Heart Earth

 保存・転載・再配布 ご自由に♪


Project SEAL 1945 人工津波実験

Project_SEAL

*480×639/Project SEAL 1945

◆概要
ニュージーランドで行われた元極秘 人工津波実験プロジェクト

津波を人工的に起こすために、1944年から1945年の7ヶ月余りの間に3700回も爆発実験が行われた。爆発は核エネルギーを使用し、実験は成功したが、津波兵器として使用するには一発の核爆弾では十分ではなく、陸地から5マイルの距離で一列に並べた複数の核爆弾を爆発させるのが望ましいと結論付けた。

*Wikipedia Project SEAL (英文)
http://en.wikipedia.org/wiki/Project_Seal

Project Seal (also known as the Tsunami bomb) was a programme by the New Zealand military to develop a weapon that could create destructive tsunamis. This weapon was tested in Whangaparaoa off the coast of Auckland between 1944-1945.

(和訳)
プロジェクト・シール(別名 津波爆弾)はニュージーランド軍部が破壊的な津波を作る兵器を開発しようとした計画である。この兵器は1944年から1945年にかけてオークランド沖のワンガパラオアで実験された。

(British and US defence chiefs were eager to see it developed and it was considered as important as the atomic bomb. It was expected to cause massive damage to coastal cities; it could have even been used with a nuclear charge.)

(和訳)
米英軍はこの兵器を原子爆弾と同じくらい重要だと考え、沿岸都市に甚大なダメージを与えうるとして、核エネルギーによる使用さえも想定していた。


◆Project SEAL 表紙 要約
https://zingoroh.wordpress.com/2012/02/25/project-seal-を読もう/

*表紙
DEPARTMENT OF SCIENTIFIC AND INDUSTRIAL RESEARCH WELLINGTON, NEW ZEALAMD

The FINAL REPORT of PROJECT “SEAL”

by Professor T.D.J.LEECH
SCHOOL OF ENGINEERING AUCKLAND UNIVERCITY COLLEGE ARDMORE, NEW ZEALAND
18th December,1950

(和訳)
ニュージーランド 科学・産業研究省,ウェリントン

『プロジェクトシールの最終報告』

T.D.J.LEECH教授 オークランド技術大学
1950年12月18日

*要約
SUMMARY.
The project “SEAL” had its origin in a request of the Commander South Pacific Area (COMSOPAC) during April 1944, to the New Zealand Government for an investigation into the potentialities of offensive inundation by waves generated by means of explosives.

Project SEALは、1944年4月 南太平洋司令部の要請により発足する。多数の爆発を集約させることによる攻撃的浸水の有効性に関する研究はニュージーランド政府に報告された。

During the period from February to April 1944 exploratory trials in New Caledonia indicated that there were reasonable prospects of developing techniques for favourable sites.

1944年2月~4月、ニューカレドニアで行われた実験によって、爆弾の威力を高めるための最適な使用方法を発見した。

The request incorporated two phases – the development of techniques, and the application of these to a trial upon an operational scale.
Owing to changes in policy at a later date, the second part was cancelled.

The work was carried out by the 24th Army Troops Company, New Zealand Engenieers with the co-operation of the Royal New Zealand Air Force, The U.S. Navy and the Royal New Zealand Navy between the 6th June, 1944, and the 8th January 1945.
Some 3,700 experiments were carried out with charges ranging from 0.06 lb. to 600 lb. in weight.
T.N.T was used generally, although O.E., nitoro-starch and geliginite were used in some cases,

On the 25th July 1946, the second atom bomb trial took place at Bikini Atoll, under conditions permitting of direct comparisons with forecasts based upon the work of the “SEAL” Unit.
these forecast were verified within the limits of experimental error.

The investigations lead to the conclusion that offensive inundation is possible under favourable circumstances.
Given low lying forshores and a shelving bottom off-shore, wave amplitudes of the order of those for recorded tidal waves, which have been disastrouces, can be obtained.
While T.N.T or other explosives can be used, the engineering work especially involved introduces difficulties of considerable magnitude.
The use of atomic bomb as multiple charges may be more practicable.
The following matters of detail havebeen established:

(a) There is an improvement in the amount of energy transferred from the explosive to the water in the form of wave motion with increasing sizes of charges (paragraph 11.7).

(b) The use of explosives at the upper critical depth adjacent to the water surface offers the advantages of higher performance and convenience as compared with deeply submerged charges (paragraph 6.2).

(c) The use of multiple charge arrangements imparts directional properties to the wave pattern, and produces markedly increased wave amplitudes along the axis of symmetry of the charge positions (paragraph 12.81).

(d) Single charges are impracticable (paragraph 15.3).

(e) Compared with recorded tidal waves, the wave lengths of the waves generated by explosives are smaller for given amplitudes.

(f) The ratio of the depth of water to the wave length at the charges is important, because for depths less than one-half the wave length, the energy efficiency falls rapidly with decrease in depth (paragraph 7.1).

(g) Hydraulic model studies are imperative before an assessment of the effect of inundation can be made, and for the determination of the beat arrangement and position of charges (paragraph 15.6).

(h) For single charges, the empirical relationships have been confirmed by the observations made during 25th July 1946 (paragraph 15.4).

much work has yet to be done before all phases of the problem can be considered to be in a satisfactory position.

【PDF】Project SEAL 全文
http://www.wanttoknow.info/documents/project_seal.pdf


◆メモ
このプロジェクトは1999年になってようやく機密指定が解除されたそうだ。報告書はサンディエゴのScripps Institution Of Oceanography Libraryにあるというので、さっそくこの図書館のサイトに行って検索してみた。しかし残念ながらダウンロードはできず、図書館に実際に足を運ばないと利用できない状態にあることが分かった。

この計画は1947年にマスコミにリークされ、広く報道された。

*情報元
・プロジェクトシールを知る
http://pbs.seesaa.net/article/192147438.html


◆メモ
「米政府は第二次大戦の末期から地震・津波 兵器の開発を進めてきた。ニュージーランド の沖合いで実施された津波 爆弾『プロジェクト・シール 』の実施では30メートルを超える津波 の発生に成功した…。」

2005年に公開された「地震を使った対日心理戦争計画」なる米軍機密文書には、以下の記載があります。

「第二次大戦末期の1944年にカリフォルニア大学のバイヤリー教授を中心とする地震学者たちが総動員され「日本近海のどこの海底プレートに強力な爆弾を仕掛ければ、人工的に巨大な津波 を起こせるかシュミレーションを繰り返した」という。ここでいう「強力な爆発物」とは、開発まもない「原爆」のことである。」

そして、1944年12月にはM7.9の「東南海地震 」、45年1月にはM6.8の「三河地震」が発生し、それぞれ数千人の犠牲者を出したのです。

前者では、三菱重工業や中島飛行機といった米軍が標的とする軍需工場が壊滅的な打撃を受けました。

「観測史上最大規模の大地震」だと当時の米国新聞は報じています。15メートルの津波 を伴ったそうです。

1957年の「国際地球観測年」には、核兵器を使って人工地震 を起こし、地球の構造を探ろうとする提案がなされ、その実施の是非を巡った国際的な議論がなされています。朝日新聞などの新聞記事が残っています。

核兵器を使って人工地震 を起こす技術は、新聞に掲載されるほど「当たり前」に存在する技術なのです。

50年以上前に検証の済んでいた「陳腐な旧式の大量破壊兵器」だったのです。

さて、2011年3月11日、東北の沖合でとてつもなく巨大な地震が発生し宮城や福島、岩手などで甚大な被害が発生しました。

*情報元
・津波爆弾の実験がニュージーランド沖で行われた。プロジェクトシールがテレグラフに掲載
http://ameblo.jp/don1110/entry-11523043859.html


◆テレグラフ誌 (全文)
*Telegraph.co.uk
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/australiaandthepacific/newzealand/9774217/Tsunami-bomb-tested-off-New-Zealand-coast.html


'Tsunami bomb' tested off New Zealand coast

By Jonathan Pearlman, Sydney
2:50PM GMT 01 Jan 2013

The United States and New Zealand conducted secret tests of a "tsunami bomb" designed to destroy coastal cities by using underwater blasts to trigger massive tidal waves.

The tests were carried out in waters around New Caledonia and Auckland during the Second World War and showed that the weapon was feasible and a series of 10 large offshore blasts could potentially create a 33-foot tsunami capable of inundating a small city.

The top secret operation, code-named "Project Seal", tested the doomsday device as a possible rival to the nuclear bomb. About 3,700 bombs were exploded during the tests, first in New Caledonia and later at Whangaparaoa Peninsula, near Auckland.

The plans came to light during research by a New Zealand author and film-maker, Ray Waru, who examined military files buried in the national archives.

"Presumably if the atomic bomb had not worked as well as it did, we might have been tsunami-ing people," said Mr Waru.

"It was absolutely astonishing. First that anyone would come up with the idea of developing a weapon of mass destruction based on a tsunami ... and also that New Zealand seems to have successfully developed it to the degree that it might have worked."

The project was launched in June 1944 after a US naval officer, E A Gibson, noticed that blasting operations to clear coral reefs around Pacific islands sometimes produced a large wave, raising the possibility of creating a "tsunami bomb".

Mr Waru said the initial testing was positive but the project was eventually shelved in early 1945, though New Zealand authorities continued to produce reports on the experiments into the 1950s. Experts concluded that single explosions were not powerful enough and a successful tsunami bomb would require about 2 million kilograms of explosive arrayed in a line about five miles from shore.

(Google自動翻訳 改)
ニュージーランド海岸でテストされた「津波爆弾」

ジョナサン・パールマン/シドニー
2:50 PM GMT 2013年1月1日

米国とニュージーランドは、大規模な津波を引き起こすために水中爆発を使って沿岸都市を破壊するように設計された "津波爆弾"の秘密実験を行った。

この実験は第二次世界大戦中のニューカレドニアとオークランド周辺の水域で実施され、津波兵器が実現可能であり、一連の大規模な海上爆発により小都市を浸水させる33フィートの津波を作り出す可能性があることを示した。

極秘作戦 コードネーム「プロジェクトシール」は、原子爆弾に代わりうる兵器として、終末の日をも作り出す津波兵器の実験である。実験期間中、最初にニューカレドニアで、その後オークランド近郊のファンガパラオア半島で約3,700発の爆弾を使用した。

この計画の存在はニュージーランドの作家であり映画製作者のレイ・ワーウ氏(Ray Waru)によるに資料研究によって明らかになった。

「おそらく原子爆弾が うまくいかなかったら、津波であったかもしれない」

「津波による大量破壊兵器を開発するという考えを思いつく者がいること、そしてニュージーランドが それをうまく発展させて成功したように思えることは、まったく驚くべきことだった」とWaru氏は語った。

このプロジェクトの発想は、1944年6月に米国の海軍将校 EA Gibsonが太平洋諸島周辺のサンゴ礁を掃除するための爆破作業を行った。その際、大きな波が起こることを発見し、「津波爆弾」を生み出す可能性があることに気付いた。

Waru氏は、最初の実験は成功したが、プロジェクトは1945年初めに最終的に棚上げされた。しかしニュージーランドの当局は1950年代の実験についての報告書を作成し続けたと述べた。

専門家によると、一回の爆発では十分ではないとの結論を出し、津波爆弾の成功には、陸上から約5マイルに一列に並べた約200万キロの爆薬が必要となるだろうと述べた。


◆関連リンク
【PDF】Project SEAL 英原文
http://www.wanttoknow.info/documents/project_seal.pdf

*Wikipedia Project SEAL (英文)
http://en.wikipedia.org/wiki/Project_Seal

*自分用まとめさんブログ
http://jmatome.blog39.fc2.com/

*掲示板 阿修羅
http://www.asyura2.com/13/jisin19/msg/220.html

 
スポンサーサイト


Project SEAL 1945 解説

■日本人は知ってはいけない
◆プロジェクト・シール 2011年09月04日
http://cosmo-world.seesaa.net/article/224158365.html

「日本人の間に集団ヒステリーとパニックを起こすのに大きな歴史的役割を果たしてきた2つの顕著な要素がある。

それは、『火山の噴火』と『地震』。この2つが経済的にひどく追い詰められた時に起こると、その後に社会的混沌が続いた。

そこでアメリカは、日本人は地震と火山の噴火でパニックに陥り、自国アメリカのように社会秩序も乱れ、暴動が起き、統治不能な状態になると考えたらしい。

アメリカOSS「戦略事務局」(CIA「中央情報局」の前身)作成機密文書「日本本土への地震兵器による心理的軍事作戦」(「原本資料」全14ページ中10ページから抜粋)によると、

「THE FINAL REPORT OF PROJECT SEAL」と書かれた「テキスト資料」のタイトルの意味は、「封印計画の最終報告」というもの。

この全30ページほどの中にニュージーランド沖で実際に繰り返された人工地震に連動して起こされた巨大津波の写真と分析データが詳細に記載されている。

これらの津波写真は他でもない、日本本土に対する攻撃のためにシミュレーション実験され、データ収集された報告書ということになる。

これらの資料は1945年にCIAの前身である米戦略事務局OSSによって作成された機密計画書で、いずれの内容もアメリカが日本を人工地震兵器で襲うことに言及している。

「PHYCHOLOGICAL WARFARE EARTHQUAKE PLAN AGAINST JAPANESE HOMELAND」と書かれた「原本資料」のタイトルの意味は「日本本土への地震兵器による心理的軍事作戦」

米国は既に、66年以上前から地震兵器を研究、所有しており、この機密計画書は2005年4月に米国で公開された。

この報告書によれば、第二次大戦末期の1944年にカリフォルニア大学のバイヤリー教授を中心とする地震学者たちが総動員され、「日本近海のどこの海底プレートに強力な爆弾を仕掛ければ、人工的に巨大な津波を起こせるかシミュレーションを繰り返した」と書かれています。

ここでいう「強力な爆発物」とは、もちろん当時開発まもない「原爆」のこと。

この文書には「日本本土攻撃作戦」の副題が付けられ、「悪魔の攻撃」と呼ばれる章では、「日本人の目を覚まさせるには地獄に飲み込まれたと思わせる必要がある。そのためには、地震を恐れる日本人の特性を徹底的に突くべし。地震攻撃に勝るものはない」と定義し、

この一連の報告書には第二次大戦の終戦方法について「人工地震兵器で津波を起こして日本を降参させて終戦するか、原爆を落として終戦するか」と会議された記録もある。

当時の米軍における研究開発部門の責任者であったスタンレー・ロベル博士やマーシャル・チャドウエル博士の分析によれば、「日本の周辺にある海底のプレートをピンポイントで爆破すれば、巨大な津波を発生させることが可能となる。

目標とすべきプレートの周囲8Km内に爆弾を仕掛ければ、1年以内に狙った場所で地震を起こすことができ、津波も誘導できる」と結論付けている。

東南海地震、三河地震――第二次大戦末期、「地震・津波兵器」は、日本の軍需工場地帯を襲っていた

この機密計画書の最後には「地震・津波攻撃の目的は日本人をパニックに陥れることで、神国日本や軍部独裁に対する不信感を醸成することにある。日本人が国家を捨て、個人の生存を第一に考えるようにするためのショック療法ともいえる」と記され、

その会議以降、その年の内に地震兵器はそれが強大な兵器による人工的な日本への攻撃であることを知られずに、あたかも自然災害でもあるかのようなふりをして終戦直前ついに実用化された。

その実用が1944年12月7日です。志摩半島南南東沖約20Kmを震源として発生したM7・9の「東南海地震」。愛知、三重、静岡などで1223人の死者・行方不明者が出ています。

詳しくは情報元ブログ「放射能シンドローム」の動画ををご覧ください。
http://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/article/edit/input?id=222133554
(アカウントがないと見れません)

米国の新聞は、「観測史上最大規模の大地震」、「大阪から名古屋にわたる軍需工業地帯に大損害」と誇らしげに戦果を報じている。このときの津波は15mにも達し、志摩半島南岸などで村々を壊滅させたといいます。

当時、米国が攻撃目標としていた、三菱重工、安立電気、中島飛行機などの工場乱立地帯がピンポイント的に壊滅的打撃を受けました。

大地震が起こったのがちょうど軍需工業地帯だとは、いかにも出来すぎた話で おかしいと当時から度々うわさされていたようです。

まして後日、「地震の次は何をお見舞いしましょうか?」と毛筆で書かれたビラがB29からまかれたとなると、多くの人は「アメリカがやった」と思った事でしょう。

さらにこの地震に追い打ちをかけたのが、B29爆撃機編隊による名古屋空襲でした。これが、ビラによる「地震の次のもの」だったのでしょう。

終戦の年、1945年(昭利20年)の1月13日にも愛知県で直下型の「三河地震」が発生しました。M6・8、死者2306人に達する大地震でしたが両方とも当時の日本政府が全てを隠蔽し、被災地以外に知られる事はありませんでした。

1945年、すでに日本が攻撃を受けた地中からの爆破である人工地震で弱体化し、勝算なきを悟って敗戦を意思表明していたにもかかわらず、それをあえて無視してB29による広島・長崎への原爆役下が強行された。

ことの真相は、完成した原爆の威力が いかほど強力であるのか、データ収集になる形で空中使用するという、格好の人体実験として あらかじめ決めていたからだ。

不可視な地中からの爆破と可視な上空からの爆破とを織り交ぜて、大きな成果を上げ、特に地中からの爆破である人工地震においては正体を隠したまま後々までも原爆のように人道的観点から国際的非難を浴びることもなく、爆撃機による爆撃以上に多大な損害を標的に与えることに成功したわけだ。

彼等の軍事機密会議では「人工地震兵器で津波を起こして日本を降参させて終戦するか、原爆を落として終戦するか」と決めかねていたが、結局、両方が使用された。

そして原爆に対する国際的非難をうわの空を装ってやり過ごした戦後半世紀に彼らが学んだことは、上空爆破よりも地中爆破、すなわち人工地震のほうが効果絶大で国際的非難を一切受けることはなく使いやすい。敵国を思いのまま攻撃あるいは脅迫さえできる手段であるということだ。


*情報元 日本人は知ってはいけない。
・プロジェクト・シール 2011年09月04日
http://cosmo-world.seesaa.net/article/224158365.html


*480×360/新聞に載っていた「人工地震の話」
新聞名と日付は不明。画像は上記サイトより
人工地震


 


Cp109 ロックフェラー関連記事コピー




<meta name="keywords" content="ロックフェラー,石油王,幸福の科学,霊言,信者,イルミナティ,富豪">
John D Rockefeller

 石油王として有名だが 同時に「無慈悲な悪謀事業家」としても有名である

 初代ジョン・ロックフェラーのしてきたことを見れば 一般的な評価「慈善家の大富豪」という認識は完全な誤りであることに気付かれることだろう

 18世紀末 イルミナティ本家ロスチャイルド系のチェイス銀行(現モルガンスタンレーチェイス)がロックフェラーに出資してスタンダードオイルの創設と独占化を助けている
 当時ガソリンは灯油抽出後に出る産業廃棄物であった
 燃やすと多量の有害排煙(一酸化炭素と窒素酸化物)が出るので捨てられていたのだが これを自動車の燃料に使うことを考えたのがロックフェラーである

 当時の自動車はアルコール燃料が主流で排気は水と酸素とCO2しか出ない
 アメリカ国内の石油採掘業者を悪謀の限りを尽くしてほぼ独占していた彼は アルコール車からガソリン車に移行させるために「禁酒法」を議会に可決させる

禁酒法は飲酒のみではなくアルコールの製造そのものを禁止した
当時 農家では自家製のアルコールを製造しトラクターなどの燃料に使用していたが この法律で徹底して全米のアルコール製造機を破壊してまわった

 今なお ガソリン車が主流であるが 不純物の少ないアルコール車のほうが燃費やエネルギー効率はよく 排気もクリーンで しかも簡単な装置を付けるだけでアルコール車として使用できる
 私たちはロックフェラーが仕組んだメディアや国際世論に騙され続けてきたわけである

 彼の死の直前、慈前団体を偽装するロックフェラー財団に資産の大半を寄付したことになっているが それはほんの一部にすぎない
しかもこの財団はロックフェラー帝国設立基金であると言っていいだろう

 その証拠に遺志を継いだ現当主D.ロックフェラーによって金融支配は一段と寡占化を強め 金融恐慌という自分たちだけ儲けるための仕組みと 戦争で儲けるために対立する敵味方の国家を作り 戦争を起こさせ 両国に武器と石油を売って 莫大な富を築き その財力によりメディアや大学 あらゆる企業を支配し アメリカの大統領でさえ 彼らの番頭にすぎない絶対的権力を手にする

 これを後世の歴史家はロックフェラー帝国と呼ぶであろう そして同時代の人々は なぜ気付かなかったのだ という疑問符を付けることになる


関連リンク
ロックフェラーの陰謀http://cosmo-world.seesaa.net/pages/user/m/article?article_id=189478778


No.14*1$札にホルスの眼
http://sakurakaory.blog.fc2.com/blog-entry-14.html


No.31*ロックフェラーの正体
http://saurakaory.blog.fc2.com/blog-entry-31.html


No.32*イルミナティ現代史
http://sakurakaory.blog.fc2.com/blog-entry-32.html



<meta name="keywords" content="ロックフェラー,幸福の科学,霊言,信者,イルミナティ,世界統一,富豪">【閲覧注意】グロいです



↑遅い…

これは現在のロックフェラーの当主デビッド・ロックフェラーです

世界の闇帝王として知られている人物
自分たちの利益のために何万人もの命を犠牲にしてきた男です


D.Rockefeller
『ロックフェラー回顧録』
「ロックフェラー家を攻撃する連中の説明によると 私と一族は国際寡占主義者であり 世界統一政府の支配を企んでいるという もしそれが罪であるならば 私は有罪であろう そしてむしろ それを誇りに思う…」




Cp110 ニコラ・テスラ他


ニコラテスラ
偉大な天才発明家


http://s.webry.info/sp/nikusiminorensa.at.webry.info/201104/article_34.html

ニコラテスラ
20世紀前半に活躍した発明家エジソンとロックフェラー財団に隠蔽され研究成果を盗まれる
 ニコラテスラは地球の磁場が巨大な発電機になっており それを取り出すことにより ただ同然で豊富なエネルギーを得られる装置を開発し 今日のエネルギー問題を解決する技術をすでに発明していた
 そしてこの技術は反重力浮揚技術の原理とも言われている
電気モーターのコイルは ニコラテスラの発明のなごりです
 彼の発明成果を盗用したのがアラスカ州(アメリカ)にある HAARPハープです
 HAARPは地球上空の電離層に低周波マイクロ波を大量に送り その反射により人工地震や異常気象などを引き起こす装置
 地震兵器は支那の四川地震において雲がオーロラ状に輝く地震雲が多数目撃され 東日本大震災前後に異常な電磁波の上昇が見られる観測データが出ている
 周波数を変えることにより 幻覚や洗脳 感情のコントロールなどができると言われている洗脳兵器でもある
 アメリカはイラク戦争やアフガニスタンで実戦使用しマインドコントロールの実験を行っている
 日本においてはオウム真理教が小規模のマイクロ波兵器を使用した例がある
 現在 京都大学が実験用のHAARPを所有している


シーレーン戦略は古い 石油シーレーン戦略というのは 19世紀~20世紀の戦略構想で もう古い戦略なのです
戦略に新しい古いはないと言っても 科学技術の分野の進歩が戦略構想に反映していきます
 今の技術では宇宙や地上からどの場所でも攻撃可能です
 大川さんは宇宙人のリーディングができるのに国際戦略はヴィクトリア期の帝国主義時代ですか…

 外国からの輸入に頼らなくても 日本近海に何百年分ものエネルギーが眠っています
 その開発をジャマしているのがロックフェラーの支配するアメリカです
 1920代の科学者ニコラテスラの発明により 本当ならエネルギー問題は解決してるのですが 彼の研究を隠蔽し消してしまいました⇒上記参照

マスコミによるウソ洗脳の例
石油は枯渇する有限エネルギー⇒石油は枯渇しません 地球内部で豊富に生産されています

CO2により温暖化⇒温暖化は太陽活動の影響で 今後は寒冷期に向かうと予測されています⇒CO2詐欺は国際環境税と原発推進のためのデマです

原発を止めると電力不足になる⇒充分な発電施設があり電力不足にはなりません 2003浜岡事故のとき一時全面停止しましたが電力不足にはなりませんでした

原発に代わる発電に火力や石油が必要⇒日本近海のメタンハイドレードや尖閣の天然ガスにシフトすればいいだけです
⇒実はニコラテスラのフリーエネルギーを実用化すると ただ同然に豊富な電力が各家庭で得られます

原発の安全デマ⇒今までの原発事故は隠蔽されている
http://sakurakaory.blog.fc2.com/?mode=m&no=30

放射能汚染の安全デマ⇒福島3号機は核爆発を起こしており チェルノブイリの6倍の放射能が拡散しました 海外メディアでは頻繁にきのこ雲の出ている映像が流れました⇒http://www.youtube.com/watch?v=P4KXX24Dv1U

原発の管理体制は犯罪行為に近い⇒http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

これでも原発は安全というのなら事実を見ていないか詐欺でしょう

原発推進はアメリカの人工地震テロと放射能テロに加担しているのと同じだと私は思います⇒http://cosmo-world.seesaa.net/pages/user/m/article?article_id=194452018




Cp111 イルミナティ思想


<meta name="keywords" content="幸福の科学,信者,アンチ,イルミナティ,歴史,happy,貧富">


イルミナティの理想とする
New World Order
新世界秩序とは

One World
世界統一政府のことであり

それは 1%の富裕支配者と
99%の労働奴隷で
成り立っている社会である

イルミナティは
私たち99%の人々を
ゴイム(家畜)と呼んでいる

世界の寡占支配は
着々と計画を進行させ
すでに日本も
半ば占領されつつある

支那や朝鮮は
本当の敵ではない
民族対立を煽るのは
イルミナティの戦略である

この侵略を防ぐには
メディアや学校教育に
ウソを教えられてきた
私たち99%の人々が
彼らの意図と隠蔽された
本当の歴史を知り
彼らの陰謀を私たち皆で
衆知理解する必要がある

99%の人々が
手を結ぶことにより
世界の豊さと
本当の自由を
再び私たちの元に
呼び戻せることだろう



№32*イルミナティ現代史
http://sakurakaory.blog.fc2.com/blog-entry-32.html


J.ロックフェラーの正体

* Zion Herzerde *-john_d-_rockefeller_1885.jpgJohn D Rockefeller

 石油王として有名だが 同時に「無慈悲な悪謀事業家」としても有名である
初代ジョン・ロックフェラーのしてきたことを見れば 一般的な評価「慈善家の大富豪」という認識は完全な誤りであることに気付かれることだろう
 18世紀末 イルミナティ本家ロスチャイルド系のチェイス銀行(現モルガンスタンレーチェイス)がロックフェラーに出資してスタンダードオイルの創設と独占化を助けている
 当時ガソリンは灯油抽出後に出る産業廃棄物であった
 燃やすと多量の有害排煙(一酸化炭素と窒素酸化物)が出るので捨てられていたのだが これを自動車の燃料に使うことを考えたのがロックフェラーである
 当時の自動車はアルコール燃料が主流で排気は水と酸素とCO2しか出ない
 アメリカ国内の石油採掘業者を悪謀の限りを尽くしてほぼ独占していた彼は アルコール車からガソリン車に移行させるために「禁酒法」を議会に可決させる
禁酒法は飲酒のみではなくアルコールの製造そのものを禁止した
当時 農家では自家製のアルコールを製造しトラクターなどの燃料に使用していたが この法律で徹底して全米のアルコール製造機を破壊してまわった
 今なお ガソリン車が主流であるが 不純物の少ないアルコール車のほうが燃費やエネルギー効率はよく 排気もクリーンで しかも簡単な装置を付けるだけでアルコール車として使用できる
 私たちはロックフェラーが仕組んだメディアや国際世論に騙され続けてきたわけである
 この後 ロックフェラーは金融恐慌という自分たちだけ儲けるための仕組みと 戦争で儲けるために対立する敵味方の国家を作り 戦争を起こさせ 両国に武器と石油を売って 莫大な富を築き その財力によりメディアや大学 あらゆる企業を支配し アメリカの大統領でさえ 彼の番頭にすぎない絶対的権力を手にする
 これを後世の歴史家はロックフェラー帝国と呼ぶであろう そして同時代の人々は なぜ気付かなかったのだ という疑問符を付けることになる


そしてこれが現当主
№31*D.ロックフェラーの正体


イルミナティ現代史

Rothschild

 ロスチャイルド家


ロスチャイルドとロックフェラーの関わってきた歴史的事件を概観してみましょう

*1776 イルミナティ結成
*1776 アメリカ独立宣言
 No.14*1$札にホルスの眼
*1789 フランス人権宣言
*1789 英スエズ運河買収
 ⇒ロス英国担保に£200億
*禁酒法⇒アルコール車禁止
*WWI⇒バルフォア宣言
*1914 ソビエト連邦 建国
*世界大恐慌
 ⇒JPモルガン自作自演⇒FRB
*FRB連邦準備理事会


*1939 WWII
WWII




*1942 真珠湾
真珠湾



*アウシュビッツholocaustNo.20*ホロコーストの真相

*プロジェクト・シール⇒
ニュージーランド人工地震実験

*1945 三河地震
 ⇒B29「地震の次は何をお見舞いしましょうか」

*ポツダム宣言受託表明(⇒※未確認)

*1945 原爆人体実験
原爆



*支那共産党政権を樹立
 ⇒ロックフェラー傀儡政権
*米の核技術提供
 ⇒支那の核保有

*JFK事件JFK

*ロックフェラー訪ソ
 ⇒フルシチョフを解任



*2001.9.11自演偽装テロ911⇒愛国者法を制定「テロ対策」の名のもとに…

「テロ対策」と称して盗聴検閲・家宅捜査・プライベート監視・無条件逮捕・無期限拘留を合法化
 当初は4年間の時限立法だったが ブッシュJr再選で愛国者法群を恒常化
 ⇒アメリカ民主主義の終焉

*米メディア言論統制
 ⇒911報道で判明する FOXの言論完全支配

*2004米大統領選挙
電子投票(Vote Machine)による選挙は 国民の支持率に関係なく あらかじめプログラムされた候補者を当選させることができる⇒プリンストン大学の発表
 ブッシュJrの支持率で再選を果たすのはこの電子投票のおかげであると言われている(※支持率⇒未確認)

*HAARP
HAARP
人工地震兵器であり洗脳兵器としても使える

*2009 FEMA全権委任令の成立EO就任後にロックフェラーの力を初めて知らされたらしい

2009年1月 大統領令に署名
権力の前に屈したオバマ大統領の表情と 後ろから見下ろすロックフェラー監視団の表情が対照的です
(ぽちっと拡大できます)
大統領令 Executive Order
本来は法律の範囲内での行政命令 議会の承認なしで政令を制定できる


*大韓航空機 撃墜事件
⇒アンチ・イルミナティストのマクドナルド上院議員

*日米構造協議
*牛肉オレンジ交渉
*グリコ森永事件
*JAL123便撃墜事件
*年次改革要望書
*バブルの発生と崩壊
*郵政民営化
*尖閣問題⇒民族対立煽動
*リーマン世界金融危機

*東日本大震災
人工地震波形
上段がインドでの核実験
下段がパキスタンの自然地震

artificial_earthquake

東日本大震災の波形

震源はいずれも近距離で4回 ちょうど20分おきに発生している…

*放射能テロ
*原発安全デマ


*円高誘導
⇒いずれ暴落させるはず

*欧州通貨危機
⇒IMFの欧州買収
⇒独への人材集中化


ロックフェラーの陰謀
http://cosmo-world.seesaa.net/pages/user/m/article?article_id=189478778


続きはこちら >>



ロックフェラーの正体

No.31

世界の闇帝王と呼ばれる
当主デビッド・ロックフェラー
D_Rockefeller『ロックフェラー回顧録』
「ロックフェラー家を攻撃する連中の説明によると 私と一族は国際寡占主義者であり 世界統一政府を構築しようと企んでいるという もしそれが罪であるならば 私は有罪であり そしてむしろ それを誇りに思う…」

 世界支配のために 人の命など なんとも思ってない男です
今まで何万人のひとを犠牲にしてきたか

彼を筆頭とするイルミナティたちは地球資源を独占するために いまの地球人口の90%は余剰人口と考え 人類を5億人程度に減らし 残った者は少数の富裕層に労働奉仕するゴイム(家畜)として生かしておく そう考えてる連中です

illminati_world考えているだけでなく実際に あらゆる手段で実行していると言われています

 これから ひとつひとつ検証していくつもりですが 戦争 金融危機 新型ウイルスの開発と散布 エイズもSARSも狂牛病も鳥インフルエンザもO-157も…環境ホルモンによる不妊化 抗ガン剤毒薬 放射能汚染 人工地震 環境破壊 種子の一代化 民族対立 虐殺支援などなど

 これも未確認情報ながら デビッド・ロックフェラーは90歳を越えていますが アメリカのキャンプ・デービッドには クローンの研究所があり そこに自分のコピーを作り 身体の傷んだ部分をあわれなクローンのひとの身体から移植して生き長らえているという説もあります

 それだけでなく遺伝子操作による 人と豚を合成した生き物を作り 食用にしているとか
 ネットで〔pig human〕を検索すると その画像が出てきます 本当かどうかはわかりません
哀しい目をしている憐れで残酷な写真なので ここにはアップしませんが…

 ここ300年の歴史はロスチャイルドとロックフェラーによって操られ 翻弄されてきた歴史といいでしょう

ロックフェラーの陰謀http://cosmo-world.seesaa.net/pages/user/m/article?article_id=189478778


No.32イルミナティ現代史
 


続きはこちら >>



ニコラテスラ


* Zion Herzerde *-ファイル0210.jpg


《偉大な天才発明家》
*ニコラテスラ
20世紀前半に活躍した発明家エジソンとロックフェラー財団に隠蔽され研究成果を盗まれる
 ニコラテスラは地球の磁場が巨大な発電機になっており それを取り出すことにより ただ同然で豊富なエネルギーを得られる装置を開発し 今日のエネルギー問題を解決する技術をすでに発明していた
 そしてこの技術は反重力浮揚技術の原理とも言われている
電気モーターのコイルは ニコラテスラの発明のなごりです

 彼の発明成果を盗用したのがアラスカ州(アメリカ)にある HAARPハープです
 HAARPは地球上空の電離層に低周波マイクロ波を大量に送り その反射により人工地震や異常気象などを引き起こす装置
http://s.webry.info/sp/nikusiminorensa.at.webry.info/201104/article_34.html .

 アメリカはイラク戦争やアフガニスタンで実戦使用しマインドコントロールの実験を行っている
 地震兵器としては支那の四川地震において雲がオーロラ状に輝く地震雲が多数目撃され 東日本大震災前後に異常な電磁波の上昇が見られる観測データが出ている
 周波数を変えることにより 幻覚や洗脳 感情のコントロールなどができると言われている洗脳兵器でもある
 日本においてはオウム真理教が小規模のマイクロ波兵器を使用した例がある
 現在 京都大学が実験用のHAARPを所有している

* Zion Herzerde *-ファイル0321.jpg



ホロコーストの真相


 英語の にがてな私が
英語でレスしてきました
中学生のような英語で力説してきた♪
文法とスペルも あやしいが それを見て だれかが レスしてくれてるから
意味は通じたのだろう

自分訳も付けておきます

>>8 Thanks that movie.
Somewhy the voice is silent,almost i see.

You said“Rothschilds and other Jewish oligarchs were born out of Jewish will.”
so. so i want to say.

Jewish persons in Europe 1920s,almostly wanted to live peacefully there as German,and the coutry people.
Then Rothschilds began to buy estates of Parestina region,wanted to establish the Jewish land.
But No one or less Jewish in Euro moved to live that desert.

Rothschilds needed Zionism and Anti-Jewish,and for the needs they supported to make Nazis and supported money for Hitler(he was Jewish,Roths-child,to be said.)

Rothschilds did the Holocaust to Jewish in Euro who didn't agree Zionism.Are Zionists real Jewish? Zionists did as same Nazi there.
I know there are Israel Jewish who want peace and coexistence them too.

I want to say that Racism is Illuminati's trap,so should stop to hate others.
To be Heart Earth.
(excuse long res & spelmiss)


《訳》+大幅加筆
8番さん 動画ありがと
なぜか音は鳴らなかったけど
だいたいわかったよ

「ロスチャイルドと ユダヤの寡占主義者は ユダヤ人の意志とは 別の思惑で生まれたんだ」
そう言っておりましたが そうそう 私が言いたいのも そういうことです

1920年代の ヨーロッパに住むユダヤ人の多くは その国の民として ドイツならドイツ人として 平和に暮らすことを望んでいた

その頃 ロスチャイルドたちは パレスチナ地域の土地を買いあさり 広大な土地を所有していた ユダヤ人の国を作るために…

でも当時のヨーロッパに住むユダヤ人は 興味なかったんだな 住み慣れた平和な土地から あの砂漠の地へ移住したいってひとは あんまり居なかった(その頃も 多少のユダヤ人差別はあったけれど それでもユダヤ人の国に行こうとは思わなかったのだ)

ロスチャイルドにしてみれば ユダヤ国を開店してみたけど お客さん来ないなぁ ってんで
シオニズムと反ユダヤ主義が必要だったんだ

*イスラエル建国は1948年であるが ロスチャイルド家は第一次世界大戦中 劣勢になったイギリスに アメリカ参戦を持ちかけ 英領パレスチナの地にユダヤ人国家を建国することを了承させる(バルフォア宣言)
これを根拠にシオニズム運動を興し パレスチナの地への移住を促す

*イギリスの三枚舌外交
第一次大戦中 イギリスは パレスチナの地について 他勢力と上記の内容と矛盾する別の約束をしており 今日の中東問題の原因のひとつとなっている
・1915年10月
 フサイン=マクマホン協定
  中東のアラブ独立
・1916年5月
 サイクス・ピコ協定
  英仏による中東分割
・1917年11月
 バルフォア宣言
  ユダヤ民族居住地建設
⇒[wiki]
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%9E%9A%E8%88%8C%E5%A4%96%E4%BA%A4?seg=1

*シオニズム:
ユダヤは神に選ばれた民として ユダヤ人の国家を持つことが約束されており 他民族を排して ユダヤ人のみの国家を作ろうという思想

*反ユダヤ主義:
ヨーロッパは我々の土地でユダヤ人に居てほしくないという民族的な反感と
ユダヤ教はキリストを十字架にかけ ユダヤ教のみが神の愛し子であるので他教は認めないという選民思想に対する宗教的な反感と
ユダヤ人の金融資本が 徐々にヨーロッパ経済の中枢を独占し始めて 富がユダヤ資本に集中していくことに対する経済的な反感から ユダヤ人を国外に追放しようという考え方

 ロスチャイルドは ユダヤ人の国家を作りたいけれど 誰も来ないので 移住を促進するために シオニズム運動を展開すると共に 反ユダヤ主義を煽り ナチスの台頭を支援し ヒトラーに多額の資金援助を行っている(⇒要出典)

*ヒトラーの出生
 ヒトラーの家系譜を見ると父アロイスの母親がオーストリアのロスチャイルド家の家政婦をしているときに妊娠しアロイスを出産している(⇒要出典 後ほど資料を追加します)
 ヒトラーは1/4クォーターのユダヤ人である可能性がある
 イルミナティ達は血族信仰で特にロスチャイルド家は男子相続を重んじるために 家系内の男子出生は記録として しっかり保存している
 傍系とはいえ血族であるならば ヒトラーをロスチャイルド家が支援したのであろう

 ロスチャイルドはヒトラーとナチスを支援し ナチスの手で ホロコーストを行ったと思われる

 ホロコーストで犠牲になったユダヤ人の多くは その国に同化して その国の民として生きていこうとしていたひとたちで 彼らはユダヤ人への反感を招きかねないシオニズム運動には反対であった
 アウシュビッツに代表されるナチスの民族絶滅計画は「ドイツ軍の前線が補給不足で敗色深まる時期であっても ユダヤ人の収容所移送のための鉄道運行が最優先された」とアウシュビッツの所長アドルフ・アイヒマンが後にイスラエルの法廷で証言している
 シオニズムに反対のユダヤ人をナチスの手で葬り イスラエルへの移住を促し 今もなお ドイツにおいて ホロコーストに関して公的な立場で否定することは法律により罰せられ許されていない
(日本においても南京事件信仰や慰安婦捏造問題として 言論の自由を抑圧する仕組みとよく似ている)
 ドイツ人たちの無実と正しさの証明は日本人によってなされるだろう

 ホロコーストを計画し実行したのはイルミナティたち ユダヤ人を偽称する金融資本家たちである
果たして このシオニストたちは本当のユダヤ人だろうか?
彼らがパレスチナの地でしている残虐な民族絶滅行為は ナチスのやっていることと同じではないか
シオニズムは ユダヤ人の思想というより イルミナティ思想そのものではないか

イスラエルの人々の中にも 平和を望み パレスチナのひとたちと共存していくことを願うひとたちがいることを 私は知っている

私が このレスで言いたかったのは 民族主義や民族紛争というのはイルミナティの罠であるから 他民族をきらったり責めたりするのは やめるべきだ
 日本においても シーシェパードや反日反韓などは みんなイルミナティの煽動であることに気付かなければならないと思う
 お互い争うように にくしみあうようにしながら 政府の中枢はイルミナティに占領されていくのである
 実際に現在の民主党政権は在日朝鮮人の政府であるが 本当の黒幕は朝鮮人ではなくイルミナティたちであることに気付いていないと 彼らの思う壺に はまってはしまうことになるだろう

 民族どうしで いがみあうのは やめよう
ほんとうに一致団結して闘わなければならない相手はイルミナティたちなのだから
 手に持っている主張や武器を手放して 手を握ろう
ハートあふれる地球にするために…


≫4ch BBS World News/Politics

(携帯用)
http://srea.jp/sch/p.php?_w=480&_l=0&_k=0&_u=http%3a%2f%2fdis.4chan.org%2fnewpol%2f

(PC用)
http://dis.4chan.org/newpol/


◆別件メモ 2ちゃん
■アメリカ人 インディアン大虐殺 1億人のホロコースト
■アメリカ人 日本への各都市への大空襲で100万人虐殺 富山では99パーセントが空襲により焼失
■アメリカ人 東京大空襲を行う。2時間で12万人の民間人の虐殺世界新記録
■アメリカ人 沖縄から長崎に疎開する子供達を乗せた船「対馬丸」を攻撃 1500人の児童が亡くなる
■アメリカ人 原爆を二発も落として30万人を一瞬で大虐殺。日本人を使った原爆の人体実験
■アメリカ人 アメリカ人移住者がハワイ原住民を大虐殺。王政を転覆 ハワイ王国乗っ取り
■イギリス人 インド人に紅茶と綿花を作らせ食べ物を作らせず飢えにより大虐殺
19世紀の飢餓だけで2000万人が死亡。虐殺された数は不明
■アメリカ人 フィリピンで100万人大虐殺
■オランダ人 インドネシア人を強制栽培に従事させ飢えさせるなど大虐殺。日本人捕虜に対する虐殺も最も悪質
■フランス人 ベトナム人500万人大虐殺
■イギリス人 オーストラリアに住むアボリジニ大虐殺(オーストラリアはイギリスの犯罪人の流刑地)
■イギリス人 タスマニア島(オーストラリアの近く)の住民を虐殺。タスマニア島住人は虐殺により絶滅
■アイルランド人、フランス人 イースター島の住民を奴隷として連れ出し
 彼らが持ち込んだ天然痘が猛威を振るった結果、1872年当時の島民数はわずか111人の絶滅寸前に
■アメリカ人 イラク130万人大虐殺
■イギリス人 中国人にアヘンを売りつけアヘン中毒にさせる。アヘンを売った金で中国人を買いアメリカで人身売買
■カナダ人(イギリス人、フランス人)先住民虐殺(現在進行中)
■ベルギー人 コンゴで大虐殺 1000万人虐殺
■イギリス人 ニュージーランドのマオリ族を虐殺 →白人国家に
■イギリス人 フランス人、アメリカ人、スペイン人、ポルトガル人、オランダ人=
 アフリカから黒人を奴隷として大量に買い付け酷使、使い捨てにして大虐殺 5000万人
アフリカからアメリカへは推定1500万人の黒人が奴隷として運ばれたにもかかわらず、
18世紀の末、アメリカに現存する黒人奴隷は300万人しかいなかったといわれる
■スペイン人 ポルトガル人  アメリカ大陸での大虐殺。
(数千万人単位でインディオが虐殺され、ペルーでは1000万いた人口が100万人に)
■アメリカ人 ベトナム戦争でアメリカ軍が大量に枯葉剤、ナパーム弾を使用し虐殺
■十字軍によるイスラム虐殺


アメリカ市民と警察官

 前回 FEMAについて取り上げまして 大統領令について まとめようと思ったのですが 5/20・21にNATOの会合がシカゴで開催するとのことで オバマ大統領は 更なる大統領令を発布し 緊急時に備えて戦略物資を確保しておく通達を発表しました

 アメリカにどんな動きがあるのか注目が集まっています
 大統領令については いろいろ調べてから まとめますので
今日はアメリカ市民たちの声と警察官の姿をアルバムにしてみます

*Occupy Wall Street 2011
wallst2

 2011年9月末 アメリカのニューヨークで大規模なデモが行われた
 どのように参加を呼びかけ参集したのかは不明だが Occupy Wall Street(ウォール街を占拠しよう)を合い言葉に ニューヨーク市街を市民の声で埋めた

1%の富豪層が99%の貧困層を支配する現状をアメリカ市民はよく知っており マネーゲームに興じる資本家たちの失態を公的資金で穴埋めし 金融破綻の経営責任者たちが 役員給与を信じられないぐらいの高給で手にしている一方 金融破綻後の不況が続き 失業などで家を失うひとも増えている
 税金を支払う市民たちは
「We are the 99%」と題して それぞれの市民の声をあげた
 金融資本家たちがアメリカの政府を支配して久しく 9・11テロに続き サブプライムローンに端を発するリーマンブラザーズ金融破綻は 前もって計画され 意図的に作りだされた茶番劇である
 お膝元のアメリカでの金融破綻は いよいよ準備が整い イルミナティ金融資本が世界統一政府 New World Orderに向けて動き出したのかもしれない
 詳しくは記事末に参考文献を挙げたので そちらに譲り アメリカ市民の声と それに対処する警察官たちの姿を見ていきます

◇画像はクリックで拡大します
◇写真はニューヨークのウォール街を中心とした 2011年9月末~2012年3月までの記録です

wallst1何日かは見守っていた警察官たちですが

やはりこうなる…
police1police2

police3police4

 9・11の混乱に乗じて ジョージ W.ブッシュ大統領により提案され 議会が可決した《愛国者法群》は アメリカ憲法で米国民に保証された基本的人権を解体し 今や「テロ防止のため」と称して盗聴検閲・表現規制は合法化し 体制側に不都合な市民たちを簡単に逮捕拘留することができるのである
 これは日本においても近い将来 起こりうる姿であり 民主党政権に移行してから 東日本・人工地震テロの混乱の中で 国籍緩和 外国人参政権 人権擁護法 児童ポルノ規制法(単純所持改正) 国家公務員法改正(在日外国人の登用枠) 日本版FEMA案など危険な法律群が準備され 一部はすでに可決されている

police5吹きかけているのは催涙用のペッパースプレーとのこと

*2011年10月22日
police6aこれは…

police6b別アングル

 白昼堂々と報道陣?の前で こういうことを見せるとは…

卍


*フォトアラカルト
衝撃的なシーンが続いたので
気を取り直して
ほっとする ひとこまを

rest警察官も休憩します

*2011年9月30日
wallst3ウォール街を占拠♪

*VIOLENCE WILL NOT
   SILENCE US
wallst4力で私たちを黙らせることはできない

*Pretty Police
wallst5とても楽しそうです

*ハイル!ロックフェラー
papaナチスの敬礼は ローマ敬礼と呼ばれ 古代ローマ時代のものです

 それを伊ムッソリーニがマネをして それを独ヒトラーがマネしました
 ちなみに「ファシズム」のファショとは 古代ローマ執政官の近衛兵が持つ権標ファスシス(fascis)のこと 短い木の斧のような権威を現す儀仗が由来です
 この画像は パパブッシュさんが ただ知人を見かけて声をかけたのでしょうか

《おまけ》
Diana

ダイアナ妃が
かわいらしかったので つい

(↑記事とは
 何の関係もありません)


□参考文献□
*菊川征司
『世界恐慌という仕組みを操るロックフェラー』
(徳間書店 5次元文庫)

*菊川征司
『9・11テロの超不都合な真実』
(徳間書店 5次元文庫)

*泉パウロ
『3・11人工地震説の根拠
衝撃検証』(ヒカルランド)


続きはこちら >>



FEMA画像資料集I

FEMA_title
 FEMA(Federal Emegency
    Management Agency)
 連邦緊急事態管理庁

 FEMAについて調べてみました 主に画像を貼っていきますね
気に入った画像がありましたら 好きなだけ持っていってください♪

調べる前は 米国民を監視して ひっ捕らえる組織かと思っておりました

写真で検証してみようと思ったのですが 表向きは 緊急災害用の救援組織なので 今までのアメリカでの災害救助の画像が とても多かったです
大規模な救援活動をするので 軍とは不可分の組織なので実態は よくわからなかったです

ただ私が気になっている点は
*大統領令
 緊急時の全権委任法がすでにオバマ大統領により制定されました 長くなりますが 後ほど記しておきます
*収容所がなぜあんなに必要か
 これは画像にて紹介します ちょっと異常な数です この先 起こるかどうかわからない災害のために こんなに作るものだろうか…
*移送用車両の準備
 これはナチスの強制移送を連想させますね これも画像で
*外国部隊の駐留
 自衛隊も派遣されて小規模ながら基地を持つようです なんのために?なぜ今なのか?
 911のときに召集された多国籍軍が 規模を縮小して まだ米国に居るとの情報あり(未確認)

◇画像かなりあるので
携帯で もしページオーバーしてしまう方は
こちらからどうぞ♪
◇画像クリックで拡大します

*FEMAトレーラーハウス
FEMA_trailar_1キャンピングカーのような仮設住宅です

2それが集まって保管してあります

3室内の見取図です

inner内装はけっこうきれい

s1それがこんなに たくさん

s2もっとある

こんなに たくさん作って 災害が来るのを あらかじめ知っているような準備の仕方です
それにしてもアメリカの物量は いまだにすごい

*車両や倉庫
1輸送機で移動できます

2救急車かな

1移動式のお店でしょうか けして移動式ゲーセンではありません

アメリカは第2次大戦中 移動式調理車と移動式のアイスクリーム車まで作ってアフリカ戦線に持ち込んだので こういう準備は すごいですね

1たくさんの備蓄倉庫 発電機のようなものも たくさんありました

1なんだこれ!
巨大なマンション電車か?

どうやら倉庫列車らしいです

*FEMAキャンプ
1災害時の暴動などに備えてでしょうか

1すでに人員配置を完了し24時間体制で管理してるとのこと

1キャンプという名の収容所を全米でこんなに作っちゃいました
財政赤字は金融の問題だけではなさそうです

この準備の仕方…
何かが始まりそうな

FEMA画像資料集IIに続く


続きはこちら >>



FEMA画像資料集II

資料集Iの続き⇒



*FEMAは謎の組織
Police警察官の腕章です

FEMAFEMAの腕章です Policeではないのに…

1子供たちの指紋を登録?災害救助部隊なのに?


*FEMA基地
base全米を区分して管轄します それぞれ何かの基地を配置

taskちゃんと救援補給もしてます


*FEMA DMAT
DMAT1これはすごい 移動病院です

DMAT2中はこんなかんじ

DMAT3癒やされます

DMAT4DMATは医療チームのようです


*Urban Search & Rescue
USR19・11の救助活動 粉々の瓦礫がビル爆破の威力を示しています⇒[CBS]

USR2FEMA隊員は前日にニューヨークに到着したと話しています⇒[CBS]

[CBS NEWS video]
http://www.youtube.com/watch?v=pPRQNCkdJxA

USR3US&Rは
地震などで都市部の埋もれてしまったひとの捜索と救助活動をする組織のようです


*Mt.Weather Fire & Rescue
 山奥に基地を作って消防車をたくさん集めていますが 消防には間に合わない場所のような…
 トンネル掘り機を使って山奥の中に地下を作っています 司令部シェルターでしょうか 地下で何かしてます


*FEMAアラカルト
civil市民団体のようです

*日本版 FEMAモデル
JapanFEMAは日本でも準備してるのでしょうか

*FEMA Office
office果たしてFEMAは人々のためになるでしょうか

 いかなる組織も 仕組みや理念のようなものより そこにいるひとたちのモラルや良心によって 全く別の組織になってしまう気がします
 
FEMAの現場では救援活動を熱心にされていて 暖かな気持ちになります
 でも最近のウォール街での市民デモと それに対処する警官たちの姿に不安を感じます
 これについては
アメリカ市民と警察官にて
紹介いたいします


続きはこちら >>



イルミナティの全謀

イルミナティが いま どんなことをしているか 目次のように ただ並べてみます 情報元や証拠などは 今後 ひとつずつ記事にして取り上げていきます

*東日本大震災 人工地震テロ 核兵器の使用による人工地震
*ソビエト連邦はイルミナティが作った
*共産主義はイルミナティの統一政府の実験
*HAARP マイクロ波による洗脳兵器+人工地震兵器
*日中の緊張を戦争にしようとしてるロックフェラーは 尖閣の海底油田を狙っている
*9・11自作自演テロ
*オサマ・ビン・ラディンはCIA
*CO2詐欺
*ヒトラーをロスチャイルドが支援

《組織》
*FRBはイルミナティの私有企業
*国連 IMF ほとんどの国の中央銀行はロックフェラーの下部組織

《医療》
*ガンの有効な治療法はすでに発見されているが隠蔽抹殺
*抗ガン剤で症状は悪化する
*米国製ワクチンはとても危険
*ウイルスを意図的に流布した後に戒厳令と全権委任大統領令を制定
*ワクチンに監視用マイクロチップ計画
*AIDS・SARSは有色人種を選択的に狙う生物兵器*不妊化 男性の女性化 女性の男性化 環境ホルモン散布

《エネルギー》
*石油は枯渇しない
*ガソリンよりアルコールエンジンのほうが効率的がよい
*禁酒法は燃料用アルコールの製造を禁止するための法律
*ニコラテスラによる研究を隠蔽 ただ同然で電気は豊富に手に入る 原発も本来必要なし

《その他》
*世界中の種子に特許を取ろうとしている
*次世代の種子が生まれない種子を開発 散布


などなど また追加していきます「全謀」と題しましたが その全貌は まだまだ知られていないです
こういうのを証拠も含めて調べ始めると あとから あとから ボロボロ出てきます また追加していきます

イルミナティ組織一覧


続きはこちら >>



1$札の謎 ホルスの眼

1ドル札には
妙な絵が描かれています
一見 ふつうのお札ですが 裏を見ると 眼のついたピラミッドと 鷲のような絵が

*1ドル札
1$札(表)◇画像はクリックで拡大します

1$札(裏)

*左側には
鷲のような鳥が いろいろ持っています
鷲は古代ローマの国章としても用いられましたが アメリカもローマを意識して よく鷲のマークを使います

鷲

E PLURIBUS UNUM
OF THE UNITED STATES

大多数の墓の上に
国々を統合した
ひとつのものを

ラテン語で さりげなく おそろしいことが書いてあります

鷲の持つオリーブと弓矢は13個
星を13個集めてダビデの六角星を作ってます
最初にアメリカが独立したのが13州ですからね

でもアメリカはキリスト教国でしたよね ダビデの星はユダヤの星です
それに13という数をわざわざ使うとは

*そして
このピラミッドも13段あります
ヒエラルキーの頂上には すべてを見通す眼 すべてを総覧し統御するという《ホルスの眼》ルシファの眼とも云われます

イルミナティ

ANNUIT COEPTIS
すでに謀られた計画の
開始を告知する

MDCCLXXVI
1776

NOVUS ORDO
SECLORUM
選ばれし者たちによる
背徳的な新しい秩序

NEW WORLD ORDER


ラテン語を訳してみると
堂々と宣言してますね
実際に 着々と計画を
↓進めております

1776 5/1 イルミナティ設立
1776 7/4 アメリカ独立
1789 フランス人権宣言
     :
1913 FRB連邦準備理事会を設立
(イルミナティ資本がFRB株のほとんどを所有しており アメリカの中央銀行FRBはイルミナティ資本の私有企業です)
     :
2001 9・11自演テロ
  ブッシュ大統領が
  「New World Order」発言
  テロとの戦いと称して
  様々な自由規制を開始

2012 現在 9・11で爆破した
 World Trade Center跡地に
《One World Center》を建設中


*フランス人権宣言
自由の象徴として有名な人権宣言ですが…

人権宣言

女「王様の鎖を やっと断ちきったわ これで自由の身ね」

天使「よくご覧なさい この下には もっと 大きな綱が… それに ここ!注意して見てね」

女「えっ?」 ??

*フリーメーソンの言葉
「われわれ(イルミナティ)は人民群集の中にあって《自由・平等・友愛》という言葉を叫んだ最初の人間であった
 以来 愚かなオウム返ししかできない鳥たちが 四方八方から この餌に幾度も群がり集まって 世界の福利と群集の圧力によって以前はよく保護されていた《個々人の真の自由》を この餌につられ自らの手で破砕し去ったのだ
 ゴイム(家畜)のうちの賢者になりたがる者どもや知識人たちは もとから中身のない これらの言葉《自由・平等・友愛》から 何も作りだすことができなかった…」
(シオンのプロトコルより)


*人権宣言が切手に?

フランスの切手?もし切手を使うとしたら フランス人の大事なシンボルである人権宣言を切り刻むことに…

これを見たフランスのひとも嘆いておりました(原文フランス語で私はよくわかりませんでしたがコメント欄に載せてあります⇒[70]

日の丸を切り刻んだ
どこかの党みたいなことが フランスでも起きているのですね

□関連画像□
*民主党本部
民主党本部永田町の民主党本部のお隣にはこんな看板が

*ホルスの眼
ホルスの眼パヒルス(古代の紙)に描かれた ホルスの眼

*ラテン語訳の資料
LEX◇ラテン語訳の語註⇒[79]

*おまけ
Heart 1$ハートな1ドル札です どうやって折るのだろう いちばんの謎だ


続きはこちら >>



  TopPage  



Copyright ©Heart Earth. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad