学は、世界教師として信者から絶賛され、日本人指導者・大川隆法によって率いられています。

商事裁判所レジストラのMargaret Tibulyaは、幸福の科学ウガンダに対し、召喚状を受け取った日から10日以内に債務を履行するよう命じました。

2012年7月20日付にて、
未払い金が負債認定とならぬよう幸福の科学へ注意警告が出されています。

この事例は法務省Geoffrey Kirwabwire担当となっていますが、公聴会の開催日は状況により変更となります。


情報元
http://allafrica.com/stories/201207240974.html



*幸福の科学㌢写真館*
http://a24.chip.jp/herzerde/





Cp37 カンニング遠隔透視中



「モニター画像を見ながら遠隔透視する対象を確認する大川総統」
月刊誌 2012年9月号 P25


御呆話『中国秘密基地の遠隔透視』2012年7月17日

中央のテレビモニターにグーグルアースの空港らしき衛星写真が映りそれを指差しながら、しのごの語っている様子。


Q.何が遠隔透視やっ!

A.モニター見ながら感想を言って、思いつきの作り話をしたらそれで遠隔透視です



もう一枚は「ネッシー遠隔透視中」




Cp38 大川隆法『パクリの法』


2005年4月 月刊誌

Thanks the editing
for Anchi san.


高橋信次からの教義盗作
◎主エル・ランティー
 エル・カンターレ造語

①霊界の次元構造(4~9次元)

②八正道・一念三千の独自解釈
(正業=しょうぎょう
 =正しい仕事など)

③守護霊・指導霊理論

④本体・分身理論

⑤憑依・悪霊論

⑥歴史上の偉人を各次元に配分

⑦太陽系霊団と宇宙の歴史
 宇宙からのUFO移住
 (ベータ星関連)

⑧宇宙即我

⑨霊道・霊言現象論

⑩釈迦の再誕
(ジャブドーバー
 ケントマティー関連)

⑪GLA「主宰」高橋信次


<center>高橋信次
高橋信次 大川の師匠



高橋信次 高橋佳子</center>



愛の発展段階
 アリスベイリーより

パーソナリティーの愛は、純粋で単純で全く利己的な自分自身への愛の段階を経て、家族や友人への愛、人々への愛へと徐々に発達する。

さらにそれは魂の顕著な特質である人類への愛 つまりグループ愛意識の段階に到達する。

魂の愛は徐々に人類への愛から普遍的な愛へ発展し

モナドの愛は、ある程度の宇宙的な愛を表わし太陽系の外側にあるものの多くをも包含する


http://holisticreading.blog62.fc2.com/blog-entry-476.html



七色光線
神智学「完全アセンションマニュアル」より

七光線は、神が顕在化するに際して最初に行った識別のことであり、神の表現の具象形態における全分野を規定するものである。

また七光線は神の七つの資質を表す七つのタイプの力の具現でもある。

それら七つの資質は、神の無限の宇宙全域に存在する物質や形態に対し、七重の影響力を有するものである。

大いなる七つの光線は、次に示す“七人の大いなる存在”が具現されたものでもある。

1.力ないし意思の主
2.愛と叡知の主
3.活動知性の主
4.調和と美と芸術の主
5.具象的知識と科学の主
6.献身と理想主義の主
7.祭儀的秩序ないし魔術の主


http://blog.goo.ne.jp/wyatt999/e/3672e5f5a7b210a61a93855fe96de946


神智学 ミトラ神学
http://homepage2.nifty.com/Mithra/Mihrijja_Mithraism_and_Theosophy.html
神智学(携帯用)


*幸福の科学㌢写真館*
http://a24.chip.jp/herzerde/
 


Cp39 大川流 成金ファッション


<center>両手に腕時計?</center>


成金ファッション図鑑
ウガンダ 赤い宝石
さいたま 黒い宝石
大川隆法 蠅の宝石
大きなお布施のゴテ時計
大川隆法 上と下に眉毛?
ついに爬虫類?
 蜘蛛の巣
おまけ



「今度の選挙はもう教団にはお金がないので、諸費用は出せないのですべて自腹だと聞いています。」とのこと

大川「供託金9億円はゴミみたいなもの」と2009年の選挙後に言ってましたけどー。信者から吸血したお布施なんだけど。

関連記事
9億円はゴミのようだ
http://a24.chip.jp/herzerde/album/c_index.php?tnum=117


おまけ
パリの夜空


*幸福の科学㌢写真館*
http://a24.chip.jp/herzerde/




Cp40 家庭ユートプア

大川ときょう子

具体例
大川家の家庭ユートプア



結婚のパラドックス
これは一般論です。結婚の一面を的確に表している話をご紹介します。

【結婚前】Before

やった!待ちに待った日がようやくやってきたよ ずっとずっと待ちきれなかったんだ♪

これで後悔してもいいの?

それはないよ 絶対に

私のこと愛してる?

聞くまでもないよ
  当然だろ

浮気とかをして
  私を裏切ったりする?

ノー どうして
  そんな風に考えるのかな?

キスして

ああ、一度だけじゃないぜ

私に暴力をふるったりする?

それはこの先ずっと
  ありえないね

あなたを信じていいのね



【結婚後】After

下から上に向かって読み直してみてください↑↑↑↑



往復小話の出典
http://adgjm.net/


大川家の家庭ユートプア
これは特殊例です

*大川隆法の場合
【離婚前】Before

大川隆法『限りなく優しくあれ』改訂版 2005

 伴侶のなかに善なるものを見いだし、仏の慈悲を見い出すことは、そう難しいことではありません。
信じ合い、調和した家庭をつくるなかに、大きな光が出てきます。
 互いを生かし合う関係をこそ選ばなくてはなりません。
男女調和の道、家庭調和の道、家庭ユートピアの道から始まっていくものこそ、ほんとうに世界を救っていく力となるのです。

 いったん二人で門出したならば、二人の未来をかたちづくる行為の責任は二人にあります。
結婚のほんとうの素晴らしさは、相手に自分の欠点を補ってもらうと共に、相手の欠点を自分が補い、共に長所を見つけ合い、その長所をほめ、伸ばしていくところにあります。

 ところが、夫婦生活が破綻する過程においては、この逆のことが行われます。断じて、妻と夫が競い合い、お互いの長所を削ぐようなことがあってはなりません。親と子においても同じです。
 結婚当初の情熱が冷めていくにつれ、しだいに相手の欠点をあげつらうようになり「こんな嫌な欠点がある人とは思わなかった」などと、お互い言うようになります。

家庭ユートピアがつくれない人は「仏法真理の修行者として、まだまだ未熟である」ということを深く反省しなくてはなりません。


【離婚後】After
大川隆法『現代の法難①愛別離苦』2011

向こうのマンションにも、一回、視察に行ったのですが、ちょっとショックを受けるぐらい汚かった。
要するに、掃除ができない人だったのです。
あまりの汚さで、ゴキブリ館のような所でした。

「そこには、もう一ヵ月間洗っていない下着の山があるから、開けてはいけない」と言うのです。本当にひどくて、幻滅しました。

あとは、トイレも、「何だか、汚いな」と思ってよく見たら、便器カバーの裏側にびっしりと跳ね返りが付いているのです。

私は臭いにはとても敏感な体質だったのですが、当時の彼女は、かなり口臭の激しい人だったのです。
もう、倒れそうになるぐらい臭かった

本当は私が結婚を考えていたのは別の人であったのです。向こうはそれを知りながら横取りしてきたわけです。

「泣き脅し」という脅迫で押し込まれたので、あまり喜んで結婚したという感じではなく、我慢して結婚したわけです。

万一のために、ちょっと神格化してやらなければいけないなと思って持ち上げてしまったのです。

まあ、ある意味では、家内よりも本を愛したところがあるのかもしれません。


大川隆法『悪妻封印祈願』

幸福の科学の発展を阻害し夫婦問題 家庭問題にすり替えて伝道を妨げる悪妻よ
汝、この世に生まれてくる必要なし 恥を知り反省せよ

夫のユートピア活動を妨げる悪妻よ 汝は、生ける悪霊なり直ちに懺悔し改心せよ

ユートピア活動を妨げる家庭ユートピアなどあるべからず

主の本心を曲解し 自己保存 利己心に悪用したる罪 許しを請うべし

万軍の主エル・カンターレよ その理想を実現したまえ


出典
http://ameblo.jp/egao-ga-1ban-smile/


まとめ
*「万一のために、ちょっと神格化してやらなければいけないなと思って持ち上げてしまったのです」

*大川は20年間、信者を騙し続け、自分の都合に合わせて「神格化」していることを自供している。

*家庭ユートピアは自己責任であり、伴侶の姿は自分自身の姿でもあるのです。それは祈願したところで自分で反省しなさいと言われるでしょう。

*関係のない第三者である信者さんを、夫婦ゲンカと呪詛の共犯者に曳き吊りこむのは辞めましょう。

*地獄霊の守護霊を引き寄せるのは、その人の心がそっちに波長同通しているからです(KK教義的解釈)



大川きょう子の場合
【離婚前】Before



1998年8月10日 家族写真
家庭ユートピア




【離婚後】After

2012年7月 きゃう子トーク
白金台トーク【要旨】


白金台トーク【全文】http://sakurakaory.blog.fc2.com/?cat=12



*幸福の科学㌢写真館*
http://a24.chip.jp/herzerde/




Cp41 我が青春のアフロディーテ



大学生時代の下宿にて



なんとなく実話です

昔むかし、じめじめと暗いある青年がおりました。実生活では全くモテなかったけれど、美の女神アフロディーテに憧れて空想の中で弄び、いつしか自分をヘルメスになぞらえて、アフロディーテを毎夜オナペットにして、その募る思いを独り慰めていたのです。

 ひょんなことで貪慾ストーカー女と爬虫同通し結婚。有頂天になった思いこみヘルメスは毎夜、愛は猿の如く、アフロディーテ(青年がストーカー女に付けたあだ名)と ちちくりあったのであります。


Aphrodite and Hellmes in a dream

画像はイメージで


しかして夢と現実は、かけ離れ、現実のアフロディーテは「あんた早すぎ、男性の平均は〇〇よ」(大川著『愛の賛歌』)などと言われ、女を満足させられない哀れな男は尻に敷かれて、妻の顔色を伺いながら媚びへつらうM男プレイのほうで暗い欲求を満足させることにしました。

 しばらくして仕事のほうのネタが切れたので、手下どもにネタを作らせ、話をするのも めんどうになったので、それも手下に任せ、ぶらぶら遊びながら金を稼ぐうちに表に出て行く必要もなくなり、その気力もなく、その時間は婬慾を満たすために使いたいと考えるようになり、いつしかそれを実践していきました。

ャンスとばかりに自宅を占拠したまま裁判に‥‥

うるさい妻が出ていって息あがり、次々と愛人にご本尊を拝ませ、すっきりしたら自分も相手に合掌(ごっつぁんです)をし、そして次々と愛人も逃げ出して行ったとさ。

愛人を繋ぎとめるために派手に散財したので生活費も苦しくなり、妻や過去世妻は消えてもアフロディーテへの憧れは未だに、ひとしお。でもすぐ歳を取ってしまうしな。そこで、こんなものを思いついた。

(以下は月刊誌より)

*   *Ж*   *


*『アンチエイジング』特別瞑想指導研修+『若返り祈願』新未来館限定

*『美のオーラを宿すための祈り』~女神アフロディーテ特別霊指導~新未来館限定

 since 28 Jan 2012


爬虫類による窮極の美のオーラを授かる機会です。美と繁栄の実現を願います。願うだけで効果はありませんが・・お金を出せば それなりに効きます。

*   *Ж*   *




◆2016/10/15 改訂版

昔むかし、社会人になって30歳も近いのに結婚できるかどうかも分からず悩んでいる小太りの男がおりました。

霊能ヲタクなこのモテない男は中小商社トーメンの社員食堂でキツネ憑きのお祓いなどをして会社中の顰蹙をかい、そのくせ仕事もさっぱりできないため浮かばれず数年で退社して、大好きな霊能力信仰の怪しげなインチキ宗教を始めました。

学生時代には片思いの女性に毎日気色わるいラブレターを送りつけるなどストーカーまがいのことをして、女性からもさっぱり相手にされず、悶々とする青春の唯一の楽しみはソープランドに通って、さっぱりすることでした。

そんな霊能ヲタクでストーカー気質のこの男を本気で相手にする女性などいるはずがなく・・あいや、それが居たんですね。霊能力ヲタクの同じ趣味の女性が半ば財産目当てで近寄って来て、少し色っぽい誘惑をしただけで、このモテない男はコロッとひっかかり、とうとう結婚まですることができましたとさ


男「おぉ恭子さん、あなたはボクの女神だ。おおアフロディーテよ。我が名はヘルメス。あなたはボクの過去世妻」
 ↓
 ↓
我が青春のアフロディーテ

 ↓
 ↓
※註※画像はこの男の脳内イメージです。

登場する人物、容姿、過去世、団体名等は実在するものとは一切関係ありません
 :
 :
(数年後)
男「おぉ、山下ひろみさん。ヤショーダラよ。あなたはボクの過去世妻。あなたの守護霊はボクを慰めたいと言ってゐる」 :
(数分後)
男「ごっつあんです」(合掌)
 :
 :
(更に数年後)
男「恭子よ、仏法流布を妨ぐる悪妻よ、汝はユダの生まれ代わりなり、アフロディーテではなく恭子はもう一人のアフロディーテの汚いほう。本当のアフロディーテは竹内というおっさんだった。
こんな口の臭い、便所の跳ね返りのゴミため女の悪妻は永遠に葬り去って、封印すべし!!」

さて、この男、釈迦の生まれ代わりを自称し、仏陀にして地球最高神かつ宇宙根本神かつワールドてぃちゃーを自称しておりますが

あなたの心にはどう映りましたか?



Cp42 家庭ユートピア


1998年8月10日 家族7人で過ごした夏休みの思い出

写真出典 2009
大川きょう子『党首の決断』


BGM
<dl><dd>思いだすよ あの砂浜
歩いた日々の 父と母の姿

聞こえてくる あのあばら家
暮らした日々の家族の笑い声

夕凪の海に 小舟浮かべて
空を見上げる 遥か彼方遠く</dd></dl>


浜田省吾 遥かなる我が家
Theme of Father's Son
http://www.youtube.com/watch?v=ncQ_DLSKo5w


*幸福の科学㌢写真館*
http://a24.chip.jp/herzerde/




Cp43 大川きょう子


大川きょう子2011(元妻)
旧姓 木村恭子
生年 昭和40年8月22日

退会おめでとう


退会後の発言まとめ

2011/3/3号 週刊新潮
イエス・キリストが降臨し「東京タワーが真っ二つになる。97年に1回、98年と99年に2回ずつの地震で東京は壊滅する」と言うのです。
また、別の 時には「もうすぐ地震が起きる」と予言。次の日、総裁は一生懸命に新聞をめくる。
すると、<房総沖震度1>。確かに地震は起きたけど震度1とは・・・。
(中略)
 長男の中学受験のとき、ここでもまた霊言です。それぞれの学校の守護霊が降臨する。
慶応であれば福沢諭吉が出てきて「ウチはダメだ」、学習院は昭和天皇が降臨して「反対だ」・・・。一方、麻布の創立者・江原素六氏の霊言は「ぜひウチに来なさい」。
結局、その霊言を信じて麻布中学を受験し、落ちてしまったのです。
(中略)
 05年からは、お布施としてお金を集める負担を軽減するために株取引も始めました。しかし、ここでも霊言です。
総裁が相場師の是川銀蔵や福沢桃介の霊を降臨させ、彼らに銘柄を選んでもらっていましたが大外れ。結局、損をしてしまいました。

『大川きょう子総裁夫人が告解する幸福の科学の正体』続


(編集中)


今は ひとりの人間として生き 東北復興支援活動をしています


みちのく衛生会
http://www.mtnkeisei.com/



大川きょう子2009

*幸福の科学㌢写真館*
http://a24.chip.jp/herzerde/




Cp44 きゃう子の魔性と大川





《プロローグ》

大川隆法の講演会に、原久子が ある老婆を連れてきた。

人のよさそうな田舎弁丸出しのおばあさんだったが、原によると、なかなかの霊感の持ち主であるという。

「前に聴かせてもらったときは、金色の光が見えたにねぇ。今日はどうも違う。先生(大川)の後ろに魔女がいて、まっ黒い雲を吐き出している。それが、わしらのほうへかぶさってきて、えらく気味悪かったよ」

問題は魔女かどうかではない。老婆の言った魔女という言葉に、私(関谷氏)がその女性を思い浮かべるようになったという、その事実である。


《会員獲得利益主義への転向》
大川と恭子の結婚を境にして、幸福の科学は急速に変質していった。

神理探究を志す人々の集まり場から、会員を集めることに狂奔し、利益拡大を第一義とする、ありふれた新興宗教の一つへと転落を始めたのである。

大躍進の年とされた1989年を通過すると、会員を集め、金を集めることに熱中する集団ができあがってしまった。

 そんな中から3000億円の献金を集め、都心の一等地に77階建てのビルを建設するなどという、破天荒な構想も生まれてくる。現在、港区白金にある大語館宮殿がその名残りであろう。

その寄付の募り方は、何十万、何百万という単位で会員から借り入れる。利子は会への寄付になる。無利子、無期限で借金するようなものだろう。

一人で何千万も出す人もいれば、何人か集まり10万、20万をつくる人たちもいる。何千円といった端数は受け付けないところが、実にドライだ。

仮に返還を求める人がいたら、その分は他の会員からの借入金で穴埋めする。

しかし天上界という担保があるから、返還を求めるような会員はめったにいない。

その後、借入金は教団の財政難を理由に、布施をするように言われ、莫大な借金を踏み倒した。

 各支部には月毎に何億というノルマが課せられる。しかしノルマを与えられる支部長は決してラクではなかっただろう。

 後になって私はよく思ったものだ。
「たくさん人を引っかけて一緒に金儲けしようや」とでも言ってくれたら、どんなにか気楽だったことだろう。

ちなみに「こんなことをしたら、どれぐらい引っかかるか」という大川の表現は、私の在籍中でさえしばしば耳にした。会員には信じられないという人が多いと思う。しかし残念なことに、これが〈幸福の科学〉の経営陣の姿勢だった。

また新しい本が出版されるたびに、会員は半ば強制的に20冊30冊と買うことを要求される。ベストセラーにならないほうがおかしい。

その印税は、すべて大川の個人的な収入になるのである。少なくとも、私が脱会するときまではそうだった。会員に買わせた本の印税が個人の収入になる。これは常識的に考えてもおかしいと言わざるをえない。

 あるとき会の運営費が不足したことがある。

「先生の印税を会に入れてもらえませんか」

ある局長が何気なく言ったとたん、主宰先生は烈火のごとく怒ったものだ。

印税のうえに、会の経費から主宰、主宰補佐、顧問夫妻に 高額の〔役員報酬〕が支払われる。

大川や善川がそれを受け取るのはいいとしよう。しかしどうして、きゃう子や善川夫人君子にまで〔報酬〕が払われるのだろう。これでは、どこにでもある中小企業の経営体質とほとんど違いはない。


《きゃう子と義父善川》
・善川は会員獲得を第一義とするような会の拡大路線に猛反対だった。

・大川父子の反目
結婚の前まではの講演は大川と善川の2本立てだったが徐々に大川ひとりの講演に変わり、善川は独自に別の会場で行うようになる。

・御生誕祭の演劇仮装や派手な演出も、常識人である善川の反対を押し切って行われたと言われている。

・きゃう子は、義父にあたる善川を忌み嫌っていた。。

・毎年その季節になると善川が贈ってくれる鮎アユを きゃう子がそのまま捨てたこともある。

・義父が四国から はるばる上京してきても、決して自分たちのところに泊めようとしなかったのは、当時の幹部のあいだでは有名な話である。

・すぐ近くに息子の豪邸があるにもかかわらず、父親はホテルに宿泊していた。

・そればかりか息子の若い嫁は「お義父さんには悪霊が憑いている」などと周りにもらしていたのである。

・善川「30をすぎて独身では、かわいそうだからなぁ」クルマの後部座席でつぶやいていた老父を、私は淋しく思い出す。

・もっとも、きゃう子は誰に対しても「悪霊が憑いている」と言っていた。

・「家に帰ると〔今日は何々局長の悪い霊を憑けてきた〕と言われるんだ」
大川が苦笑いしながら、こぼしたことがあった。

・主宰先生は夫人の尻に敷かれているらしいというのが、二人をよく知る人間の一致した見解だった。


《隆法ときゃう子の出会い》
話は大川の結婚式の半年前にさかのぼる。

1987年11月の21日から三日間、茨城県の大洗で研修会が開かれた。

佐藤真知子(仮名)という20代半ばの女性会員が、若い女性グループの中心になっていた。真知子は生え抜きの若手と言っていいかもしれない。大柄な体に相応しく屈託のない天真爛漫な性格で若い女性たちのリーダー的存在だった。この女性たちのグループ、自称アマゾネス軍団の一人が、ボランティアとして会の活動に関わっていた東大生の木村恭子である。

「先生に直に指導していただかなければ、霊道の開けてしまった私は死んでしまう」

手紙にはそんなことが書き連ねてあったという。「大洗での講義のとき、先生は私を意識していましたね」ともあったらしい。恋愛経験の少ない自意識過剰な若い女性なら、そんなふうに思い込むのは不思議ではない。

ラブレターをもらったほうも、大川の本を信じる限り、デートひとつしたこともないぐらい恋愛経験に欠けていた。学生時代には、一度しか話したことのない相手に、ラブレターを小包にして送っていたというから純情さではひけをとらない。

そういうカップルにありがちなケースだが二人の仲は急速に発展した。

まず原が大川の指示で恭子にコンタクトをとる。そして、キューピットさながら主宰先生の逢瀬をとりもった。

その場で、すべてが決まってしまった。わずか一ヶ月後には結婚を打ち明けている。

 大川と恭子の婚約発表に、彼女を知る会員たちはさぞかし びっくりしただろう。
先日まで職員の手足となって働いていたボランティアが、しばらく顔を見せないと思ったら、なんと主宰夫人になるという。

とりわけ真知子にとっては、青天の霹靂のはずである。
 
阿部浩行と佐藤真知子の神託結婚にも、大川夫人の意見が多分に反映されたと見ていいだろう。

大川一人では、阿部の相手に真知子を思いつくとは到底思えない。

それほどこの二人は性格的にも、実際のつきあいにおいても距離があった。
真知子に意識がいく人間がいるとしたら、かつて彼女の〔子分〕だったきゃう子以外にないと思う。

もしかしたら昔の〔親分〕に、自分が手にしたばかりの権力を誇示したかったのかもしれない。

今にして私はこの神託結婚の不自然さに、優秀な阿部を煙たく思う大川と 真知子を自分の配下に置こうとする きゃう子の意図を感じる。彼らの最も身近にいた人間(関谷氏)としてのカンである。

しかし彼らも、私たちと同じ人間なのである。権力欲や妖妬にも駆られるし、嫁舅の行き違いもある。30をすぎた息子が独身でいることを心配したり、妻にやり込められたことを苦笑いしながらこぼすような、どこにでもいる愛すべき人たちなのである。

 問題は、そういう人間を絶対視するところから起きてくる。


《フライデー事件への関与》
フライデー対策会議の最中、大川家から二度ほどファックスが送られてきた。

「大衆受けするよう整然とした隊列をつくること。目立つように盛大におこなうこと」といった内容が記されていた。

講談社への抗議デモの具体的やり方を、主宰夫人が指示してきたのだ。

おそらく抗議デモの一件は、大川夫妻と大沢(仮名)のあいだで、あらかじめ決定されていたのだろう。


《月刊誌ふれあい配布》
1991年当時、それまでは月刊誌も郵送だったのが、いつしか支部経由で地域で配布となったのは、バブル伝道で会員数を誇大に喧伝したことに対しマスコミが印刷所を調査して実態の把握をしようとした動きがあったからである。

その結果、91年の10月頃で、発行部数を水増して、ひと月に160万部の無駄があると本部役職者が話している記録もある。

経費節減もさることながら、このふれあい配布が始まった性根には、信者数を隠蔽するという意図があった。

ちなみに指示出ししたのは、当時は主宰補佐という立場だった きゃう子だったと元秘書は証言しています。




情報元
関谷皓元『虚業教団』
http://sakurakaory.blog.fc2.com/?cat=5


*幸福の科学㌢写真館*
http://a24.chip.jp/herzerde/




Cp45 きゃう子 facebook発言

きょう子facebook


◆離婚当時の記者会見

きょう子氏facebookより

「今日は離婚裁判の弁護士と打ち合わせ。子供の面会権を求めます。久しぶりに辛い日です。

 夫の背信行為。相手のひとりは私が妹のように可愛がった女性。子供達のベビーシッターとしていっしょにくらし、子供達の病気の時はいっしょに寝て、いっしょに看病してくれた人。
 
 夫は人をいいくるめるのが上手な人。私は何も知らずにいわれるがままに、彼女を夫の部屋に送った。あんなに怯えて、嫌がっていたのに。

 一年、心身症で病院に通い、治らぬ病に苦しんだ。そして、私の前から消えてしまった。
親の元にも帰っていない。40過ぎた女性が一人。まともに働けなくなった身体で、いったいどうやって暮らしているのか...

 彼女の仇は私の夫。私の子供達の父親。この罪をどう償ったらいいのだろう。気づくのが遅すぎた。私の不明。無事の知らせを待っている。彼女の許しが欲しい。もしも、見つけだしたなら、私が一生養うわ。」

出典http://www.facebook.com/kyoko.okawa.1/posts/288159497938079/

訴訟取り下げ
facebookのあれは証人となる女性を
捜し出そうとしてたんだと思います。不発に終わったんじゃないですかね。
裁判の取り下げを「女性問題はなかった」とするのは教団、信者側のすり替えです。

離婚裁判で愛人問題に関する種村さんの陳述書が出るのと
きょう子さんがfacebookで元愛人に対して「一生世話をする」(から出てこい)と
呼びかけるのが同時期だったようですから
明らかにあれは証言者確保のためでしたよね
その後の展開を見るとルーテルさんご指摘のように不発だったようですね

元愛人もわかっていたんでしょう 単に裁判利用のためだと
2ch part657_res432


きょう子facebook



笑顔が好きさんブログhttp://ameblo.jp/egao-ga-1ban-smile/


*幸福の科学㌢写真館*http://a24.chip.jp/herzerde/
 
 


Cp47 TOKMA&おっちゃんの野望


福沢峰洋 Fukuzawa Houyou
政治団体「薩摩志士の会」旧対話の会鹿児島代表(60)

椙杜徳馬 Suginomori Tokuma
ロック歌手 芸名TOKMA 幸福実現党員(45)


サンポールさんより転載

9/18(火)
09:30頃
尖閣諸島の魚釣島に2人の日本人が上陸。
・福沢峰洋氏(60)
・椙杜徳馬氏(45)

11:00頃まで
島内の慰霊碑の清掃や慰霊、国旗の掲揚などを行なう。その後TOKMA氏は ほうきをギター代わりに「I LOVE ジパング(幸福実現党応援歌)」を捧げる

11:00頃
沖縄県警(海保?)の警告に従い船に戻る
   ↓
一方、幸福の科学総合本部ではオーカワはんがこの間の時間に『「中国と習近平に未来はあるか」―反日デモの謎を解く―(習近平の霊言2)』の収録を行なっている

「愛国無罪」で愛国報道無罪もお願いしたい等


18:00すぎ
石垣島に戻る

その後TOKMA氏が石垣島でマスコミ約20社に対して、幸福実現党員であることを明らかにする。

19:11
「KTS鹿児島テレビ KTSニュース」で報道される
【動画】尖閣諸島に日本人2人が上陸


20:30頃
TOKMA氏、『ザ・リバティ』誌の電話取材に答えたあと、石垣島の沖縄県警へ出頭する。

22:00すぎ
実現党本部にもマスコミの取材が入る。広報局が宣伝を開始。外向けには『ザ・リバティWeb』、信者にはメール配信を行なう。

・『ザ・リバティWeb』でTOKMA氏を賞賛するコメントを発表。

〔なぜ、自国領土に日本国民が行くことで取り調べを受けるのか。それこそ「愛国無罪」だ
(中略)
確かに、あえてこの時期に上陸したことを軽挙と見る向きもあるかもしれない。だが2人にしてみれば、弱腰な日本政府への憤りも込め、国を守る赤心を自らの行動で示さずにいられなかったのだろう

日本を国難から救わんと幕末に下田で黒船密航を企てた吉田松陰にも似た、まさに「やむにやまれぬ」思いからに違いない〕

この時期に勇気ある上陸を敢行し、愛国の歌声を尖閣に響かせたTOKMA。

彼の上陸時の映像や詳しい談話は近日中に本サイトまたは本誌に掲載予定(司)

・信者にはTOKMA氏の快挙を報ずるメールと「『習近平の霊言2』、明日緊急開催!」の
   メールが流れる。
信者メール
■党員による尖閣諸島・魚釣島上陸について
○本日9月18日午前、幸福実現党員で歌手のTOKMAさんが尖閣諸島・魚釣島に上陸しました。
TOKMAさんは、本日未明、漁船で石垣島を出航し、魚釣島に近づき、泳いで上陸した後、警察からの呼びかけに応じ、漁船に引き返しました。
その後、石垣島まで戻り、約20社のマスコミによる記者会見を行ないました。
そこでTOKMAさんは、自分が幸福実現党員であることをはっきりと述べるとともに、自らの気持ちを伝えました。
○今回の件に関しては、実現党本部にもマスコミ取材があり、実現党としては
「今回のことは、日本の領土主権が脅かされている中、日本国民としての、やむにやまれぬ思いに駆られての行動と推察する。日本政府に対して尖閣防衛のため毅然とした対応を取るよう要望する」との回答をしております。以上
~~~~~~~~~~~

18日に日本人2人が尖閣諸島・魚釣島に上陸した「勇気ある行動」に対して、なんと日本政府が19日、羽田雄一郎国土交通相が会見で、同日中にも軽犯罪法違反容疑で被害届を出す方向だと述べた。このままでは書類送検されるとの見方もある

尖閣渡航に使用した釣り船への料金が未納だったことが発覚〔要出典〕



使者さんのサンポールhttp://sanpole.blog.fc2.com/






Cp46 きゃう子 白金台トーク


2012年7月 白金台にて


白金台きゃう子トーク

【要旨】時系列で整理

 おそらくスタートから間違っていたのでしょうが、その間違いがどこかは私(きょう子)にも分かりません。

団体の運営が悪かった。1991年の「大失敗」(フライデー事件)以降、反省が出ましたね。教団は本当に破産しそうでした。

でも一千万円や一億円は騙されて出せる額ではないですよ。純粋な信仰心ですよね。騙されたけれども、もう一度 検証を入れないと。

夫が精神不安定で、隠して支え続けていたのは事実です。1999年から教祖はおかしくなったが、教団は運営的には安定し始めました。霊能者は排除したんですね。

最初の志が良くても、続けるのは難しいですよね。宗教家にとって怖いのが悪霊に憑依されて天国と地獄が逆さまになってしまうこと。

今霊言を出しておられますが、違う人(霊)が入っていると思われます。でも霊言の検証はできませんがね。

2007年あたりから、教えの論理が変わったという人もいますね。天国霊から悪霊に変わったというのはあるかもしれません。幸福の科学はインテリが多いですが、インテリは「おかしい」と言ってやめていきました。

2007年以降から、総裁の「不惜身命」で、総裁自身が支部を回る形になりましたね。官僚集団がやってきたのですが、それから大川隆法のワンマン経営になりましたね。それから考えるのをやめさせた。

関谷さんの『虚業教団』は私も読みました。きょう子が来てから、会の体質は一変したとありますが、たしかに、私にもきっかけはあるかもしれませんね。でもやってしまったのは総裁です。男だったら会を広げたくないですか。
<dl><dd>筆者註
関谷皓元『虚業教団』において、教団の設立当初から関わってきた関谷氏が語るところによると、神理学習団体から会員獲得利益主義に変質したのは、きょう子との結婚1988年4月を境としている。1989年より大伝道が開始され、ワンマン経営はその当時からと指摘されている。</dd></dl>
差別的に曲がってしまっている。寛容で明るい感じがなくなった。みんながおかしいと感じたので「封印」に入った。稼ぐために道を誤る人が多いんです。私の夫もそうでしたが。

大川隆法のように9次元だけがイエスとコンタクトを取るということができるわけでなく、夫は自分を特権階級化していますね。どこの世界にも秀才で傲慢な人はいますが、彼もそうでした。

あの人(大川隆法)もエネルギッシュだったと思うんです。でも仕事能力や事業で次元は決まってしまうのか。

幸福の科学のあの傲慢さはどこから出てきたのかということを検証しないといけません。

幸福の科学で学んだ霊界図はカトリックに通っている今でもやはりありますね。そのままミサを受けていますが、でも幸福の科学の「次元観」は差別的であると、神父様から言われていますね。
<dl><dd>筆者註 この霊界カースト制が差別思想の原因でしょう。</dd></dl>
夫はマザー・テレサのように病んでる人や醜いものに対して抱きしめない。むしろ嫌悪感を持って「悪霊が憑いた」と引き離す。被災地で、幽霊がたくさん出るとか言って行かない。

今の総裁には悪霊しか入っていないので、すぐにやめるべきですね。毒を巻き散らかしているだけです。

でも、棺桶に入るまで霊格が何次元なんてわかりませんよね。夫は私より偉大な人だと思っていましたが、悪霊まみれです。メチャメチャになってしまうのがこの世なんですよね。

 総裁は「過去世の妻」を並べて、自分の部屋に呼んで愛人にした。私も信頼を失い、幹部も衝撃を受けていた。

夫は、いつも活字ばかり読んでいましたね。読書家で努力家でした。そんな人が なぜあれだけ浮かれた判断をするのかどうかが分かりません。

私が夫を支えてきた理由は彼が努力家だからです。女性問題についても2週間で終わったので、支え続けてきたのです。

昔、夫は「私には悩みがない」と豪語していましたが、今はきっと悩みだらけでしょうね。人はみんな悩みを持っているんです。

夫が急に痩せたのは、病気です。あれはストレスでしょうね。

女性問題はカルトの乱交にほかなりませんね。こもったスタイルになるとそうなってくるんです。倫理感覚がマヒしてくるんです。社内不倫にも似ていますね。

政治の話は分かりませんでした。夫が口出しをしていましたね。覚えるのがもともと得意でしたので、夫の話を要約していました。
<dl><dd>新潮記事
2009年当時、党首として立候補しましたが、実は政治のことは、興味がなく、どうでも良かったんです。
</dd></dl>
でも、本当に諸行無常ですよ。私に対する「悪妻封印祈願」はひどい。『党首の決断』が刊行されてから、わずか3年ですよ。

夫から「離婚したら悪魔になる」と言われていて怖かったんです。本当に辛い想いをしていました。教団に居るときから幸福感は消えていて、脅かされていました。

 離婚してから私も、自殺未遂をしようと思ったりしたこともあるし、心療内科に行って薬ももらっていたこともあった。

神父さんは「あまりに、かわいそう」と援助してくださり、神の救いで助かりました。

週刊誌でもそうなんでしたが、私にとって重要な「霊体験」が省かれてニュースになっているんです。教団をやめたとはいえ、あの世や霊はいないとは決して言えないんです。霊にとりつかれて省かれていたのではないし、自作自演ではないんですね。

今は、愛情は夫には全くありません。でも、子どもには会いたい。

一人では面倒見切れませんから、養育係(宗務職員)と相談をしながら育てていましたね。

カトリック教会にはとても感謝しています。子どもたちと別れたりなど、とても苦しかった時があったんですね。

でも、大司教様に「多くの人を惑わせた罪を償わなければいけない」と言われました。

謝るべきところは、週刊誌で謝り、まだ残っているところは関わらないようにしています。
幸福の科学について、もう私の責任はありません。

教団のこれからついては私も分かりません。今の夫には悪霊しか入っていません。実践ができない教えです。人に勧めるのは、ご自分が実践できてからにしてほしいものです。

私は、そろそろ、幸福の科学にも王手がかかると思っています。私としてはお好きにどうぞ、という感じです。

 生活の方は個人資産で給料でやっています。確かに、教団の皆さんのお布施はもらったが、個人資産ではないと思っています。
<dl><dd>筆者註
著書の印税以外の個人資産は信者さんからのお布施によるもの。
給料は教団から今も毎月支払われている高額生活維持費と思われる。
きょう子主催の被災地支援団体は理事に運営を任せているとのこと。そちらの給料のことかもしれない。あまり仕事はしてなさそうだが…</dd></dl>
皆さんからくれた善意だと思って感謝して、被災地の復興に使っています。

 信者のみなさんの願いの通りに使いたい。
信者の皆さんも被災地の復興のためになにかやりたいと思っているでしょう。

私の生活なんて、マッサージ費だけで月12万は飛んでしまいますよ。

1万7千円のヘアカットが白金では当たり前です。

タクシー代も大変ですよ。歩くのって疲れるじゃないですか。分かります?

自分一人が食べていく分には問題はないのですが、被災地の支援の方が・・・。


(引用終了)

いえ、分かりません。
教団を会員獲得利益主義に変質させた責任もあるし、いまなお、信者さんたちが詐欺で収奪され続けています。

教団からのみんなからのお布施で、セレブ生活、エステ三昧ですか
被災地復興には使ってないですよね。

この他に霊能力自慢もしていましたが、夫の浮気も見抜けなかったので、その程度です。


白金台きゃう子トーク【全文】http://sakurakaory.blog.fc2.com/?cat=12


関谷皓元『虚業教団』
http://sakurakaory.blog.fc2.com/?cat=5


*幸福の科学㌢写真館*
http://a24.chip.jp/herzerde/





Cp48 きゃう子 千駄ヶ谷トーク



千駄ヶ谷トークライブ
 サンクチュアリ出版
2012.08.22


・幸福の科学で人生を狂わせてしまったというのを聞いて、私(きょう子)も だいぶ責任を感じています

・幸福の科学は「富」というものを肯定し、価値中立的に評価した新しい宗教でした

・おそらく富や成功に惹かれてキリスト教に入るような信者の方も、幸福の科学に入った方がいるかもしれません。

・いま私は、幸福の科学をあまり良い宗教だとは思っていません。

・私はキリスト教を学びながら富というものを研究し、考えている途中です。

・富はこの世においてパワーそのもの、権力そのものだなと思います。

・良いひとが富を持てば良いが、悪いひとが富を持つと不幸なことに

・急激にできた富はどこかに収奪の要素が入り、収奪によらずしては急激な発展は不可能だなと思いました。

・来世のことを考えると、やっぱり富は還元していかなければ大きなカルマになります。

・私は「みちのく衛生会」を私の個人資産で運営し、富を還元しています。

・もちろん元は幸福の科学の信者さんから頂いたものですが、教団から見たら、ほんのわずかなお金です。信者さんも東日本震災のために何かしたいと思ってると思いますので、皆さまの善意をその願いどうりに使わないといけないかなと

・私の個人の資産だけでは足りないので 皆さま「みちのく衛生会」への寄付をお願いします




情報元
第一回 臼井正己トークライブ

きゃう子トーク 2:45以降
http://www.youtube.com/watch?v=IVU1uQAm4Js


関連記事
白金台きゃう子トーク
きゃう子 facebook
きゃう子の魔性と大川


*幸福の科学㌢写真館*
http://a24.chip.jp/herzerde/
 


Cp49 大川宏洋 理事長解任秘話



大川宏洋くん(長男)
生年 1989年2月24日 24歳
アンチ活動家?
清水建設に入社?



大川真輝くん(次男)
生誕 1993年 5月12日


理事長失脚に至るまでの秘話
(2ch真偽未確認情報です)


 大川の長男は教団の状況を鑑み、また自分の思いもあって父親に母親との和解を提案したんだろ。
それには転法輪蘭も同調して教祖に和解と離婚回避を薦めたってわけだ。
 教祖の強気とは裏腹に、この件が原因と思われる大量の脱会、信者の離脱傾向だけでなく職員の中にも密かに離反する空気が強くなってきて、教団の先行きにかなりな不安感が漂ってるんだろ。


子供達は教団が生き延びるためには母親の存在が不可欠という認識に立った訳だ。
ところがこの二人の提案に大川が激怒、蘭に対してDVまがいのひでー事やったんだ。
これにあきれた長男と同調した蘭は教団を脱出、他の子供達も長男に同調し始めたんで 大川は大慌てて言い訳を始めちゃったんだよな。


 いま 大川家に一体が起きているのか?
ハッキリ言える事は「家族が二分し、騒動勃発当初と形勢が逆転しつつある状況」にあるという事だ。
さらに教祖大川本人にとって最も致命的な一撃となったのが愛人秘書たちの間にも、様々な「分裂の兆候」があり、ここに来て一気に表面化してきた。


 当初は公開霊言、宇宙人リーディングなどを連発して自分の子供達や愛人秘書連中を持ち上げる一方で大川きょう子に対して集団で攻撃する姿勢をとり、それを信者に見せつける事で多勢に無勢、きょう子劣勢を印象付けて内部を固めようと演出した。
一時はこれが一定の効果を生み、教祖の想定通りの展開に流れたかのように思えたのだが・・・


 この後子供達の間に様々な意見の相違が発生し、やがては大きな亀裂に発展してしまった。
特に長男の理事長就任は大川にとって完全な失敗となった。
 教団の経営状態、特に布施による収入の大幅減の現状、信者数の実態などを知り退会者の退会理由に「両親の不仲から来る信仰、教団に対する不信感」が挙げられているという現場の実情を知るに及んでは親である教祖大川に対して「母親との和解」を進言しない訳にはいかなかったのである。


 しかし大川という男の性格を知る者であれば、たとえ実の息子の願いであろうとこの進言を受け入れるはずが無い事はよくおわかりの事と思う。
大川は徹底的にこの息子の意見を退けたが、息子には現実がよくわかっていたのだ。


「このままでは近い内に教団は瓦解してしまう、この現実を父が受け入れなければ全てはお終いだ。」
なんとしても教団の崩壊を食い止めたい周囲の者たちの意も汲んでの行動ではあったが、父はまったく聞き入れない。


 そして母の事も救いたいと願う彼は事実上の側近である所の愛人達にこの件を相談するに至ったのだ。
しかし愛人秘書達の反応は様々で、その多くは自己の栄達の為に女を武器にしてのし上がっただけに過ぎず、教団の未来を真剣に憂うものなど殆どいなかった。
「地位と収入さえあれば良いので、そんな面倒に首を突っ込むのは勘弁してほしい」
これが多くの愛人秘書達の本音であった。


 そんな中、転法輪蘭だけが長男の求めに応じる格好になった。
彼女は多くの幹部達からも「大川の操縦に関しては、最後はあなたしかいないのだ 教団の命運がかかっている重大な仕事をあなた一人に押しつけてしまっているようで申し訳ないのだが、くれぐれもよろしく頼む。」と常々念押しされており
教団に関わる多くの職員とその家族、そして信者達の命運がかかっているという重い責任を常に感じていた。


 責任感が人一倍強い蘭は、やがて長男と共に大川の説得をはじめた。
説得した内容については前述した通りであり、幾度も和解の利を説いたがまさに「釈迦に説法」である。


 話を聞くどころか逆ギレし、恩知らずだの悪魔だのと散々に罵ったのだ。
特に蘭に対しての仕打ちは凄まじいものがあり
大川はまるで自分の母親やきょう子に対する全ての憎しみをかき集め
それを身代わりである蘭にぶつけているかの如く徹底的に罵りおぞましいまでにサディスティックに振舞った。


 やがて長男は役職を剥奪され、大川はその後始末を一部の愛人秘書達と次男に押しつけてしまった。
蘭は深く心に傷を負い、多くの幹部職員達の説得も虚しく教団から去った。
当然だろう、彼女はまさに命をかけて教団を守ろうとまでしたのに、その一番大変な時には幹部の誰もが手を差し伸べる事は無かったのである。


 みな口では信仰心だのなんだのいいながら、地位や収入を失う恐怖から大川の前では無関係をよそおったのだ。
まさに血も涙もない冷血集団、これが幸福の科学の中枢の実態である。


余談だが大川の5人の子供のうち、すでに半数以上が心情的には母親の側についている。
大川は今、子供達家族からでさえ、四面楚歌寸前なのだ。


(引用終了)



幸福の科学の実態
ファルコンさん告発
http://antihsno1.blog28.fc2.com





Cp50 転法輪蘭 愛人秘話


<meta name="keywords" content="転法輪,蘭,幸福の科学,霊言,信者,happy,愛人">だいぶ おつかれのご様子
 宇宙人リーディング当時

転法輪蘭(元愛人)
 てんほうりん らん
 本名 富ヶ原留美


休会に致った経緯はこちら

と思ったら、2013年現在はまた復帰


コラム
転法輪事件
(エルカンターレファイトは無意味だった)
名無しID:pcFxNXba
part644_res438改
2012/07/05(木) 19:49

 総合本部内で会議中か何かとの時に転法輪蘭が倒れたらしい。
若手に嫉妬して悪魔に入られたそうだ。
鶴川晃久がエル・カンターレファイトしても無駄だった。
そこで「我々は主と一体」とか言ったら悪魔が出ていったそうなのだ。

 これは南無原みろくが言っていたよ。
だからエル・カンターレファイトは効かないとお墨付きを頂いたのです。

『悪魔撃退の秘技を探る』村田専務理事解説で公になった話。

だから毎日バカみたいにエルカンターレ・ファイトをしても無駄なんです。

教祖のインチキさを幹部職員が教えてくれたんです。
ですから退会しました。
信じた私も馬鹿だったなあ~~~!
(引用終了)


↑同じ話まとめ直し
『悪魔撃退の秘技を探る』講義で村田専務理事が公にしちゃった話

 総合本部内で会議中に転法輪蘭が倒れたんだが、若手の愛人に嫉妬して悪魔に入られたそうだ。そしてあの能天気な鶴川晃久がエルカンファイト☆しても無駄だったという話を紹介し

村田いわく「教団幹部がやってもエルカンヒァイトは効かないこともある」とお墨付きを与えてしまった。

大川のインチキさを幹部職員がバラしちゃったから、一般会員は見れないように封印したんかな?あれ。どうなったかは俺も知らん
 
ウソだと思うなら本部講師にでも聴いてみろよ。苦笑いするから。


大川総裁 愛人秘話

ルチアID:bZO6Sb9Q
part_res147改
2012/06/14(木) 12:02

転法輪蘭との愛人関係
大川家の家庭に入って、散々、夫婦仲をこじらせ、離婚問題にまで追いやった女性。

 大川隆法の寵愛を受け、突然「何これ?」と法名〔転法輪蘭〕を貰った女性が現れた。
何と、その女性が大川氏と一緒にきょう子さんを自宅(大語館)から追い出した張本人だそうな。

 妻きょう子さんの反対を押し切って、総裁先生は愛人を伴って支部巡錫と称して全国に新婚旅行気分で出掛け始めた。
 転法輪蘭は何の実績もないのに理事に就任、総裁の身の周りのお世話をし、年々、総裁は派手な衣装に装飾品を身に付けるようになった。
成金趣味全開の総裁に歯止めが掛からなくなった。
 きょう子さんが傍にいらしたら、そこまで羽目を外しはしなかったでしょうに。

 それが種村氏のカウンセリングが始まり、明らかに某教団の内部情報をリークしている者がおり、某教団内部の話題の人物達が次々に登場し教団の実態を暴き始めたから大変です。
 その中にまあ次々に愛人が登場し「私が総裁に一番愛されている」発言がなされ「私こそ一番の寵愛を受けている」と自負していた転法輪蘭の女性の心を打ち砕いたようです。

 彼女は怒りと挫折を味わいながら、教団を去りました。
四六時中、一緒に居た彼女が居なくなってから、大川隆法さんの心にぽっかり穴が開いたままなのでは無いでしょうか?


(お名前不明)
法名を頂いた女性の中でタイプが違うが優秀な経歴と忠誠心を買われ、理事長に返り咲いた女性もいます。

彼女こそ、昨年、教団のお布施を吊り上げ、実質お布施を減らした人物ですが、彼女の忠誠心や信仰心が復活の所以なのか、再度20代で再登用されました。
それほど教団にはこれといった人材がいないと云う事を証明しているのでしょう。

 職員募集をやっていますが、若い女性の皆さまには、くれぐれも、お気を付けて頂きたいものです。
どうやら、宗務に入るという事は大川隆法さんのお気に入りが選ばれるとのこと。
はっきりいって、隣国の喜び組に入局する事と一緒のようです。
 この事実を若い女性の皆さまに周知して頂きたいものです。

 大川隆法氏は鬼畜の様な行為を直ちにお止めになり、恥多き人生を反省されることをお奨め致します。

親愛なる信者の皆様には、お布施と映画の回転菩薩修行をお控え下さいますようお願い申し上げます。

…みなさまと主に愛を込めて…ルチアより

(引用終了)



転法輪蘭さんが休会に致った経緯はこちら
http://a24.chip.jp/herzerde/album/c_index.php?tnum=48




Cp54 高橋信次の素顔



高橋信次 Takahashi Shinji


GLA創始者 大川の師匠

神智学やグノーシス神学、ヘルメス文書エメラルドタブレット、霊界チャネリング等の思想系統に類する

大川隆法は、高橋信次『心の発見』『人間釈迦』などの著作を読み、高橋による霊界次元構造、本体分身理論、守護指導霊、過去世リード、想念帯、一念三千、改良八正道、反省修法、霊言現象、宇宙即我などを大川理論に取り入れていている。「神理」「エルカンターレ」も高橋信次の造語である

高橋信次は釈迦の生まれ変わりと宣言しており、後に大川隆法も釈迦意識の生まれ変わりを自称

二人の釈迦問題を解決するため 大川は高橋信次を詐称し霊言集を偽装する。釈迦弟子の多くを幹部に付与、種村氏退会で舎利弗を変更

イタコ高橋で「自分は釈迦ではなく、あなた(大川)が釈迦の生まれかわりだ」と言わしめ、釈迦の過去世を簒奪する

生前の高橋を良く知る者からは、かの霊言は明らかに捏造であると証言しており、勝手に高橋の名を騙たり、高橋の品性を大川の人柄で不当にを失墜させた

後に大川の言い訳や自分の都合にあわせて設定変更する際に「高橋信次」の名前が濫用されている。このことは〔恩を仇で返す〕大川の人間性がよく顕れている

<center>GLA_family</center>
高橋信次のGLAは 善川三朗 千乃裕子 原久子など多くの思想的影響を与えた



高橋信次の霊言 製作秘話
(関谷皓元『虚業教団』)

GLA God Light Association
1969年に設立した〔大宇宙神光会〕を母体とする宗教団体

高橋は霊界と自由に交信することができ、その教えでは、顕在意識と潜在意識との間にできてしまった想念帯の曇りを反省によって取り去れば、誰でも神とストレートにつながると説いている

この思想はGLAの枠を超え、精神世界に関心を持つ人々に少なからぬ影響を及ぼした。善川や大川や原久子も例外ではなかった。

しかし高橋は、わずか7年の後の1976年、その全盛期に自らの予言通り突然世を去った。残されたのは当時まだ19歳のお嬢さん高橋佳子である。偉大な指導者を失ってGLAは混乱し分裂を重ねた

一時は50万とも言われた信者や高橋の信奉者は、宙に迷う形になり、その数は一万数千にまで激減している

 そんなとき不意に別の教団で開祖の霊がしゃべり出した。むろん宙に迷っているGLA信者や信次ファンを取り込もうとする大川の戦略でもあったろう

たとえば原久子などは、敬愛する高橋信次の面影を求めて大川に近づいた一人であった。というよりも原の存在が、大川に高橋信次の霊言を思いつかせたと言ったほうが たぶん正しい。もっと正確に言えば〈幸福の科学〉の高級霊団の中心である高橋の霊は、原の求めに応じて霊言を始めたのである

ここで大川と原久子の出会いについて触れておこう

原は高橋の存命中からのGLA信者だった。幹部のような特別の立場ではないが、一会員としてずいぶん可愛がってもらったらしい。高橋信次という人は、信者と気軽に接することを好んだよ大川の霊言集を読み、原はそこに亡き高橋信次の思想と通い合うものを感じたらしい

これは決して不思議ではない。父親の善川三朗が高橋の影響を受けていたし、本人も最初の霊的体験は『心の発見』を読んでいる際中だったと『太陽の法』に書いている。霊言集の中に、GLAの元信者が、今は亡き教祖と似たものを感じたとしても少しもおかしくない

そこで原は「大川隆法というこの霊能力者になら、信次先生の霊が降りるかもしれない」と考えたのである。歴史に〔もし〕はないという。しかし敢えて問おう。もし原がそんなふうに考えなかったら、果たして〈幸福の科学〉は生まれただろうか

(亡き高橋の面影を求めて、原は霊言集の出版元である潮文社を訪ねていく。何度目かに訪ねたとき、ちょうど『孔子の霊言』の出版のため大川が上京してきていた)
<dl><dd>筆者註『孔子の霊言』は1987年の出版である。1986年に幸福の科学を設立しているので、この記述には疑問が残る</dd></dl>
「信次先生のご逝去以来、ようやくの思いで真に心の師となる人を見つけた」

〈幸福の科学〉の発足前後に、原はよくそう言っていた。原久子とのこの出会いが大川隆法に『高橋信次霊言集』を書かせたと私は推測している

なぜなら潮文社から最後に出たこの霊言集は、それまでの七冊とはあまりにも違っているからである。まず善川というインタビュアーが居なくなり、大川の……いや霊の独自に変わった

また高橋信次という名前じたい、それまで霊言していた日蓮や空海、キリスト、ソクラテス、孔子、坂本龍馬、卑弥呼などの中に置くと、明らかに異質なものを感じる

歴史の教科書には必ず登場するような有名人の霊言集が続いていたところへ、ほんの一握りの人しか知らない、しかも死後10年にしかならない人物が突然出現したのである

内容のほうも「集まれ団結せよ」と説くアジテーション風に急変していた

霊言集の日付によると、トーメンを退職した翌日の7月18日に「高橋信次です」と高橋の霊がひょっこり降りてきたことになっている

 大川は『高橋信次霊言集』のまえがきで、次のように書いている

「1986年7月、私が神理伝道のために、勤務していた総合商社を退職するや否や、高橋信次氏からの、ご自身の現在の考えを世に問いたいという、強烈な願いが一条の光となって私の胸を貫きました。私は同氏の熱意に打たれて、ついにこの書を世に問う決断を致しました」

 しかしこうして見てくると、原の影響とまでは言わないが、彼女との出会いをきっかけとして『高橋信次霊言集』が著わされたと結論するしかない。しかも原を前にしてテープに吹き込まれたものとなれば、この霊言集の産みの親はまさしく原久子なのである


高橋信次の実弟の証言
1988年10月 高橋信次の実弟にあたる高橋興和と会うことになった。新宿のホテル・サンルートで、27日2時と日時も決まった

はじめて見る信次先生の弟さんは予想していた通り温厚な紳士だった

「私は実の弟です。兄の性格は百も承知しています」と彼は念を押した

「本当に兄の霊が出て来たなら、すぐにでも飛んでいって話をしたいと思います。でもねェ、関谷さん。違うんですよ。巧妙に似せてはありますが、兄じゃないんです。私も残念なのですが」

とても真摯な話し方をされた。肉親だからこそ言える実感がともなっていた

「それは、あなたの主観ではありませんか。ホンモノかどうかは読者が決めるものだと思います。信次先生の本がたくさん世に出て教えが広まることは、喜ばしいことじゃありませんか」

「ほんとうの神理を樹立してくれるなら、ありがたいと思います。でも大川さんが書く本の内容は、絶対に兄のものではありません。あのようなレベルで次々に本を出されては困るんです」

「内容に関して、違いを証明できるんですか」

「二つはハッキリしています。関谷さんも気づきませんか。一つは〔愛の波動が伝わってこない〕ということ。愛を説く言葉は上手に並んでいるけれど、暖かみが伝わってきません。ハートではなく頭で理解させ、うなずかせる感じです

二つ目は〔冗談の言い方の違い〕です。大川さんの冗談には品性がありません。兄はあんな下品な言い方のできない人でした」

こう言われてしまうと、なお反論することができなかった。感じや、身近な人しかわからない品性の問題を持ち出されては、マトモな議論にはならない。それだけに、弟さんの言葉にはウムを言わせぬ説得力があった

こちらとしては、こんなふうに逃げるしかないだろう

「大川先生にも深遠な意図があると思います」

疑いが起こるたびに自分に言い聞かせていたのと、同じ言葉が思わず出てきた

「このままでは兄の悟りは、この程度の浅いものとして広まってしまうんです。『新幸福論』や『愛の讃歌』はひどいものです。あれでは猥褻書以下です。何が神理ですか。一人ひとりに対して、兄はもっと真剣な愛を持っていました。そこのところを正しく伝えなくてはならないんです」

この猥褻さについては、私も違和感を持って読んだ一人だった

人間は多かれ少なかれ いろんな願望を心に隠し持っているのだから、そのこと自体はとやかく言うつもりはない

こういうものを高橋信次の霊言だと主張しなければならない、私の苦渋を察していただければいいのである


大川隆法 88年3月収録
『高橋信次の新幸福論』
(恭子との結婚 1ヶ月前)

〔「あなたって駄目ね」とかね「あなたね全国平均は、だいたい15分よ」とかね「1時間はやはり夜の勤めがあるのよ」とかね「平均はいくらぐらい、どうのこうの」とかね。こういう男性というのはね、平均もってこられて比較されると非常にいやなんだよ。「他の人が1時間でしたって俺が3分で何が悪い」って「1分で何が悪い」って「あなた、すごく早いのよ」ってこう言われるけど「あなた1分よ」って「なーに1分で何が悪い」って「だんだん時間を短縮する傾向にあるじゃないか」って新幹線だって速く走りやいいし、オーブンだって短い方がいいし、電気釜だって早く炊けるのがいいに決まっとるじゃないか、早くって何が悪いって「だけど隣りの奥さんに聞けば、だいたい2時間よ1時間よ」とかね「あなたって肉体的欠陥があるんじゃないの」って、こういうことは決して言っちゃいけない。平均だとかね、隣の旦那さんとかね、うちの親戚の人とかそんなの出してきて、比較しちゃいけない。女性はしがちだよ。全国統計なんか知らないくせに「体形が悪い」とかね「あなたは夜のがへタ」だとかね、家の中でも自信がなくなる。だから僕もこれだけ力を入れて
いる意味を、みなさん考えてくださいね。なぜ高橋信次(自称)がそれだけ言うか。まあ考えてくださいよ〕

霊言をまるで信じない心理学者なら、著者の潜在的欲望の現れと見なすだろう。確かに高橋信次の口から語られたとは信じがたい


高橋信次の霊言集は大川の偽装創作本で内容そのものに意味はないが、大川隆法の劣情の本音が記述されている書として、近年 改めて価値が見出され、にわかに注目されるようになった。

『高橋信次霊言集』
 86年12月
『高橋信次の新復活』
 87年5月
『高橋信次霊訓集』三巻
 87年 6,8,10月
『高橋信次の天国と地獄』
 88年1月
『高橋信次の新幸福論』
 88年6月
『高橋信次のUFOと宇宙』
 88年6月
『高橋信次のユートピア論』
 88年8月
『高橋信次の大予言』
 88年9月
『高橋信次の心の革命』
 88年11月
『高橋信次の愛の讃歌』
 88年12月


関谷皓元『虚業教団』
http://sakurakaory.blog.fc2.com/?cat=5


*幸福の科学㌢写真館*


Cp55 高橋信次からの教義盗作



Thanks for Anchi san.


【高橋信次からの教義盗作】

◎主エル・ランティー
 エル・カンターレ造語

①霊界の次元構造(4~9次元)

②八正道・一念三千の独自解釈
(正業=しょうぎょう
 =正しい仕事など)

③守護霊・指導霊理論

④本体・分身理論

⑤憑依・悪霊論

⑥歴史上の偉人を各次元に配分

⑦太陽系霊団と宇宙の歴史
 宇宙からのUFO移住
 (ベータ星関連)

⑧宇宙即我

⑨霊道・霊言現象論

⑩釈迦の再誕
(ジャブドーバー
 ケントマティー関連)

⑪GLA「主宰」高橋信次


【大川オリジナル?】
①四正道
(愛・知・反省・発展)

②愛の発展段階説



おまけ 高橋佳子さん

<center>高橋佳子
</center>


関連記事
高橋信次の素顔
http://a24.chip.jp/herzerde/album/c_index.php?tnum=83


*幸福の科学㌢写真館*
http://a24.chip.jp/herzerde/




Cp15 過去世設定一覧 INDEX Reincarnations Settings


龍馬が女性?という設定
The Liberty 2011年9月号改


過去世設定について
イタコ大川「その過去世認定について、事実か事実ではないかということであれば事実ではないと言わざるをえないけれども、教団の初期の段階では、幹部らしきものに何らかの格付けが必要な面もあったということです」~『舎利弗の真実』p30


過去世設定一覧 2013年4月
Reincarnations Settings 2013

過去世設定I 大川家
過去世設定II 愛人・職員
過去世設定III
過去世設定IV
ここが変だよ過去世設定


<dl><dd>国略号 Nations
印:インド  Indo
斯:ペルシャ Persia
希:ギリシャ Greece
埃:エジプト Egypt
墺:オーストリア Austria</dd></dl>

※過去世設定は都合により変更されることがございます 予めご了承くださいませ

※Pardon us to alter often some settings with Okawa and our convenientions.



情報元
転生リスト
http://seek-truth.clique.jp/religion/happy_science/tenshou.html

http://blogs.dion.ne.jp/lamdhia/archives/9664710.html




Cp16 過去世設定I 大川家

大川一家
1998年8月10日 家族7人で過ごした夏休みの思い出

写真出典 2009
大川きょう子『党首の決断』



大川隆法 Okawa Ryuho

BC6 釈迦   Buddha 印

BC23 ヘルメス Hellmes 希

BC28 アヌ Anu シュメール
(エルカンの分霊)
アヌの息子がエンキ
エンキの息子がマルドゥク
エンキの異母兄弟がエンリル
エンリルの息子がベルゼベフ

BC45 オフェアリス Ophealis埃

7000年前 古代インカ
 リエント アール クラウド
 Rient Arl Croud

12000年前 トス Thoth
 アトランティス Atrantis

17000年前 ラ・ムー La Mu
 ムー大陸 Mu Continent

30000年前 エル信仰の教師 斯

80000年前 燃燈佛
 ティーパンカラ・ブッダ 印

1億5千年前 エロヒム中東

3億数千万年前 アルファ 阿

エル・ミオーレ(金星)

アンドロメダの指導者

大宇宙の根本神
a Creator of anywhere Universes




大川きょう子 Kyoko 元妻

【離婚前】Before the divorce
ナイチンゲール Nightingale
文殊菩薩    Manjutyuly
アフロディーテ Aphrodite


祝退会 Congra. with drawal

【離婚後】After the divorce
AD19 ナイチンゲール助手 英
AD17 デカルトの捨子 仏
AD17 鳥海山カラス天狗 日
AD 0 イスカリオテのユダ
   Jude Iskariote

BC 5 孔子の捨子 支那
BC13 モーセを捨てた親 埃
BC? クラリオの迫害者 埃
霊界からハトホル信者を操って迫害

BC23 メノス 希
ヘルメス教団の幹部
謀略担当アフロディーテ暗殺

BC45 セトオフェアリスを殺害

10000年前 アガシャーの迫害者
 アトランティス
エジプトまでアモン・ラーを追撃したが返り討ちに遇う
怨霊となってアフリカに留まり ハトホルと称して「恐怖の女神信仰」の祟り神に
1億2千万年前
 ルシファーの妻 中東
 ルシファーに殺害された


大川宏洋 長男
AD19 フランツ・カフカ 独
AD17 ルネ・デカルト 仏
AD12 西行法師 日本
AD? 支那の皇帝
BC4 荘子
BC14 イクナートン 埃
BC? アメンホテプ4世 埃
伝統的なアモン信仰をアトン信仰に替えようとした

BC23 エロス 希

10000年前 アモン・ラー 埃

プレアデス星人


大川真輝 次男
AD19 木戸孝允(桂小五郎) 日
AD13 夢窓疎石 日
AD9 空海?  日
AD6 天台智~豈頁チギ
BC2 新・文殊菩薩
BC6 ガランダ長者? 印
BC6 シャーリプトラ 印
    (2012年7月設定変更)
BC10 国常立神 日
BC13 ラムセス2世 埃
BC28 エンキ
BC45 ホルス 埃

7000年前
 リエントアールクラウド神官

琴座ベガ中心星の法王


大川裕太 三男
AD19 明治天皇分霊 日
AD18 マリア・テレジア 墺
AD17 中江藤樹 日
AD8 桓武天皇 日
AD7 イスラムのカリフ 中東
BC6 ラーフラ 印
BC9 天御中主神 日
BC13 ラムセス1世 埃
前王から絶大なる信頼を得た軍司令官 老年になって王を継承したので在位は短期

BC16 アテナ 希

27000年前 マートリア
 レムリア 大聖エレマリアの母

アンドロメダ星人

宇宙パトロール軍司令官クマ型


大川咲也加 長女
AD19 吉田松陰 日
AD15 ヤン・フス
AD8 光明皇后 日
AD2 豊玉姫  日
BC6 新ヤショーダラー 印
BC7 天照大神 日

琴座 ベガ中心星の女王


大川愛理沙 次女
AD19 山県有朋 日
AD  ジャンヌダルク 仏
AD7 天武天皇 日
AD2 日本武尊 日
BC2 韓信   漢
BC? 普賢菩薩 印

獅子座の宇宙防衛軍司令官
 ゴリラ型


善川三朗 大川隆法の父
日朗    日蓮六老僧
善無畏三蔵 真言八祖の第五祖
青年マルコ
子路    孔門十哲


大川隆法の母 君子
マイシャ
他に転生なし
 (エルカンの一部)

※大川隆法の誕生日は7月7日ではなく、6月下旬であると証言


釈迦生母マヤ夫人
他に転生なし
現在は転法輪蘭が就名
  (2013年設定変更)

エルカンのアドレナリン




Cp17 過去世設定II 愛人・職員

愛人

大川紫央(近藤しほ)
     元愛人→現妻
AD19 坂本龍馬 幕末
AD16 山内千代 一豊の妻
AD10 賀茂光栄 平安
AD3 壱与   邪馬台国
AD2 劉備玄徳 三國志
BC6
マハー・パジャパティー 印

ガイア

エルカンターレの「武器」


大川まり子(元愛人)
本名 山下まり子 宗務職員

佐久間象山  幕末
J.ウィクリフ 英
後白河天皇  平安末
ヘルメス時代の海防論者
木花咲耶姫
仏陀時代の男性?
イシス  埃
トスの娘
ベガ中心星の女王


転法輪蘭(富ヶ原留美)愛人
坂本乙女 龍馬の姉
卑弥呼  邪馬台国
弥勒菩薩
摩耶夫人 釈迦生母
チトラン クラウドの妃
ラ・ムーの妻
ケンタウロスα星人サル型


山田美星 初代愛人
アン・ブーリン
 ヘンリー8世の2番目の妻
マグダラのマリア
ムリガジャー
 釈迦の4人の妃の1人


山下ひろみ 退会
旧ヤショーダラ


大門未来
AD19 大久保利通
AD18 O.クロムウェル
AD2 2代目 曹操
BC1 2代目ユリウス・カエサル

大天使ウリエル

蟹座のミスターX


渡邊りよ 渡邊和哉の娘
AD19 勝海舟
AD2 諸葛亮孔明
BC2 ハンニバル

アルタイル星人 猫娘


南無原みろく(伍井みろく)
 俳優 南原宏治の娘
AD18 新・ナイチンゲール
AD13 源頼朝の娘
 (衣通姫そとおりひめ)

オシリスに包帯を巻いた女官

プレアデス星人


釈 量子(松根広子)
AD19 伊藤博文
AD17 ナイチンゲールの母
AD12 源頼朝
AD  持統天皇
AD 3 呂蒙 三國志 呉

高御産巣日神
(たかみむすびのかみ)

金星の人魚


仲村真理依
西郷隆盛 幕末
孫権   三國志 呉
神武天皇=神大和磐余彦命
アンデレ
第二イザヤ


竹内久顕
沖田総司 幕末
芦屋道満 安部晴明のライバル
竹内宿禰『竹内文書』
阿難   アーナンダ2代目
新・アフロディーテ
オシリス復活信仰の伝道者
プレアデス星人
プレアデス近辺のカモシカ系
金星のクラゲ

竹内久顕の妻
近藤 勇 幕末
張飛翼徳 三國志 蜀五虎将

立木秀学
トーマス・ジェファーソン 米
源義経  平安末
周瑜公勤 三國志 呉


小林早賢
徳川慶喜 幕末
本多正信 戰國 家康の謀臣
後鳥羽天皇
富楼那弥多羅尼子
(プールナ・マイトラーヤニープトラ)


饗庭浩明(直道)
平清盛 平安末
富楼那 西方伝道
釈尊時代には2人の富楼那という弟子が存在する。十大弟子の富楼那と、もうひとりは西方伝道に赴き殉教


勝栄二郎
井伊直弼 幕末


黒川白雲
石田三成
明恵上人


石川悦男
山名宗全 応仁の乱
黄忠 三國史 蜀五虎将
ゼータ星人キングコング(蒼竜)


木村智重
前田利家?
スダッタ長者
ゼータ星人 ゴジラ型


九鬼一 幸福の科学出版社長
安倍晴明
白鳥座
オリオン座大ギツネ型


一倉洋一
五代友厚 幕末 財政家
安部晴明宮中ファンクラブ会長
ヘルメス軍の兵站担当
白鳥座イプシロン星人 白虎


渡邊和哉 渡邊りよ実父
上杉謙信
関羽雲長 三國志 蜀五虎将
プラセーナジット王
 (コーサラ国 印)
ヘルメス軍司令官
アルジュナ軍司令官
 (クリシュナの王子)
アルタイル星人 翼竜(朱雀)


松島弘典
高杉晋作 幕末
忍性   日蓮が排撃
リチャード獅子心王
 12世紀末のイングランド王
 十字軍で活躍
夏候惇 三國志 魏
マゼラン
シルバーA星人 ライオン型
金星人 大亀型(玄武)


江夏正敏
板垣退助
北条早雲
宇佐八幡の宮司
「道鏡を皇位につけてはならない」という託宣を受け和気清麻呂に告げた

馬超 三國志 蜀五虎将

サムソン
旧約聖書に登場する怪力の巨人

ワニ型宇宙人
ゼータ星でルシファーを1時間で退治


村田堅信
一行 真言第六祖

斉藤哲秀
親鸞上人
パウロ

佐藤直史
勤操(ごんぞう)
空海に『虚空蔵求聞持法』(記憶力増強法)を伝授した僧侶


山本進(鷲峰 無執)
ジェータ太子(プラセーナジットの王子)
ガルーダ型アルタイル星人皇の側近(時代不明)
卑弥呼の親族
イエスの「カナの婚礼の奇跡」の水瓶女
釈尊の側近
ヘルメスの王宮にいた女官
琴座エガシー星人 ブタ型

林洋甫
アンドレイ・サハロフ
 ソ連の「水爆の父」
蟹座星人 アイアンマン型

酒井(教団職員)
久坂玄瑞 幕末
張遼文遠 三國志 魏
エウロパのトド
金星のプロテクター イヌ型


ハタ(教団職員)
木下順庵
 江戸時代の儒学者

祇園精舎の職員

ヘルメス時代
 貯水とワインの管理人

ティーパンカラ・ブッダ時代
 儀礼担当

白鳥座ガガール星人
 バルタン星人型


里村英一
天狗少年寅吉
江戸時代に天狗に拐われ霊界体験して話題になった少年

金星人イボガエル型


大橋(教団職員)
大航海時代に世界を航海した人物
イギリスの海賊
ナーラギリ
(酒を飲んで暴れ釈尊に宥められた象)

インドのマハラジャ
巨人族タイタン
白鳥座サファィア星人 象型


竹田(教団職員)五稜郭で戦った幕府軍の武士
カピラ城にいた人物
ケンタウロスα星人 サル型


宇田(教団職員)
マゼラン星雲ゼータ星B
 半魚人型
金星の人魚


太田カオル
うお座
 オオサンショウウオ型
 (カッパ・オアンネス)
天雲なお
エササニ星人 伊勢エビ型

市川和博
白鳥座インカール星人 ヤギ型
孔子宇宙船団の提督

船井久里子 アユハ編集長
ケンタウロスβ星人
 草食恐竜型

アユハ編集部員
八岐大蛇
シリウス系 オロチ型




Cp18 過去世設定III


露プーチン 独メルケル
独裁者反対ヌード・・およよ



田中角栄~斎藤道三

金丸信~松永久秀

三塚博~加藤清正
   ~アムリットダナー
    (甘露飯王)
    <釈尊の叔父>

渡辺美智雄~蜂須賀小六
梶山静六~蒲生氏郷
竹下 登 ~斎藤龍興
橋本龍太郎
 ~善右衞門・宗利
  <豪商「鴻池」三代目>

後藤田正晴~竹中半兵衛

岸信介~八百万の神の一人
   ~天皇での過去世あり

佐藤栄作
 ~徳川将軍の一人(秀忠?)

松平定信~ペリクレス

乃木希典~楠木正成

東郷平八郎~サラディン

小林興起~織田信長~項羽

鳩山邦夫~豊臣秀吉~惠比壽

住 博司 ~徳川家康~劉邦
(故人)

岡崎久彦~ペリー~明智光秀

鳩山由紀夫~宇宙人

毛利元就~木村摂津守芥舟
     幕臣 咸臨丸

小泉純一郎~伊東一刀斎景久

小沢一郎~伊達政宗~阿闍世(アジャセ)

安倍晋三~大伴家持

麻生太郎~真田昌幸

亀井静香~前田玄以~張遼
 職員酒井とカブリ

船田元~ビンビサーラ~蘇我馬子

  <マガタ国、アジャセ王の父>

中曽根康弘~藤原道長

宮沢喜一~菅原道真

森喜朗~富樫政親

河野洋平~藤原泰衡

加藤紘一~新井白石
 ~プラセーナジット王↑関羽とカブリ

石原慎太郎~天海(慈眼大師)
 ~漢詩人(王維?)
 ~八百万の神の一人(詳細不明)

石原伸晃~北条時宗?

ゴルバチョフ
 ~ユリウス・カエサル
 ~マラキ<旧約>
 ~大天使ウリエル?
  大門未来とカブリ
ライサ(ゴルバチョフ夫人)
 ~マリー・アントワネット

エリツィン~ダントン
 ~マルクス・ブルータス

プーチン~徳川吉宗

ビル・クリントン
 ~ジローラモ・リアーリオ伯

ヒラリー・クリントン
 ~カテリーナ・スフォルツァ

オバマ~モンテスマ
    <アステカ最後の王>

習近平~チンギス・ハン ~古代アッシリア皇帝プル王
  (テイグラト・ピレセル3世)

ジョン万次郎
 ~マルティン・ランペ
  <カントの召使い>

福沢諭吉~朱子~キケロ

千葉重太郎~祝融

陸遜~黒木為統?~西郷従道

袁紹~島津義弘~池田大作


リンカーン~聖徳太子~ソロン

サッチャー~ビスマルク

アクバル大帝~堯

Fルーズベルト~漢武帝~舜

ネルー~皇帝ユスチニアヌスⅠ~禹

チャーチル~ヨシュア

ヒトラー~ネロ

ナポレオンⅠ
 ~アレキサンダー大王 ~シルヴァナンダ(シヴァ神)

サダム・フセイン
 ~足利尊氏
 ~火之迦具土神
 (ひのかぐつちのかみ)

孫文~キリスト教の改革者
 ~孫~月賓(そんぴん)

周恩来~蕭何〔漢〕

渋沢栄一~張良子房〔漢〕

松下幸之助
 ~紀伊国屋文左衛門
 ~ルカ

井深大~イエスの実弟

本田宗一郎~上杉鷹山

長嶋茂雄
 ~ペドロ・ロメーロ
 <18世紀スペインの花形闘牛士>

王貞治~千葉周作

三島由紀夫
 ~瓊瓊杵尊
 (ににぎのみこと)

田原総一郎~柳生石舟斎宗嚴

二宮尊徳~行基菩薩~一倉定

杜甫~松尾芭蕉
額田王~弟橘媛
    (おとたちばなひめ)

カルロス・ゴーン
 ~武田信玄最強時の騎馬隊長


ピカソ~鑑真~ミケランジェロ

バッハ~レンブラント
 ~天宇受売命
  (あめのうずめのみこと)

ニュートン~アルキメデス
 (分霊)ピタゴラス

エジソン
 ~グーテンベルク
 ~蔡倫

ジョン・ロック
 ~デモステネス

スウェーデンボルグ
 ~源信
 ~バプテスマのヨハネ

ハイエク~ソクラテス~恵果

ケインズ~秦の始皇帝

ゼカリア・シッチン
 ~エゼキエル<旧約>

クレオパトラ~昭憲皇后
楊貴妃~マリリン・モンロー
サイババ~マニトーラ
<イエスに物質化現象を教授したインドのヨガ行者>

◆哲学、思想、学者、評論家

孔子~カール大帝<フランク王国>

渡部昇一
 ~ベンジャミン・フランクリン
 ~ヤン・ヨーステン
 ~在原業平

竹村健一
 ~アレクシ・ド・トクヴィル
 ~コシモ・デ・メディチ
 ~阮籍

中村元~鳩摩羅什(クマラジーヴァ)
    <大訳経僧>

西田幾多郎~無門慧開
     ~アリストテレス

竹内均<地球物理学者>
 ~コペルニクス

清水幾太郎~頼山陽
     ~北畠親房

小室直樹~ディオゲネス<犬儒学派>

日下公人~フランシス・ベーコン
    ~ソロモン <イスラエルの王>

谷沢永一~荻生徂徠~孟子

長谷川慶太郎~黒田官兵衛

熊沢蕃山<陽明学者>
 ~矢内筆勝(職員)

ショーペンハウエル~セネカ

ジャン・ジャック・ルソー
 ~皇帝マルクス・アウレリウス

ハイデッカー~アウグスチヌス

トマス・モア~クセノフォン

カント~ダニエル<旧約>
ゲーテ~老子

ヘーゲル~臨済~プラトン

カール・マルクス~エピクロス

ニッコロ・マキャベリ~韓非

キルケゴール~無着

ヤスパース~義浄

ロジャー・ベーコン~アジタ

デビッド・ヒューム~サンジャヤ<ウナギ論師>

ピーター・F・ドラッカー~孫武(孫子)

アルフレッド・ラッセル・ウォレス<進化論>
 ~タレス<ギリシャ七賢人>

イエス・キリスト~レフ・トルストイ<直近転生>
    ~ケツァルコアトル<マヤ・アステカ>
   ~クラリオ<エジプト>
   ~クリシュナ<古代インド>
   ~アガシャー大王<アトランティス>
  ※分霊・・・墨子

ゼウス~エホバ~シェークスピア

マヌ~トラヤヌス帝
  ~グレゴリウス7世
  ~マハトマ・ガンジー

ネルソン・マンデラ~モーセ




Cp19 過去世設定IV


占ってみました

提供 まぜまぜモンスター
 http://m.mazemon.jp/


マイトレーヤー如来
 ~聖クザーヌス
   <アトランティス>
 ~アルテミス
 ~ローマ教皇
 ~クリストファー・コロンブス
 ~ブラヴァツキー夫人
  <神智学の始祖>

天御中主神
 ~アテナ
 ~ラムセス一世
 ~羅羅(ラーフラ)<釈迦の子>
 ~アリー<4代目カリフ>
 ~桓武天皇
 ~中江藤樹
 ~マリア・テレジア
 ~大川裕太(三男)
 ※分霊・・・明治天皇

天照大神
 ~大日貴(おおひるめのむち)
<別名でなく次の転生時の名>
 ~ヤショーダラー<釈尊の奥様>
 ~光明皇后
 ~ヤン・フス
 ~吉田松陰
 ~大川咲也加(長女)
 ヤショーダラ重複

大国主命
 ~豊臣秀長
 ~安田善次郎

允恭天皇インギョウ
 ~今上天皇(明仁)平成
建礼門院平徳子
 ~美智子皇后

安徳天皇<徳子の子>
 ~皇太子徳仁親王(浩宮)

アモン・ラー<アガシャー大王の御子息>
 ~エロス
 ~アポロン
 ~天之常立神
 (あめのとこたちのかみ)
 ~イクナートン<エジプト>
 ~大目連(目連、マウドゥガリヤーヤナ)
 ~荘子
 ~西行法師
 ~ルネ・デカルド
 ~フランツ・カフカ
 ~大川宏洋(長男)

天使長ミカエル
 ~預言者アモス
 ~マルチン・ルター
 ~ロナルド・レーガン
 ※分霊・・・日蓮

大天使ガブリエル
 ~レオナルド・ダ・ヴィンチ

大天使ラファエル~ダンテ

大天使サリエル
 ~薬師如来
 ~イザヤ<旧約>
 ~エドガー・ケイシー

大天使ラグエル~シュバイツァー

大天使パヌエル
 ~クレイステネス
 ~クロムウェル

マホメット(ムハンマド)
 ~ハンムラビ<ハンムラビ法典>
 ~ツウィングリ<スイス>

ヤハウェ~アブラハム
  ~ディズレーリ

舎利弗(シャーリプトラ)
 ~ヨハネ
 ~不空三蔵
 ~アサート
 ~栄西
 ~種村修
 〔退会、過去世変更〕

空海~ガランダ長者
  ~セミナリオス

世親~陸九淵(陸象山)

日朗~善無畏三蔵
  ~子路
  ~エビウス
  ~マルコ
  ~善川三朗

法然~堤婆~聖トマス
唯円~マタイ
一遍~ヤコブ
親鸞~パウロ
蓮如~アンデレ
竜樹~聖ベルナルド

ホセア<旧約>
 ~ロバート・シュラー〔米〕
 <ニューソートの第一人者>

ゼベタイ<十二使徒ヤコブとヨハネの父>
 ~ノーマン・ビンセント・ピール

内村鑑三
 ~墨子の弟子
  <墨攻の主人公モデル>
~アウグスティヌス
~エレミヤ<旧約>

矢内原忠雄~ペテロ

谷口雅春<生長の家>
 ~プロティノス
 ~伊邪那岐イザナギ

谷口輝子<谷口雅春夫人>
 ~伊邪那美?

谷口清超~猿田彦大神

庭野日敬<立正佼成会>
 ~慈覚大師円仁

高橋信次~役小角~左慈~サナト・クマーラ~ヤコブ・イスラエル<エンリルの魂グループ>

高橋一栄<高橋信次夫人>~白専女<役小角の母>

高橋佳子~細川ガラシヤ

五井昌久<白光真宏会教祖>~ハナニヤ<イスラエル>

北一輝~張角~アーラーラ・カーラーマ

出口王仁三郎~稗田阿礼
鈴木大拙~達磨大師

張良~渋沢栄一

麻原彰晃~石川五右衞門








Cp22 内部告発の歴史


発足記念講演会
1987年3月8日 牛込公会堂
聴講 400名 天気は大雪

善川三朗「幸福の科学発足にことよせて」

大川隆法「幸福の原理」


①創業期
原久子 祝退会

1986年 幸福の科学設立準備
 会員No.1
 自宅2階で事務所開設
 土屋書店を紹介
 大川が結婚したかったひと
 関谷氏と神託結婚

1989年 阿部事件
<dl><dd>阿部事件
初代アーナンダ阿部浩行が、大川キモ入りの神託結婚を拒否して退会した事件。初期幹部の間で退会する者が続出した。(関谷告発)</dd></dl>
・原も大川の実態を知りショックを受ける

・関谷氏と話し合い離婚

・大川から自宅に回転ベッドを入れるかどうかの相談をされる。清尼タイプの原は、大川に幻滅して退会(アルゴラブ告発)


関谷晧元 No.18 祝退会
『虚業教団』現代書林 1993
最高裁判決により事実認定

・幸福の科学の設立準備
・神理学習団体の理想
・隆法と恭子の出会い
・神託結婚の真相
・高橋信次霊言の真相
・大川の偽霊能力と奇蹟
・伝道拡大路線へ変質
・利益主義団体化
・阿部事件と初期幹部の祝退会
・フライデー事件の真相

②初期~90年代後半
アルゴラブ氏 祝退会

・大川の誕生日は6月下旬
<dl><dd>これは父の善川と、母の君子の会話によります。
善川は少しバツが悪そうな表情でしたが、君子さんは無邪気に語っていました。
当時の地元の会員は苦笑いで聞いていましたね。</dd></dl>
・フライデー事件指示書
 TEL・FAX営業妨害
 ビラ撒き脅迫等を大川が指示
 (大川直筆の証拠文書)

・善川三朗の奇行
 職員を呼び寄せ金魚の解剖

・善川と大川の冷たい関係
・善川からの贈物の鮎を捨てる
・善川を嫌う大川隆法


③初期~90年代後半
アイマイミー氏 祝退会
元幹部による実情告発

④90年代後半~2000年代前半
ファルコン氏祝退会
(元宗務 元宏洋家庭教師)

・きょう子と大川の不仲
・きょう子のアンチ化
・きょう子の藁人形
・宏洋は「キャバクラ親父」と
・宏洋アンチ化
・複数愛人の贅沢三昧
・大川精神薬デパス服用

⑤1988年~2010年
大川きょう子 祝退会
(元妻)

・愛人示唆
・大川の奇行
<dl><dd>夜中にぶつぶつ独り言
地震を予言し翌日新聞で震度1の地震を見つけ大はしゃぎ</dd></dl>


⑥初期~今年4月まで
斎藤敏之 祝退会
佐久平支部事件で誠意ある信者側に立って本部と交渉。大川の結界を紊したとして破門。支部にその旨を貼り紙で梟される

種村修 会員No.227 祝退会
かつての一番弟子・元舎利弗が語る大川の真相

種村氏ブログ真実を語る
種村氏ブログ(携帯用)
http://tanemura1956.blogspot.jp/


関谷晧元『虚業教団』
http://sakurakaory.blog.fc2.com/?cat=5

アルゴラブ氏
http://hsleaks.blog.shinobi.jp/Category/0/

アイマイミー氏
http://antikkhs.blog119.fc2.com/
(リンクアウト)

http://antikkhs.web.fc2.com/
(リンクアウト)


ファルコン氏
http://antihsno1.blog28.fc2.com/


きょう子氏
http://mimizun.com/log/2ch/psy/1299941942/5-13


*幸福の科学㌢写真館*
http://a24.chip.jp/herzerde/



Cp24 幸福の科学 訴訟一覧

幸福の科学訴訟記録
*480×640/Wien Akademie, Robert

1991-1993年
講談社フライデー訴訟 13件 教団敗訴(事実と認定)

1994年 島田裕巳・講談社
 景山民夫・小川知子への名誉毀損
 東京地裁→東京高裁
 請求 5000万円/判決 60万円慰謝料 教団勝訴

1994年11月8日 関谷晧元(尚良 会員No18)『虚業教団』
 最高裁判決 教団敗訴(事実と認定)
・訴権濫用の禁止を警告
  ↓
【訴権の濫用】
平成14年11月8日 最高裁第二小法廷判決
「名誉棄損訴訟の乱発は批判的言論の威嚇に当たり、違法」「訴権の濫用」と断罪しました。

【公益法人の名誉毀損】最高裁判決 平成14年11月8日
「宗教法人及びその主宰者等は、法による手厚い制度的保護の下に、人の魂の救済を図るという至上かつ崇高な活動に従事しているのであり、このような特別な立場にある団体ないしその責任者は、常に社会一般からその全存在について厳しい批判の対象とされるのは自明のことというべきであろう」「名誉毀損については、理由がなく失当」と退ける。


1997年 山口廣弁護士訴訟 教団敗訴
・法曹界全てを敵に回す宗教法人「幸福の科学」側から「献金強要という虚偽の提訴で名誉を傷つけられた」と8億円の損害賠償を求められた山口広弁護士が、「不当な訴えだ」と逆に賠償を求めた訴訟の判決が29日、東京地裁であった。

土屋文昭裁判長は「言論を威嚇する目的で起こした高額訴訟は違法」と述べ、教団に対し100万円の慰謝料を支払うよう命じた。

山口弁護士は「攻撃的な訴訟をはっきり違法と認めた判決は異例」と評価した。判決によると、山口弁護士は元信者の代理人として96年12月、献金を強要されたと主張して教団側を提訴し、記者会見を行った。

教団は「会見で虚偽の事実を広められ名誉を傷つけられた」として、教団が7億円、教団幹部2人が1億円の計8億円を山口弁護士に求めて提訴していた。

判決は「認容される見込みがない異常な請求額で、不当に高額。批判的言論を威嚇するための提訴で、裁判制度の目的に照らし著しく相当性を欠く」と指摘した。

一方、土屋裁判長は教団側の請求に対しては「元信者が献金を強いられたと信じたのには相当な理由があり、会見による名誉棄損は成立しない」と退けた。献金強要を主張した元信者の請求は既に、東京高裁で敗訴が確定している

【高額な訴訟】
「よって、原告幸福の科学は、主に批判的言論を威嚇する目的をもって、七億円の請求額が到底認容されないことを認識した上で、あえて本訴を提起したものであって、このような訴え提起の目的及び態様は裁判制度の趣旨目的に照らして著しく相当性を欠き、違法なものといわざるをえない」
東京地方裁判所民事第15部 裁判官 土屋文昭、神坂 尚、今井 理


2002年5月27日 東京高裁判決
【植福と脅迫の違法性】
一般に入信間もない信者に対し、多額の献金をさせて教団との関係を密にさせるとともに、教義を盲信する当該信者に対し、教団との関係断絶や教義上の不利益が罹ることをほのめかせて 更にその後の献金を求めたりする方法が違法性の高い〔献金慫慂手段〕(しょうようしゅだん)であることは疑いを容れず


2010年 大川きょう子離婚訴訟→示談成立?
・教団側の証拠に『文殊イタコ霊言』のビデオを提出し法曹関係者を唖然とさせる
・教団弁護士 弁護依頼を拒否

2012年4月5日 種村 布施返還請求訴訟
→2015年7月21日月 最高裁判決 教団敗訴
納骨壇及び永代供養に関して幸福の科学の元信者らの返金請求を一部 認めた。

2012年 4月
 ウガンダのバス代 未払請求?
 英BBC新潮へ名誉毀損提訴?

2012年『週刊新潮』、藤倉善郎(やや日刊カルト新聞)の幸福の科学学園記事について教団が民事訴訟
→2016年 新潮社と藤倉の完全勝訴が確定 教団敗訴

・種村裁判
2012年7月27日 教団、週刊文春を告訴
     同時 山田美星、種村に名誉毀損告訴

2012年9月11日 種村、大川『舎利弗』を告訴

2013年8月29日 東京地裁 週刊文春 勝訴
     同時 山田美星 種村より200万賠償 控訴

2014年3月19日 東京高裁 週刊文春 敗訴 上告
株式会社「文藝春秋」側に400万円の損害賠償と謝罪広告を命じる

2014年3月19日 山田美星 種村賠償を棄却確定 教団敗訴

2015年1月23日 最高裁判決 週刊文春 敗訴 教団勝訴
株式会社「文藝春秋」側に400万円の損害賠償と謝罪広告を命じる判決が確定。(最高裁第二小法廷)

2014年7月 週刊新潮 文科省と幸福大学 教団敗訴


(編集中)

 






Copyright ©Heart Earth. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad